ログインしていません!

闘病記

「凛として生きる」 第3回

2018年1月

鈴木 襄さん(社会保険労務士)すずき のぼる 昭和21年6月茨城県生まれ。早稲田大学大学院経済研究科修士課程修了。昭和48年東京都庁入庁。平成19年3月監察員を最後に都庁退職。平成24年3月人材育成センター教授(非常勤)を退職後、埼玉県川越市で社会保険労務士を開業 <病歴> 平成15年3月:肺腺がんステージⅡの宣告。右肺上葉摘出手術。術後突発性心嚢内出血で手術 平成16年3月:縦隔リンパ節に再発。...

詳細はこちら

「がん哲学外来」開設10年。「病気であっても病人でない」社会をめざして 順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授の樋野興夫さん

2018年1月

ひの おきお1954年島根県生まれ。順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授、医学博士。一般社団法人がん哲学外来理事長。米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センター、米国フォクスチェイスがんセンター、(財)癌研究会癌研究所実験病理部部長を経て現職。2008年1月「がん哲学外来」を開設、現在では「がん哲学外来&メディカルカフェ」を全国で展開中。『見上げれば、必ずどこかに青空が』(ビジネス社)『がん哲学外来へ...

詳細はこちら

「凛として生きる」 第2回

2017年12月

鈴木 襄さん(社会保険労務士)すずき のぼる 昭和21年6月茨城県生まれ。早稲田大学大学院経済研究科修士課程修了。昭和48年東京都庁入庁。平成19年3月監察員を最後に都庁退職。平成24年3月人材育成センター教授(非常勤)を退職後、埼玉県川越市で社会保険労務士を開業 <病歴> 平成15年3月:肺腺がんステージⅡの宣告。右肺上葉摘出手術。術後突発性心嚢内出血で手術 平成16年3月:縦隔リンパ節に再発。...

詳細はこちら

直腸がんになった経験を活かし、がんをネタに笑いをとるようになった「ゆーとぴあ」ピースさん 『がんをネタに笑わせるのは、がんを経験したボクたちの使命です』

2017年12月

ゆーとぴあピース ほあし しんいち1955年大分県生まれ。1977年、城後光義さんとともに「ゆーとぴあ」を結成。長いゴム紐をくわえ思い切り引っ張って顔で受ける″ゴムパッチン″で一躍、茶の間の人気者に。1989年に解散。1996年に再結成。2008年に再び解散。2015年ピースさんが直腸がんになったことで「ゆーとぴあ」が復活し現在、寄席やライブハウスなどで活動中 がんは運が左右する。「ゆーとぴあ」の...

詳細はこちら

「凛として生きる」 第1回

2017年11月

鈴木 襄さん(社会保険労務士)すずき のぼる 昭和21年6月茨城県生まれ。早稲田大学大学院経済研究科修士課程修了。昭和48年東京都庁入庁。平成19年3月監察員を最後に都庁退職。平成24年3月人材育成センター教授(非常勤)を退職後、埼玉県川越市で社会保険労務士を開業 <病歴> 平成15年3月:肺腺がんステージⅡの宣告。右肺上葉摘出手術。術後突発性心嚢内出血で手術 平成16年3月:縦隔リンパ節に再発。...

詳細はこちら

弟・進の盲腸がん、兄・孝の脳溢血を乗り越えたビリー・バンバン 私と兄がほぼ同時に大病になったおかげで『本物の兄弟』になれました

2017年11月

すがわら すすむ1947年生まれ。東京都国立市出身。青山学院大学卒。1969年兄、孝とデュオを組んだ「ビリー・バンバン」のデビュー曲「白いブランコ」でメジャーデビュー一躍フォークシンガーの代表的存在となる。その後も「さよならをするために」などのヒットを飛ばしNHK紅白歌合戦にも出場。1976年解散。その後再結成し2007年11月、〝いいちこ〟のCM曲「また君に恋してる」が坂本冬美のカバーで大ヒット...

詳細はこちら

「イナンナの冥界下り」 第15回(最終回)

2017年10月

遠山美和子さん(主夫手伝い)とおやま みなこ 1952年7月東京都生まれ。短大卒業後、出版社勤務を経て紳士服メーカー(株)ヴァンヂャケットに入社。約20年勤務の後、2011年8月病気休職期間満了で退職 <病歴> 2010年10月国立がん研究センター中央病院で食道がんステージⅢ(III)を告知される。2010年10月より術前化学放射線療法を受けた後、2011年1月食道切除手術を受ける。2015年9月...

詳細はこちら

胃、食道、咽頭にがんを発症しただけでなく脳梗塞、心房粗動、心房細動、肺炎、腎臓病が加わっても生き返った男の物語 『自分もしぶといが、がんもしつこい。それが実感です』

2017年10月

むらくし えいいち1948年静岡県生まれ。明治大学政経学部卒業後、中日新聞社入社。東京本社(東京新聞)編集局社会部、司法記者クラブキャップ、社会部デスクなどを歴任。北陸本社編集局次長などを経て東京本社編集局編集委員で定年退職。引き続き特別嘱託として編集委員を務め2013年暮れに完全退職。『台湾で、見つけた日本人が忘れた「日本」』『新聞記者は何をみたのか 検察・国税担当』(ともに講談社)、『がんと明...

詳細はこちら

「イナンナの冥界下り」 第14回

2017年9月

遠山美和子さん(主夫手伝い)とおやま みなこ 1952年7月東京都生まれ。短大卒業後、出版社勤務を経て紳士服メーカー(株)ヴァンヂャケットに入社。約20年勤務の後、2011年8月病気休職期間満了で退職 <病歴> 2010年10月国立がん研究センター中央病院で食道がんステージⅢ(III)を告知される。2010年10月より術前化学放射線療法を受けた後、2011年1月食道切除手術を受ける。2015年9月...

詳細はこちら

32歳のとき、ステージⅢCの子宮体がんが見つかったバックギャモン・プレーヤーの第1人者・矢澤亜希子さん(36歳) 子宮体がんになったことが、結果的に世界選手権優勝への道を開いてくれたのです

2017年9月

やざわ あきこ1980年11月生まれ。2001年明治学院大学在学中にエジプトでバックギャモンに出会う。2004年に女性初の日本タイトルを獲得。2012年モナコ公国世界選手権で優勝。同年12月子宮体がんステージⅢCと宣告される。2013年モナコ公国世界選手権史上初の連覇達成。2014年日本人女性初の世界チャンピオン。2016年プレイヤーズオブザイヤー受賞 世界の頂点に立つバックギャモン・プレーヤーの...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート1月 掲載記事更新!