闘病記

オルゴールがおわるまで 第2回

2019年7月

残間昭彦さん(スウェーデンログハウス株式会社代表取締役)ざんま あきひこ 1962年8月新潟県新潟市生まれ。保険会社勤務の父の転勤に伴い転居を繰り返す幼年期を過ごし、11歳以降は埼玉の地にて少年期から青年期を過ごす。1981年埼玉県立大宮武蔵野高等学校普通科を卒業 。1983年東京デザイナー学院インテリアデザイン科を卒業後、室内装飾及び建築業関連の職につく。1987年、独立起業して一般建設請負業の...

詳細はこちら

若き美容師が骨巨細胞腫になって気づかされたこと 訪問美容を日本の新しい文化に

2019年7月

小池由貴子さん 「訪問美容 と和/コミニティサロン と和」代表・チーフディレクター こいけ ゆきこ 山野美容専門学校卒。美容師200人が所属する、都内17店舗のチェーン店で12年間従事。ヘアメニューだけではなく、エステ・ネイル・着付けなどトータルビューティーのスキルを修得する。そんな中、骨巨細胞種という膝に腫瘍が発覚、骨盤移植の大手術を行う。1年間の車椅子のリハビリ生活で、ご自宅でもお気軽に受けら...

詳細はこちら

オルゴールがおわるまで 第1回

2019年6月

残間昭彦さん(スウェーデンログハウス株式会社代表取締役)ざんま あきひこ 1962年8月新潟県新潟市生まれ。保険会社勤務の父の転勤に伴い転居を繰り返す幼年期を過ごし、11歳以降は埼玉の地にて少年期から青年期を過ごす。1981年埼玉県立大宮武蔵野高等学校普通科を卒業 。1983年東京デザイナー学院インテリアデザイン科を卒業後、室内装飾及び建築業関連の職につく。1987年、独立起業して一般建設請負業の...

詳細はこちら

自分の体験を医師として患者のために生かす 自己触診ができる乳がん、自分の直感をもっと大切に

2019年6月

筑丸志津子さん ケセラスキンケアクリニック院長 ちくまる しずこ 1986年東海大医学部卒。卒業後、関東逓信病院で内科、麻酔科、皮膚科診療に従事。2002年横浜市青葉区に「松風台クリニック」を開設。2004年「ケセラスキンケアクリニック」を開設。著書に『皮膚科ドクター推奨免疫メディカルコスメで美しく生まれ変わる!』(メタモル出版)『最強のアンチエイジング リセットスキンケア』がある 叔母2人が共に...

詳細はこちら

子宮体がんで子宮と卵巣を全摘した「歌う尼さん」 思い通りにいかないほうが人生は深くなる

2019年5月

やなせななさん シンガーソングライター/浄土真宗本願寺派華咲山教恩寺住職 やなせ なな 1975年奈良県高市郡高取町生まれ。1999年龍谷大学文学部真宗学科卒。2004年5月シングル『帰ろう。』で歌手デビュー。2010年浄土真宗本願寺派華咲山教恩寺継職。これまでに5枚のアルバムを発表しCMソング、ゲームのテーマソング、劇中歌などに採用される。ラジオ番組のパーソナリティ、講演活動、映画の企画・脚本・...

詳細はこちら

知ってほしい「膵神経内分泌腫瘍」のこと 希少がんに生かされて 最終回

2019年5月

佐藤直美さん(主婦)さとう なおみ 1962年千葉県船橋市に2人兄弟の長女として生まれる。1983年結婚。1985年双子の娘を出産。実家は金物店を営み結婚後はサラリーマンの妻としてパートで働く期間もあるが現在は専業主婦 <病歴>1996年 「膵臓の腫瘍」で摘出手術2000年 甲状腺右葉(良性)手術2001年・2004年・2006年 肝臓(再発)手術2012年 肝臓ラジオ波焼灼術治療2013年 甲状...

詳細はこちら

知ってほしい「膵神経内分泌腫瘍」のこと 希少がんに生かされて 第4回

2019年4月

佐藤直美さん(主婦)さとう なおみ 1962年千葉県船橋市に2人兄弟の長女として生まれる。1983年結婚。1985年双子の娘を出産。実家は金物店を営み結婚後はサラリーマンの妻としてパートで働く期間もあるが現在は専業主婦 <病歴>1996年 「膵臓の腫瘍」で摘出手術2000年 甲状腺右葉(良性)手術2001年・2004年・2006年 肝臓(再発)手術2012年 肝臓ラジオ波焼灼術治療2013年 甲状...

詳細はこちら

2度の舌がん手術を乗り越え新たな夢に挑戦 がん患者や障がい者が生きやすい社会を目指して

2019年4月

渡部 亮さん 元・平塚市職員 わたなべ りょう 1979年5月神奈川県平塚市生まれ。2003年神奈川大学経営学部卒。2004年平塚市役所入庁。2012年慶應義塾大学大学院健康マネジメント修士課程修了。2015年ステージⅣaの舌がんを告知され舌半分と頸部のリンパ節を切除。退院直後の全日本スノーボード技術選手権で上位入賞し、スノーボードデモンストレーターに選ばれる。翌年準優勝。昨年(2018年)12月...

詳細はこちら

がん告知や余命を伝える運動をやってきたが、余命告知にいまは反対です がん教育の先頭に立ってきたがん専門医が膀胱がんになったとき 東京大学医学部附属病院放射線治療部門長・中川恵一さん

2019年3月

なかがわ けいいち1960年東京都生まれ。1985年東京大学医学部卒。同年東京大学医学部放射線医学教室助手、1996年専任講師、2002年准教授。2003年東京大学医学部附属病院緩和ケア診療部長(兼任)著書に『がんのひみつ』『死を忘れた日本人』(朝日出版社)、『がんの練習帳』(新潮選書)など多数。がん対策推進協議会委員、緩和ケア推進検討会構成員、がん対策企業推進アクションアドバイザリーボード議長、...

詳細はこちら

知ってほしい「膵神経内分泌腫瘍」のこと 希少がんに生かされて 第3回

2019年3月

佐藤直美さん(主婦)さとう なおみ 1962年千葉県船橋市に2人兄弟の長女として生まれる。1983年結婚。1985年双子の娘を出産。実家は金物店を営み結婚後はサラリーマンの妻としてパートで働く期間もあるが現在は専業主婦 <病歴>1996年 「膵臓の腫瘍」で摘出手術2000年 甲状腺右葉(良性)手術2001年・2004年・2006年 肝臓(再発)手術2012年 肝臓ラジオ波焼灼術治療2013年 甲状...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!