ログインしていません!

暮らし

がんと暮らし

編集部の本棚 2018/3Q

2018年7月

大事な人が、がん宣告を受けました 患者家族と医療の交差点熊谷有代著 発行:東銀座出版社 1,204円(税別) 大事な人が、がん宣告を受けました 患者家族と医療の交差点 [ 熊谷有代 ] 大事な人を失った時、「自分はもっと何かできたのではないか」と自分を苛(さいな)む人は多くいる。この著者もそうである。本書は著者の夫が2015年4月に膵がんの遠隔転移による脳腫瘍が発覚し、翌年1月に亡くなるまでの闘...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.19 小児医療制度を変えてきた患児の親たちの声 治療法の進歩により、小児がんは治る病気に

2018年2月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 前号で、AYA世代(15歳~39歳までにがんを発症、ある...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.18 15〜39歳のがん支援の谷間世代 AYA世代特有の悩みや問題にどう取り組む?

2018年1月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 ここ数年、がん医療の中でよく耳にするようになった、「AY...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.17 ニューヨーク乳がん視察ツアーvol.2 現地報告

2017年12月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 乳がんサバイバー16名でツアーを組み、ニューヨーク視察ツ...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.16 ニューヨークで日系人の乳がん患者支援を行う「SHARE日本語プログラム」

2017年11月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 この(2017年)9月、全国でピアサポート活動をしている...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.15 がん患者の心を救うサイコオンコロジー

2017年10月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 「がん」と宣告され、衝撃を受けない人はいないでしょう。焦...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.14 男性がん患者のアピアランスケア

2017年9月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 国立がん研究センターにアピアランス支援センターが開設され...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.13 がん治療と膣トラブル

2017年8月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 女性特有のがんの中で、乳がんや子宮体がんでは女性ホルモン...

詳細はこちら

編集部の本棚 2017/3Q

2017年7月

患者さん・ご家族・一般市民のための膵がん診療ガイドライン2016の解説編集:日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン改訂委員会発行:金原出版株式会社 1,800円(税別) 患者さん・ご家族・一般市民のための膵がん診療ガイドライン2016の解説 [ 日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン改訂委員会 ] 医師向けの『膵癌診療ガイドライン』が2016年に改訂されたことを受け、患者さんや家族向けに、ガイドラインの内容...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.12 意外と知らない褥瘡(床ずれ)の話

2017年7月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 みなさん「床ずれ」という言葉はご存じですよね。医学的には...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!