胆嚢にポリープ。がんの可能性もあるが、腹腔鏡手術は可能か

回答者:森実 千種
国立がん研究センター中央病院 内科医師
発行:2009年9月
更新:2013年11月

  

人間ドックで胆嚢に15ミリほどの腫瘍が見つかりました。胆嚢ポリープの可能性もあるが、胆嚢がんも疑われると言われました。胆嚢ポリープなら腹腔鏡を使った手術で摘出できるようですが、がんの場合でも腹腔鏡手術は可能でしょうか。腹腔鏡手術では胆嚢を傷つけ、胆汁が漏れることもあると医師から説明を受けました。

(熊本県 男性 62歳)

A 腹腔鏡手術ではがんが再発することも。開腹手術が望ましい

がんの疑いがある場合は腹腔鏡だと胆汁が漏れてしまい、がんが再発する可能性があります。そのため、原則的には開腹手術を行うことが望ましいとされています。

がんの疑いがある場合は、開腹手術を受けるのがよいでしょう。

同じカテゴリーの最新記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!