ログインしていません!

副作用対策

貧血

外来化学療法の普及で迫られる新しい貧血対策 がん化学療法にともなう貧血症状の社会復帰をサポートする

2006年2月

国立がん研究センター中央病院の 森文子さん 化学療法が進むにつれて悪化する貧血症状 ――化学療法による副作用である貧血について、患者さんはどの程度認識されているのでしょうか。 人によって認識や理解の度合いはさまざまなので、一概には言えませんね。よくテレビなどでは、化学療法で脱毛した患者さんの姿が見られますよね。脱毛などの副作用は“絵”として見えやすいので一般に認識されやすいのですが、化学...

詳細はこちら

外来化学療法の普及で迫られる新しい貧血対策 貧血に伴う疲れや倦怠感を軽減し、QOLの改善を目指す

2006年1月

東海大学医学部長の 堀田知光さん 骨髄における赤血球産生能力の低下 ――普通の貧血と化学療法に伴う貧血とはどのようにちがうのでしょうか。 貧血とは、血液中の赤血球が著しく減少した状態です。赤血球は酸素を体の隅々にまで運ぶ役割を持っており、これが減少すると酸欠が起こり、動悸や息切れ、めまいなど、様々な症状が現れます。貧血の原因としては、(1)赤血球の材料となる鉄分やビタミンの欠乏、(2)大...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート4月 掲載記事更新!