闘病記

今を楽しんでストレスを減らすことが大事 難治性の多発性骨髄腫と向き合って

2024年6月

石川邦子さん キャリアコンサルタント/カウンセラー いしかわ くにこ 1977年高卒後、IT関連企業入社。1994年役員に就任し5,000人の部下を管理、オペレーション部門の統括など。2003年退職後、法政大学進学。2009年同大学大学院卒。2011年日本産業カウンセリング学会で学術賞受賞。その後複数大学でキャリア教育担当。並行して2017年以降、企業向け研修・カウンセリング、女性活躍推進セミナー...

詳細はこちら

がんになって優先順位がハッキリした 悪性リンパ腫寛解後、4人目を授かる

2024年5月

あかねさん ECサイト「きせつ家」代表 あかね 1988年千葉県生まれ。東京都で14年間保育教諭として勤務。2017年双子の女児を出産。2018年長男出産。2019年山形への移住を計画。2年かけて移住地を視察。2021年4月山形県に家族で移住。7月に悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫限局期)と診断される。7月から抗がん薬治療開始、6クール終了後、2022年1月完全寛解。2023年12月ECサイト「きせ...

詳細はこちら

移住目的だったサウナ開設をパワーに乗り越える 心機一転直後に乳がん

2024年4月

谷山嘉奈美さん サウナプロデューサー・ジビエ料理家 たにやまかなみ 1987年愛知県名古屋市生まれ。地方自治体で保健師として勤務したのち、長野県信濃町のThe Saunaでサウナ修行を経て2021年4月に北海道下川町に移住。サウナで使う白樺の枝葉「ヴィヒタ」の制作や軽トラックの荷台に載せたサウナ小屋を制作。「気が付いたら『健康』に向かっている暮らしをつくる」をモットーに、サウナプロデューサーとして...

詳細はこちら

「また1年生きることができた」と歳を取ることがうれしい 社会人1年目で発症した悪性リンパ腫

2024年3月

GONさん シンガーソングライター ゴン 1994年福島県会津若松生まれ。2012年3月福島県立会津農林高校卒業後、警備会社に営業の正社員として就職。2013年10月郡山市の病院で悪性リンパ腫と診断され、同年11月会津若松の病院に転院。抗がん薬治療を始める。2014年6月復職。2016年1月警備会社退職後、上京し音楽活動を始め、2016年5月maigoさんと2人で男女デュオ音楽ユニット「BUBBL...

詳細はこちら

芸人を諦めてもYouTube(ユーチューブ)を頑張っていけばいつか夢は見つかる 類上皮血管内肉腫と類上皮肉腫を併発

2024年2月

宮野貴至さん YouTuber(ユーチューバー) みやの たかし 1997年兵庫県西宮市生まれ。青山学院大学国際政治経済学部4年在学中にお笑い芸人を目指し養成所に入所、1年後卒業。漫才コンビを組んで活動していた25歳のとき悪性血管肉腫を発症。左腕を切断したことでお笑い芸人を断念。現在はYouTuber(ユーチューバー)としてチャンネル名「片腕男子」で配信を続けている 現在、YouTuber(ユーチ...

詳細はこちら

仕事優先で放射線治療+ホルモン併用療法を選ぶ 思い立ってPSA検査すると前立腺がん

2024年1月

五十嵐 公さん アジアンナイス株式会社海外事業担当 いがらし いさお 1948年東京都生まれ。1972年3月東京外国語大学中国語学科卒。同年4月ジャパンライン入社。主として中国関係航路の運航管理、企画、採算管理などの業務に従事。1986年7月に退社。中国の国営海運会社中国遠洋運輸公司の日本代理店に移籍後、2013年7月退社。以後、ODA資金に支援を受けた日本企業ミャンマー内陸水運の近代化支援事業に...

詳細はこちら

がんや義足のことを知って欲しいと情報発信を続ける 希少がんの悪性軟部腫瘍の再発で義足に

2023年12月

川口塔子さん 知覧茶コーディネーター かわぐち とうこ 1990年鹿児島県鹿児島市生まれ。都内で鹿児島県専属の移住相談員として働くうちに鹿児島の特産品である知覧茶の魅力を再認識。2017年4月、日本一の茶の生産地である鹿児島県南九州市に移住。地域おこし協力隊として活動中の2017年9月、左大腿部にステージⅢの悪性軟部腫瘍が見つかる。2019年に社会復帰後、「知覧茶コーディネーター」としてお茶に関す...

詳細はこちら

義眼についてもっと知ってほしい 小児がんで乳幼児のとき眼球摘出

2023年11月

多田詩織さん まもりがめの会/きゃんでぃの会代表・臨床心理士/公認心理師 ただ しおり 1995年大阪府生まれ。1998年4月網膜芽細胞腫と診断され右目眼球摘出手術を受ける。2018年3月追手門学院大学心理学部卒業。2020年3月梅花女子大学大学院現代人間学研究科心理臨床学専攻修了後、福祉関係の施設で臨床心理士・公認心理師として働く。2017年義眼使用者の会「まもりがめの会」設立、2018年5月「...

詳細はこちら

自分が作ったご当地ヒーロー映画「超辛グランマサラー」製作中 大腸がんに罹患して「やろうと思ったらとにかくやろう」

2023年10月

宮沢 天さん 俳優 みやざわ てん 1968年和歌山県生まれ。明治大学文学部演劇学専攻卒業後、声優・俳優として活動を開始する。2011年千葉テレビのヒーロー番組「鳳神ヤツルギ」に準主役として2013年3月まで出演。2015年から地元調布市でオリジナルヒーロー「超辛グランマサラー」として活動を始める。2020年12月S状結腸がんが見つかり翌年1月手術。ステージⅢと診断。現在、自身が主演・監督・総指揮...

詳細はこちら

100まで長生きしたい! 3度の乳がんを乗り越えて欲が出てきた

2023年9月

川上いづみさん 主婦 かわかみ いづみ 1960年東京都生まれ。81年昭和音楽短期大学卒業。同年中野サンプラザに入社。84年中野サンプラザ退職、ニッポン放送制作部にアルバイトとして勤務。85年より構成作家として番組制作に携わる。89年結婚。91年出産に向けてすべての仕事を辞める。92年娘を出産。1996年から写真店でアルバイト勤務。2015年までがん治療中も休まず働く 42歳で最初の乳がんを体験し...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!