ログインしていません!
  1. ホーム > 
  2. 暮らし > 
  3. お金 > 
  4. 医療費

暮らし

医療費

治療にはどれくらいかかる? 収入はどうなる?

2013年7月

がんと宣告されたとき、あなたの頭に浮かぶのは何だろう。生命への願望、周囲の人びととの関係、将来の心配――さまざまなことが頭をよぎるが、現実的な問題として、治療にはどれくらいかかるか? 収入はどうなる? という金銭的なことも大きい。今回は「がんとマネー」について特集する。まずは基礎知識を、乳がん体験者で本誌コラムでもおなじみの黒田尚子さんに解説してもらう。黒田尚子 くろだ なおこ ファイナンシャルプ...

詳細はこちら

公的支援制度を賢く利用して、病気と向かい合う

2013年7月

罹患を受けとめ、治療を開始したころに感じる医療費の問題。突然の出費とその金額に、どうしたらよいのか、誰に相談したらよいのか困惑することも多い。それは、治療の継続にも影響する。そこで、患者さんや家族のさまざまな相談を受ける相談支援センターに、経済的な問題の対応策を聞いた。大きな治療費の問題■表1 ソーシャルワーカーの業務分類件数業務分類件 数受診援助506入院援助2,009退院援助7,576療養上の...

詳細はこちら

救済制度の谷間からがん患者さんをすくい上げ、安心できる社会へ

2013年7月

闘病中の患者さんを対象とした高額医療費に対するアンケートは今回で3回目。しかしそこには前回、前々回と変わらず、医療費に圧迫されるがん患者さんの苦しい現実があった。打開策はあるのか――。医療費支払限界額「1~2万円」に道遠し■図1 医療費が高くて治療を中断したことがあるか(複数回答)治療(薬も含む)を中断したことがある22(6.6%)治療回数や薬の量を減らしたことがある46(13.8%)治療(薬も含...

詳細はこちら

ベストな医療を受けるため、限られた財源を有効に使うには

2013年7月

がん医療の現場では、治療効果を高めるため、日夜、新たな技術や新薬の開発・導入が努められている。一方で、それは国民や患者さんの費用増加という問題にかかわってくる。より良い医療が安心して受けられるよう、この負担をどのようにしていくかが課題となっている。 「限られた中でどうやっていくか、その考え方の1つが『費用対効果』」という福田敬さん技術の進歩によって上昇し続ける医療費■表1 上位5傷病別医科診療医療...

詳細はこちら

高額療養費制度では救えない患者さんを救うために

2013年7月

高額な医療費に苦しむ血液がんの患者さんを支えるために民間有志が設立した「つばさ支援基金」。その助成がこの春、第6期を迎えた。民間で患者さんの医療費を支えなければならない、その現実の裏側は――。 血液がん患者団体「NPO法人血液情報広場 つばさ」代表の橋本明子さん つばさ支援基金への問い合わせつばさ支援基金(日本臨床研究支援ユニット臨床研究コールセンター)フリーダイヤル 0120-711-656(平...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!