ASCO2014 レポート

胃・食道がんにおける 分子標的薬の臨床試験結果

取材・文●「がんサポート」編集部
(2014年8月)

50回目の開催を迎え、今年も世界各国から多くの臨床医が参加した

今年で開催50回の節目を迎えた米国臨床腫瘍学会2014年年次学術集会(ASCO2014)が、5月30日~6月3日の日程で、シカゴにおいて開催された。今号の特集にちなんで、消化器領域の中から胃・食道がんに関する臨床試験の話題を拾った。

胃がん 切除不能進行再発胃がんの3次治療で 経口分子標的薬による治療効果認める

切除不能進行再発胃がんでは2次治療に抵抗性となると、その後の化学療法の治療成績は不良であり、予後延長は証明されていない。そのため、より有効な新しい治療オプションの開発が課題となっている。

肺がんや乳がんなどではVEGF(血管内皮増殖因子)阻害薬の効果が認められているが、胃がんではその抗腫瘍効果が全生存期間(OS)や無増悪生存期間(PFS)の改善をもたらすというエビデンス(科学的根拠)はまだ十分に得られていない。

そうした中で、3次治療以降の中国人胃がん患者を対象としたプラセボ対照比較第Ⅱ相試験において、VEGFR-2選択性の経口チロシンキナーゼ阻害薬apatinib(アパチニブ)が、PFSおよびOSを延長させることが示されているが、今集会では同薬に関する第Ⅲ相試験結果が報告された。

本第Ⅲ相試験では、2次治療で効果の得られなかった中国人進行胃がん患者270人を対象として、apatinib 1日1回850mg投与群とプラセボ投与群に2:1の割合で無差別に割り付けた。

2群間での年齢、罹患歴、性差、ECOG(全身状態PS)スコア、転移部位数、病理学的分類、臨床的ステージ(病期)、治療歴などの患者特性は同様であった。主要評価項目はOS、副次評価項目はPFS。

試験結果は、OS中央値でapatinib群195日、プラセボ群140日と、apatinib群で有意な延長が認められた(p<0.016)。PFS中央値でも同78日、53日と、apatinib群で有意な延長が認められた(p<0.0001)。全奏効率(ORR)はそれぞれ2.84%、0.00%であった。

安全性については、apatinib群で認められた高血圧、手足症候群、タンパク尿などの副作用の大部分は、投与中断、あるいは減量によって管理可能であった。

これらの結果から、報告者の中国・南京八一腫瘍病院PLAがんセンターの秦叔逵(Shukui Qin)氏は「apatinibは進行胃がん患者において、生存に対するベネフィット(利益)を示した初めての低分子VEGFR標的薬であり、2次治療に失敗した進行胃がん患者に対する新たな治療選択となる」としている。

apatinib(アパチニブ)=VEGFR-2選択性経口チロシンキナーゼ阻害薬 ※未承認薬

食道がん 化学放射線療法に対するセツキシマブの上乗せ効果認めず――切除不能食道がん

食道がんに関しては、切除不能食道がん患者の治療において、シスプラチン+パクリタキセルと放射線を用いた化学放射線療法への分子標的薬セツキシマブの上乗せ効果は認められなかったとする、第Ⅲ相無作為化試験RTOG0436の報告が行われた。

米メモリアル・スローン-ケタリングがんセンター(ニューヨーク)のDavid H.Ilson氏らは、食道腺がんおよび扁平上皮がん患者328例をセツキシマブ上乗せ群(第1群)、非上乗せ群(第2群)に無作為に割り付け、比較検討した。主要評価項目は全生存期間(OS)で、追跡期間中央値は15.4カ月。

試験結果は、第1群での12および24カ月OSは64%、44%、第2群ではそれぞれ65%、42%で両群間に有意差は認められなかった(p=0.70)(図1)。

図1 評価可能であった患者328例における全生存率(OS)の比較

臨床的完全奏効率(cCR)は第1群56%、第2群59%(p=0.72)であり、また治療群ごとの組織学的な違いによる差は認められなかった。

このように、化学放射線療法へのセツキシマブの上乗せはOSを改善させなかったことから、Ilson氏は「本試験結果は、切除不能食道がん患者の治療において、現状のEGFR(上皮成長因子受容体)標的薬のベネフィットは認められないとする、従来の研究結果をさらに追認するものである」としている。

シスプラチン=商品名ブリプラチン/ランダ パクリタキセル=商品名タキソール セツキシマブ=商品名アービタックス