連載

ドイツがん患者REPORT

ドイツがん患者REPORT 73 自宅に侵入してきたコロナ

2020年11月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 日本でも旅行推進キャンペーンが行われているそうですが、欧州各国では旅行を含めたホリディが普段から生活の重要な部分を占めています。僕はこのコロナ禍なら休暇を家でのんびりゆっくり過ごしても良いのにと思うのですが、こちらでは日常生活から抜け出せる旅行ホリディなしなど考えられない人々が老若男女問わず多いよう...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 72 「Made in Germany」計画

2020年10月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ ドイツ国内でのマスク製造が必要と、政府は外出禁止令下の4月「マスク メイド イン ジャーマニー計画」を発表しました。医療用マスクに補助金を出して国内で生産し、8月中旬には流通させる計画で、新規事業参入者も含めて広く公募しました。戦時中ガスマスクをいち早く製造したのはドイツですし、フィルターといえばコ...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 71 コロナ初期対応の検証

2020年9月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 新型コロナウイルス感染症に関した話題が多い今、国営第2放送ZDFの番組「Plus minus」(7月1日放送)を紹介します。「介護施設での死・この業界で緊急に改善すべきこと」と題したもので、これもコロナに関するものです。外出禁止令が出され、パンデミックに恐怖を持つ人が増え、ドイツでも様々な問題が起こ...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 70 コロナで起こった僕の生活の変化

2020年8月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 子供のころ、両親から「戦時中は……」という言葉をよく聞かされました。そして、「お前たちは恵まれている」と、話が締めくくられるのが常でした。「戦時中と比較して、お前たちは恵まれているのだから、我慢しなさい」と、僕らに納得させるために、親は「戦時中」を使っていたのです。メルケル首相は、新型コロナウイルス...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 69 「僕と新型コロナウイルス感染症」その2

2020年7月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 新型コロナウイルス感染症のパンデミックがドイツを襲い、感染者が爆発的に増えました。まずイタリアで起こった波が、ドイツに押し寄せるのも時間の問題だと思っていた僕は驚きませんでしたが、何が起こったのかまったくわからないドイツ人たちも多かったと思います。     緊急時に強いドイツの医療体制 すぐに〝PC...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 68 「僕と新型コロナウイルス感染症」その1

2020年6月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 今年(2020年)の5月4日(月)、ドイツでは新型コロナウイルス感染症の外出禁止令がかなり緩和されました。その前の4月20日に商店営業の緩和などもあり、少しずつ以前に戻りつつあるようにも見えます。僕は直腸がん闘病以来、主な外出先といえば運動を兼ねて日課にしているスーパーの買い物と娘の犬の散歩。だから...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 67 パンデミックがEUの問題を明るみに

2020年5月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ Knstliche Intelligenz ――頭文字をとってKI、英語ではAI(Artificial Intelligence)のことです。日本語にすると人工知能。子供のころからSF小説が好きだった僕は、人工知能という言葉にすごく親しみを覚えます。「未来では、人工知能を持ったロボットが何でもしてく...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 66 セラピー犬としてデビューしたティト

2020年4月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 何かのきっかけで関係ができる。それが発展して、思わぬ良い結果が生まれる。人には往々にしてそういうことが起きますが、「犬にだって起こるんだ」と実感しています。「僕よりも社会貢献をしている」と思わせることがありました。 ティトはスペインから来た野良犬 ドイツには犬猫の殺処分はありませんが、同じEU内、例...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 65 〝闘病〟という言葉

2020年3月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ 「がんサポート」連載のきっかけは、2013年の夏「がんサポート」誌の闘病記大賞に応募したことからでした。闘病記の冒頭に、「闘病という感覚が当人にはないのですが……」と書いた記憶があります。もう、7年近く前になるんですね。その当時も〝闘病〟という言葉について、「僕の場合はちょっと違うなあ」と思っていま...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 64 俳優のがん闘病を知って

2020年2月

「懲りずに夢を見ながら」ロックギタリストを夢みてドイツに渡った青年が生活に追われるうち大腸がんに‥ ヨーゼフ・ハネスシュレーガー(Joseph Hannesschläger)。友人の自主製作映画「シュムックロス」に出演していた男優です。彼は「ローゼンハイム・コップ」という刑事ドラマシリーズで有名な俳優です。刑事ドラマといっても、理論的な切れ味鋭い推理でうならせるといったタイプではなく、コメディタッ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!