ログインしていません!

がん相談

頭頸部がん

口腔底がんの術後の放射線治療。口腔周囲の外部照射のみで良いか

2017年3月

兄(58歳)が口腔底(こうくうてい)がんで外科手術を終えました。TNM分類でステージ(病期)Ⅱとして手術に臨みましたが、病理診断の結果、ステージⅣA、N0、M0と言われました。今後、術後補助療法として、放射線治療と化学療法を行う予定ですが、放射線科医からは「主治医より口腔周囲の外部照射のみとの指示があり、リンパ節周囲には放射線を照射しない」と言われました。患者・家族としては、リンパ節周囲にも照射し...

詳細はこちら

舌がんで頸部リンパ節転移。手術以外の治療法は?

2017年3月

主人(62歳)が9カ月ほど前に舌がんと診断され、手術で部分切除しました。術後は定期的に病院に通い、経過を観ていたのですが、先日の検査で左頸部のリンパ節に転移していることがわかりました。主治医からは再手術を勧められています。どのような手術になるのでしょうか。放射線治療など手術をせずに済む治療法はないのでしょうか。手術となると2度目となりますので、できれば避けたいという思いがあります。(59歳 女性 ...

詳細はこちら

下顎歯肉がんと診断。どのような手術になるのか不安

2016年4月

下顎歯肉がんと診断されました。がんの大きさは約2cmでステージはⅢ(III)です。「下顎の骨の一部を取る必要がある」と言われたのですが、どのような治療になるのでしょうか。(65歳 男性 東京都)A 手術が第1選択。進行すると骨の移植も亀田総合病院頭頸部外科部長の岸本誠司さん大きさが2cmでステージⅢ(III)ということはリンパ節転移が見られるが、歯茎の骨にまでは進行していない段階です。治療は、手術...

詳細はこちら

中咽頭がん。重粒子線治療は可能か

2016年4月

中咽頭がんと診断されました。頸部のリンパ節にも転移があり、ステージはⅢ(III)です。手術と放射線治療を提案されていますが、ネット検索したところ、中咽頭がんは重粒子線治療も対象になるとありました。手術をせず、重粒子線治療を受けることは可能でしょうか。(63歳 男性 三重県)A 重粒子線治療は 扁平上皮がんには有効ではない亀田総合病院頭頸部外科部長の岸本誠司さん中咽頭は、舌根、軟口蓋(いわゆる「のど...

詳細はこちら

中咽頭がんステージⅢ(III)。アービタックスは有効か

2016年4月

中咽頭がんのステージⅢ(III)で、腫瘍の大きさは約3cm、頸部のリンパ節転移が1つです。医師には、「手術で腫瘍と頸部リンパ節を取ることも可能」と言われましたが、私は放射線治療と化学療法の併用を受けたいと考えています。化学療法は、*シスプラチン単独よりも*5-FUを加えた併用療法のほうが、治療効果が高いのでしょうか。また*アービタックスを使うことはできますか。(70歳 男性 埼玉県)A アービタッ...

詳細はこちら

舌がん手術後の発音への影響は

2016年3月

35歳の娘が舌の縁にしこりのようなものができ、ステージⅠ(I)の舌がんと診断されました。手術を勧められていますが、娘は発音がうまくできなくなることを心配しています。どの程度影響するのでしょうか。リハビリをすれば、元のようにはっきりと発音することができるようになりますか。また、まだ若いので今後の再発なども気がかりです。(66歳 女性 栃木県)A 言語聴覚士に指導を。言葉は回復できる亀田総合病院頭頸部...

詳細はこちら

舌がん手術後の後遺症が心配

2016年3月

舌がんのステージⅢ(III)で舌前方半切除、頸部リンパ節切除をした後、腹直筋皮弁による再建舌移植をする予定です。術後の後遺症が不安です。舌がんの手術をした方から、「退院後も顎の下から頬の周りの引きつれ感や、肩から耳のあたりのしびれ感が抜けず、腕も肩から上にあがらない。痛みで寝返りもできなかった」と聞きました。術後の痛みの対処法はありますか。また、再建後のリハビリについても、どのように行うのか教えく...

詳細はこちら

低線量率治療と高線量率治療の違いは?

2016年3月

舌の縁が白っぽくなり、辛いものを食べると痛みがあったので受診した結果、舌がんと診断されました。腫瘍の大きさは約3㎝でステージはⅡ(II)です。放射線治療を希望したところ、「組織内照射」と言われました。ネット検索してみると、施設によって「低線量率治療」、「高線量率治療」などがあるようですが、どのような治療法なのでしょうか。(60歳 男性 千葉県)A 低線量率治療は隔離施設への入院が必要亀田総合病院頭...

詳細はこちら

下咽頭がんで放射線治療。抜歯はできないのか?

2016年2月

2年ほど前に下咽頭がんの治療で、抗がん薬治療と放射線治療を受けて、今のところ定期的に病院で診てもらっている状況です。最近、治療前から少しぐらつきがあった左下奥歯が痛み始め、かかりつけの歯科医院を受診したところ、歯科医から「放射線が当たっている可能性があるため、抜歯はできない」と言われました。放射線治療を行ったのは2年前ですが、まだ影響があるのでしょうか。(64歳 男性 群馬県)A 晩期障害のリスク...

詳細はこちら

早期の下咽頭がん。「口の中から行う手術」とは

2015年10月

検診で胃の内視鏡検査を受けたとき、のどの奥の側壁の部分にがんが見つかり、下咽頭がんと診断されました。早期なので医師から「口の中から行う手術」をすることが可能だと言われたのですが、どのような手術でしょうか。嚥下機能や発声への影響についても教えてください。(58歳 男性 神奈川県)A 経口的内視鏡手術のこと。嚥下や発声の機能に問題はない国立がん研究センター東病院副院長の林 隆一さん「口の中から行う手術...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート3月 掲載記事更新!