ログインしていません!

各種がん

成人T細胞白血病

大都市圏でも増加傾向のATL 有望な治療法の臨床試験が次々と

2013年12月

「低悪性度ATL新治療の臨床試験も開始されています」と話す塚崎邦弘さんウイルスによる感染が原因の血液がん、成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)は難治性の病気だ。しかし最近、有望な治療法についての第Ⅲ相試験が開始されるなど、新たな動きに期待が高まっている。関東など大都市圏で感染者急増成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)はヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV -1)というウイルスが原因のがんで、主に...

詳細はこちら

成人T細胞白血病・リンパ腫の治療はどう変わるか

2013年1月

血液がんの1つ成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)は、年間の発症数は少ないものの、治療が難しく、死亡率も高い病気です。それでも、病気のタイプや患者さんの年齢に合わせた治療法の開発により成績が向上し、有望な新薬も登場しています。ウイルス感染により発症HTLV-1というウイルスが原因で発症するのが成人T細胞白血病・リンパ腫(A TL。本稿では以下、ATLとする)です。国立がん研究センター東病院血液腫瘍...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!