再発転移予防を目的とする患者さんから、
打つ手なしと言われた患者さんまでが訪れる

「あきらめないがん治療」
東京ミッドタウン先端医療研究所 クリニックレポート

取材・文●「がんサポート」編集部
(2016年1月)

  
田口淳一さん
東京ミッドタウン先端医療研究所所長

東京大学医学部卒業後、宮内庁侍従職
侍医や東海大学医学部付属八王子病院
循環器内科助教授などを経て、2007年
に東京ミッドタウンクリニック院長、
2010年に東京ミッドタウン先端医療
研究所所長に就任

六本木駅に直結し、一流ホテルや緑豊かな公園など多彩な魅力を有する街、東京ミッドタウン。そのミッドタウン・タワー6階に、再発転移予防や他院で打つ手なしと言われたがん患者さんと向き合っている医師たちがいる。その施設は、東京ミッドタウン先端医療研究所。今回は、東京ミッドタウン先端医療研究所の所長を務める田口淳一さんにお話を伺った。

東京ミッドタウン先端医療研究所
あきらめないがん治療外来
TEL:03-5413-7920

電話受付 月~金9:00~17:00/土9:00~12:00(祝日除く)
〒107-6206 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー6F
(東京ミッドタウンメディカルセンター内) URL:www.midtown-amc.jp

患者さん第一を掲げ、専門の異なる医師が集結

東京ミッドタウン先端医療研究所の入口

2007年3月にオープンした東京ミッドタウンクリニック(東京・六本木)は、米国最高峰の医療機関「ジョンズ ホプキンス メディスン」と国際提携し、「患者第一(patient first)」を重視している。

同クリニックの院長に就任した田口淳一さんは、オープン当時から患者安全や医療の質向上に取り組み、国際的な医療機能評価機関であるJCI(Joint Commission International)の認証(外来診療プログラム)を取得。がん治療においても標準治療や補助療法を組み合わせて患者1人ひとりに合ったオーダーメイド治療を提供したいと、2010年3月、同フロアに東京ミッドタウン先端医療研究所を設立した。

「当施設には専門が異なる経験豊富な医師たちが集まり、決して病院都合ではない、患者さんにとってベストな治療をあらゆる角度から追求し、提案しています」と田口さん。

事実、同施設にはがんに精通したそれぞれの専門領域を持つ医師たちが顔を揃えている。その中の1人、森山紀之さんは、国立がん研究センターがん予防・検診研究センター長を務め、長年の間がん患者やその家族と向き合ってきたがん専門医である。ヘリカルCTの開発にも携わり、早期がんの発見に貢献してきたことでも有名だ。

また(医)ミッドタウンクリニック理事長も務める草野敏臣さんは30年以上の手術経験を持つがんに精通した外科医であり、全国に幅広い医師のネットワークも持っている。同じく外科経験豊富ながんのスペシャリスト、島袋誠守さんを診療部長に迎え、診療科長にはかつて金沢先進医学センターで免疫部門長を務めた免疫のスペシャリスト、梅田尚季さんもいる。

同施設では主に、第4のがん治療として注目を集めている免疫療法「樹状細胞ワクチン療法」やNK細胞療法、活性化リンパ球療法、そして関連施設と連携してIMRTやSBRTといった高精度放射線治療にも対応。

同施設の樹状細胞ワクチン療法は、世界的に有名な抗原「WT1(ダブルティワン)特許技術」を使用し、慶應義塾大学との臨床研究を行うなど信頼性も高く、他の樹状細胞ワクチン療法に比べてより効果が期待されている。

免疫療法や放射線治療がベストでないケースでは、他の医療機関に医師指名で紹介するなどフォロー体制も万全だ。

IMRT=強度変調放射線治療(放射線に強弱をつけることで、がんに集中照射する治療法)
SBRT=体幹部定位放射線治療(3次元的に多方向から放射線をピンポイント照射する治療法)

様々な治療法や可能性を伝え、ベストな道を提示する

開設して5年以上が経った。今では様々ながん患者が相談に訪れ、同施設での樹状細胞ワクチン療法の実績も1,000例を超えた。標準治療を終え、他の病院で打つ手がないと言われて訪れる人、治癒切除できたステージ2、3の患者で再発転移予防を目的に来院する人もいる。

胃がんの再発で複数のがんが見つかり、化学療法がつらすぎて4年前に同施設を訪れた患者は、免疫療法をやって現在も普通に過ごしているという。もちろん全てのがん患者に効果が期待できる訳ではない。

「あきらめないというのは無理するということではありません。様々な治療法や可能性を知り、その中からその人それぞれの道を選んでいただくということです。がん治療は日進月歩。今この瞬間も、国内外でがん治療に関する様々な研究が行われています。我々医師がすべきことは、1人ひとりの患者さんに何がベストなのかを考え、その可能性を提示することだと思います」と田口さんは語った。


■東京ミッドタウン先端医療研究所の医師たち■
  • 20年以上の外科経験を持つ診療部長
    島袋誠守さん
  • 免疫治療に精通したがん診療科長
    梅田尚季さん
  • 元国立がん研究センターがん予防・検診研究センター長
    森山紀之さん
  • 米国でも研鑽を積んだ東京放射線クリニック院長
    柏原賢一さん
  • 外科アプローチでのがん治療にも実績
    山洞典正さん
  • 肝・胆・膵のがん治療で全国で活躍
    草野敏臣さん
東京ミッドタウン先端医療研究所
あきらめないがん治療外来
TEL:03-5413-7920

電話受付 月~金9:00~17:00/土9:00~12:00(祝日除く)
〒107-6206 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー6F
(東京ミッドタウンメディカルセンター内) URL:www.midtown-amc.jp

関連記事

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!