連載

ドイツがん患者REPORT

ドイツがん患者REPORT 91 ドイツレポートを振りかえって 後編 最終回

2022年5月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 5年間の抗がん薬治療の終了と復活への期待 2012年に、腹膜に再発した腫瘍を切除しました。このときは切除後にゼローダ(一般名カペシタビン)の服用、5年間を目安に始めました。2008年11月の発病からの3年半の間、術前化学放射線療法の副作用、ストーマを1年装着した後遺症で、腹痛や排便障害に悩まされてい...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 90 ドイツレポートを振りかえって 前編

2022年4月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 2014年12月号から始まった連載は、最初は単発のレポートからでした。2013年に応募した闘病記が入選したのがきっかけで、編集者にミュンヘン大学病院で行われるがんイベントについて話したところ、「取材してみませんか?」とお誘いを受け、喜んで引き受けた後、連載のお話をもらいました。がん闘病で仕事ができな...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 89 ドイツで日本のアニメを見て その2

2022年3月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 健康保険のメリットとデメリット:ここで、ドイツの健康保険のメリットとデメリットを整理してみると、メリット:受診したときには、自己負担なくスタンダードな医療が受けられる。薬代は自己負担だが、それも収入の1%という上限があり、低所得者でも安心して医療を受けることができる。日本のようなきめ細かい医療を受け...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 88 ドイツで日本のアニメを見て

2022年2月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 先日、日本のアニメをYouTubeで見た。僕は〝オタク〟がまだ一部の人の言葉であった世代だが、今も漫画やアニメを観るのが好きだ。外国にいてもYouTubeで日本のアニメが日本語で見られる時代になって、日本との距離がすごく短くなったように感じられる。アニメは2004~5年にかけての作品で、35年近く日...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 87 ドイツの医療用〝カナビス〟事情

2022年1月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 僕は2008年末に直腸がん肝転移がわかり、術前化学放射線治療、手術、術後化学療法のため人工肛門を1年付けた。その1年間はとてつもなく長く感じ、ほんの少し内臓が体外に出ているだけなのに人間ではなくなったという思いに捕われた。だから、人工肛門から解放されたときは本当にうれしかった。その後、2度再発したが...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 86 「続々・コロナがうちにやってきた」家内がブレークスルー感染して2

2021年12月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ それでもホリディに行く――家内は2週間の自宅隔離期間が終わって、1日もおかずにホリディに出かけました。日本人ならちょっと理解できない行動と思われるかもしれませんが、それが典型的なドイツ人だと僕は思っています。多くのドイツ人にとって、ホリディは生きがいと言っても良いと思います。ところが、クラスター認定...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 85 「続・コロナがうちにやってきた」家内がブレークスルー感染して

2021年11月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ PCR検査を受けに行く――8月30日(月)、家内のコロナ感染が判明してから我が家の生活は一変しました。娘がすぐ予約を取ってくれ、翌日午前9時に初めてPCR検査を受けに行きました。検査会場はいかにも即席なプレハブの簡易な作り。感染者数は一進一退という状況(新たな感染者数6,823人/8月30日)で、「...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 84 「コロナがうちにやってきた」

2021年10月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 「コロナがうちにやってきた」。一昨年前なら「なんなのそれ? 楽しそう」とまるでクリスマスソングの「サンタが街にやってくる」みたいなイメージだったかもしれませんが……。うちでクラスターが起こり、2週間の隔離期間が終わって、僕はそのとき失った生気をやっとこの1週間で取り戻せてきました。僕自身は感染しませ...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 83 乳房インプラントのスキャンダルが規制のきっかけ EUの新医療機器規制は本当に患者のため?

2021年9月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 5月末から、「EU新医療機器規制」が始まりました。医療機器は検査データを厳格に審査し、パスしなければ認可されません。しかし、需要の少ない医療機器は、「新規制によってコストが高くなりすぎて製造中止に追い込まれ、患者が不利益をこうむるのでは?」と、8月4日、国営放送局ARDの「プルス・ミヌス」という番組...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 82 「1回だけでもワクチン接種者を増やす」に転換

2021年8月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 2回目のコロナワクチン接種を、6月29日に受けました。1回目が5月27日だったので、5週間近く間があきました。前回と同様に少し腕が痛かったですが、もちろん生活に支障はありませんでした。 接種をスムーズにできる仕組みがあっても…… ファイザーのワクチンは、2回接種を受けないと効果は完全ではないそうです...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!