1. ホーム > 
  2. がん相談 > 
  3. 乳がん > 
  4. 乳がん

がん相談

乳がん

ゾラデックスを併用することで再発率を低下することができるか

2022年12月

2022年7月、浸潤性乳管がんと診断。8月、右BD領域の乳がんの部分切除とセンチネルリンパ生検を受け、病理検査の結果は腫瘍径1.2㎝、リンパ節転移陰性、ホルモン受容体80%、PgR100%、HER2は+1で陰性、グレード3、Ki67が30%、断端陰性。グレードとKiの数値が気になるとのことで、抗がん薬治療をしてもいいかとのお話がありました。そこで、オンコタイプDX検査を受けて判断することになりまし...

詳細はこちら

エコーと腫瘍マーカー検査はどのくらいの頻度で行えばいいのか

2022年12月

今回の乳がん診断の経緯は、セルフチエックをしていたにも関わらずしこりに気づかず、定期的に受けていた乳がん検診のエコーで見つかりました。そのような経緯があり、万が一乳房内に再発したときに、できるだけ小さいサイズで見つけたいという思いから、主治医に受診毎(3カ月おき)のエコーを依頼しましたが、不要と断られました。温存術後のエコーや腫瘍マーカーの検査はどのくらいの頻度で行うのが安全なのでしょうか。 (4...

詳細はこちら

断端陽性だが再手術をしなくていいのか

2022年12月

2022年6月中旬に左乳房にしこりがあることを発見しました。超音波検査と針生検を受けたところ、乳がんと診断。左乳房の部分切除を受けました。病理検査の結果、乳房にある小葉の外までがんが広がった浸潤性小葉がんと診断されました。リンパ管や静脈へのがんの広がりはありませんでした。ところがこれとは別に、非浸潤性小葉がんと診断された部分があり、その部分に断端陽性があるとのことでした。主治医からは放射線とUFT...

詳細はこちら

ハラヴェンを提案されたが

2022年10月

2011年乳房温存手術後、2016年に再発、右乳房全摘出。以後、右胸壁に局所再発、摘出したが2020年、右乳がん皮膚転移でステージⅣと診断。摘出不可能でアバスチン+パクリタキセルを1年間投与したが、効果がなくなったのでベージニオ+フェソロデックスに切り替えたが副作用がひどく中止。現在はアフィニトール+エキセメスタンを服用しているが、病巣は拡大し赤くただれてきています。そこでご相談ですが、今後の治療...

詳細はこちら

ホルモン療法を継続したほうがいいか

2022年10月

2017年7月、左乳房部分切除を受けました。がんの大きさは1㎝で、1つのリンパ節に2㎜未満の転移が見つかり、ステージⅡaと診断されました。ホルモン受容体陽性、HER2陰性でホルモン療法の効果があるタイプと告げられました。術後放射線療法とともに、レトロゾールというホルモン療法を開始し、今年で5年になります。ホルモン療法は5年で終了するといわれていたのですが、前回の診察の際、さらに5年延長すると言われ...

詳細はこちら

ホルモン療法だけで再発は防げるか

2022年10月

2021年10月に右乳房に直径2㎝のがんが見つかり、12月に右乳房全摘手術を受けました。ホルモン受容体は陽性で腋窩リンパ節に7個の転移があり、悪性度3でした。高齢のため術後化学療法はやらないと言われ、放射線療法とホルモン療法を受ける予定になっていましたが、CT検査を受けたところ、「間質性肺炎の可能性があるので、放射線治療は取りやめる」と言われました。ホルモン療法だけで再発は防げるのでしょうか。担当...

詳細はこちら

ステージ3C、予後良好となりますか

2022年9月

2021年1月にパチンコ玉サイズのしこりを見つけました。父方、母方にもがんになった人がいなかったため、勝手に良性と思い込み放置。7月中旬、しこりがチクチク痛みだしたのでやっと病院に行く決心がつき受診。針生検の結果、がんと診断され大きい病院に紹介状を書いてもらい転院。PET-CTの結果、右乳房浸潤性小葉がんステージ3C(同側腋窩リンパ節転移、同鎖骨下リンパ節転移、同鎖骨上リンパ節転移、ER70%、P...

詳細はこちら

延命治療を行うと言われたが

2022年9月

10年前に左乳がんで乳房温存術を受け、術後化学療法と放射線治療を受け、その後、5年間ホルモン療法(リュープリン注射とタモキシフェン内服)を受けました。昨年秋ごろから咳が出るようになったのでCT検査を受けたところ、全身のリンパ節転移と肺転移が見つかり、胸水もあると言われました。主治医から「もう治らないので、今後は延命治療を行う」と告げられ、フェマーラ(一般名レトロゾール)とイブランス(一般名パルボシ...

詳細はこちら

ホルモン治療は再開したくないが再発も心配

2022年9月

2021年3月に健診で左乳房にがんが見つかり乳房温存術後、放射線治療を受けました。腫瘍の大きさは10㎜で、リンパ節転移はありませんでした。ホルモン受容体は陽性、HER2陰性、グレードは1、Ki-67は4%です。7月から再発を防ぐためホルモン療法(タモキシフェン内服)が始まりましたが、しばらくして不眠症状とうつ症状が出たため、ホルモン療法は一旦、休薬。その後、半分の量で再開しましたが、卵巣が腫れると...

詳細はこちら

ホルモン療法を続けたいが

2021年1月

2019年10月、左乳房にしこりがあり検査。乳がんステージⅡb、ルミナルA型と診断されました。脇の下のリンパ節に転移が1カ所確認されました。手術を提案されましたが、手術は避けたかったのでホルモン療法を行いました。2020年8月、主治医から術前化学療法に切り替えませんか、との提案がありました。ホルモン療法でしこりは少し小さくなっているので、ホルモン療法をこのまま続けたいのですが、術前化学療法に切り替...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!