ログインしていません!

暮らし

がんと暮らし

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.12 意外と知らない褥瘡(床ずれ)の話

2017年7月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 みなさん「床ずれ」という言葉はご存じですよね。医学的には...

詳細はこちら

編集部の本棚 2017/2Q

2017年6月

国がん中央病院がん攻略シリーズ 最先端治療 乳がん編著:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院 乳腺外科、乳腺・内分泌内科、他発行:法研 2,000円(税別) 最先端治療 乳がん [ 国立がん研究センター中央病院 乳腺外科、乳腺・腫瘍内科、他 ] 2015年の肺がんに続き、「国がん中央病院がん攻略シリーズ」の第2作目となる本書。構成としては、「乳がんの基礎知識」「乳がんに対する最新・近未来...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.11 美と癒しを支えるソシオエステティックをご存じですか?

2017年6月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 みなさんは「ソシオエステティック」という言葉を聞いたこと...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.10 がんの在宅医療

2017年5月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 自分の最期や家族の看取りは病院で。それが普通だと思ってい...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.9 スピリチュアルケアからの「傾聴」

2017年4月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料) がんでも、そうでなくても、いつか必ず自分や自分の大切な人に訪れる「死」。前回は、死への怖れとどう向き合っていけば...

詳細はこちら

編集部の本棚 2017/1Q

2017年3月

幸せながん患者 幸福と不幸の分かれ道を、あなたはどう選びますか?著者:森山紀之 発行:講談社 1,300円(税別) 幸せながん患者 幸福と不幸の分かれ道を、あなたはどう選びますか? [ 森山 紀之 ] 今や2人に1人ががんに罹る時代。がんになることは特別なことではなくなった。ただ患者さんの中には、不安に苛(さいな)まれる人がいる一方で、いきいきと、がん患者としての生活を送っている人もいる。その違...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.8 「死を受け入れる」を考える

2017年3月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料) 「がん」は治る時代になってきた、と言われても、やはり死を連想させる病気です。自分が、家族や大切な人ががんになった...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.7 すべてのがん患者を支えるために…… がん患者団体のネットワーク組織「全国がん患者団体連合会」

2017年2月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料) がんになった人やその家族を、がん経験者らが中心となって支える「がん患者団体」。2015年5月、全国で活動するがん...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.6 「いのちの授業」でがん患者が子どもたちに伝えたいこと

2017年1月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料) 国内でも、子どもたちを対象とした「がん教育」への取り組みが始まります。でもそれ以前から、がん患者が子どもたちに行...

詳細はこちら

編集部の本棚 2016/4Q

2016年12月

重粒子線治療・陽子線治療完全ガイドブック研友企画出版 出版企画部編著 法研 2,000円(税別) 重粒子線治療・陽子線治療完全ガイドブック [ 研友企画出版 ] 切らずに治す治療として注目されている放射線治療。その中でも重粒子線や陽子線による治療を行うことで、手術と比べてどれくらい効果が期待できるのか、気になる人も多いだろう。本書では、重粒子線、陽子線について、専門医である量子科学技術研究開発機...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!