1. ホーム > 
  2. がん相談 > 
  3. 乳がん > 
  4. 乳がん

がん相談

乳がん

抗がん薬治療はなるべくならしたくないのですが

2019年7月

2018年11月末に乳がんステージⅡと診断されて乳房温存手術を行いました。リンパ節転移が12個あり、リンパ節廓清(かくせい)をしました。ホルモン受容体、エストロゲン、プロゲステロン共に陽性。脈管侵襲が陽性、核異形度:2、HER2:陽性1+、Ki67:10.8%、今後の治療はルミナルAタイプ、ホルモン療法として*ノルバデックス(一般名タモキシフェン)10年、そして放射線ということです。ただ、脈管侵襲...

詳細はこちら

BCA225腫瘍マーカーが上昇してきて心配

2019年7月

2011年に乳がんステージⅠで乳房温存手術を行いました。悪性度2、ホルモン感受性は5%未満、HER2陰性で抗がん薬と*リュープリン(一般名リュープロレリン)を2年、*ノルバデックス(一般名タモキシフェン)を5年行いました。2012年放射線肺蔵炎でステロイド治療、最近は逆流性食道炎からバレット上皮に。そこでご相談です。2011年にBCA225腫瘍マーカーは135でしたが、2016年から基準値を越えて...

詳細はこちら

手術後に化学療法。術前化学療法のほうが治療成績は良いか?

2016年12月

姉(54歳)が2016年4月に乳がんと診断され、すぐに全摘手術をしました。5月から*EC療法で抗がん薬を4回投与、来週から*タキソール毎週を18回実施予定です。医師から十分な治療の考え方や選択肢の説明があったように思えませんが、すぐに全摘となっています。①EC療法後、タキソール投与という一般的治療の方針ですが、遺伝子検査で詳細解析することで、より適切な薬剤を見立てることが可能なのでしょうか?②術前...

詳細はこちら

ホルモン療法中だが、ダイエットサプリを併用しても良いか?

2016年12月

昨年(2015年)7月に、左胸乳がんが発覚し、全摘後、現在ホルモン療法中です。病期(ステージ)Ⅰ(I)、センチネルリンパ節転移なし、ホルモン感受性あり、HER2陰性です。術後はホルモン療法のみ行っているのですが、体重が治療前と比べて8kgも増加してしまいました。毎日ウォーキングをし、食事にも気をつけているのですが、補助的に糖質吸収などを抑えるダイエットサプリメントを併用したいと思っています。ホルモ...

詳細はこちら

早期の乳がん。ラジオ波焼灼療法とは?

2016年7月

乳がんが判明し、画像検査の結果では大きさは1cmほどで、リンパ節転移はないようです。インターネットで調べたところ、早期のがんであれば、施設によってラジオ波焼灼(しょうしゃく)療法が受けられるとありました。この方法だと手術が不要なので、乳房に傷をつけずにすみそうです。どのような治療法なのでしょうか。(60歳 女性 千葉県)A 長期的な予後は証明されていないので、勧められない板橋中央総合病院外科医師の...

詳細はこちら

術前化学療法でがんが縮小。放射線治療は必要?

2016年6月

乳がんと診断され、がんが大きかったのでまず化学療法を行いました。その結果、6cmあったしこりが2cm弱になり、右乳房の全摘出術を受けました。リンパ節転移はなかったのですが、術後の放射線治療は必要でしょうか。また、放射線治療では、皮膚が火傷をしたようになるのでしょうか。(40歳 女性 神奈川県)A 化学療法前の大きさで判断するのが一般的板橋中央総合病院外科医師の上野貴史さん乳房切除術を受けた患者さん...

詳細はこちら

手術を拒否。増感剤を併用した放射線照射とはどのような治療法か

2016年5月

妻(47歳)の右乳房に7cmほどのがんが見つかり、主治医からは手術を勧められましたが、本人は手術を拒否しています。他に治療法はないかと色々調べていたところ、増感剤を併用した放射線治療があることを知りました。これはどのような治療法になるのでしょうか。また、どの位の効果が見込まれるのでしょうか。(52歳 男性 兵庫県)A まずは標準治療を。もし増感剤併用の放射線治療を行うのなら、全身療法は必須苑田会放...

詳細はこちら

シリコン・インプラント挿入後に放射線照射をしたほうがよいか?

2016年5月

昨年(2015年)乳がんと診断され、抗がん薬治療ののちに、乳房全摘手術と同時に乳房再建のためにティッシュ・エキスパンダー(組織拡張器)を入れ、外来に通院して膨らませています。その後、シリコン・インプラントに入れ替える予定でしたが、腋の下のリンパ節に転移が4個も見つかり、主治医からすぐにでも放射線治療を行う必要があると言われました。ところが形成外科医からはエキスパンダーを入れた状態で照射すると、感染...

詳細はこちら

Ki-67の数値が高い。ホルモン療法でよいか

2015年11月

右乳房のがんを乳房温存術で切除しました。がんの大きさは1.5㎝、リンパ節転移なし、エストロゲン受容体(ER)80%、プロゲステロン受容体(PgR)80%で、Ki-67は40~50%でした。主治医から、ホルモン療法がよく効くタイプなので、術後の治療では抗がん薬の上乗せはせず、*リュープリンと*タモキシフェンの補助療法を行うと言われたのですが、Ki-67の値が高いことが気がかりです。ホルモン療法だけで...

詳細はこちら

断端陽性だった場合、再手術は必要か

2015年11月

今年(2015年)の8月に乳房温存術を受けました。がんの大きさは1.4㎝、リンパ節転移なし、ER100%、PgR100%、HER2陰性、断端陽性で乳管内進展で3カ所あり、すべて非浸潤がんで断端から5㎜以内の場所にあるとのこと。主治医は術後の補助療法として、再手術は行わず、ホルモン療法と放射線の追加照射を行うとのことです。再手術をしなくても、再発を防げるのでしょうか。(55歳 女性 千葉県)A 断端...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!