ログインしていません!

患者・団体

一粒の種

あるがん患者さんから生まれた言葉が種となり、歌という名の花が咲いた 「一粒の種」になった命が今、生きることのすばらしさを教えてくれる

2009年10月

あるがん患者さんが発した言葉の種を、看護師である高橋尚子さんが大切に受け取った。 やがてその言葉にメロディがつけられ、たんぽぽの綿毛をもった「一粒の種」は今、歌手の砂川恵理歌さんの歌声によって届けられている。 楽曲「一粒の種」には、それぞれの人生や生きることのすばらしさが溢れている。患者を思うと言葉が溢れてきたそれは死を目前にした、ある1人の男性がん患者の悲痛な心の叫びから始まった。「それまで数え...

詳細はこちら

生きるすばらしさに灯を点す「一粒の種」 それぞれの思い、それぞれの物語

2009年10月

誰もがきっと心に持っている「一粒の種」。 そこには希望があり、生きることの喜びがつまっている。 さまざまな人生があるように、その一粒一粒は、さまざまな色や形で花を咲かせている。自然の営みに生き続けることの大切さを教えられた桜井なおみさん視野を広げてくれた小さな命の営み 桜井なおみさん「一粒の種」――。初めて、その言葉を聞いたとき、私はこれまでの自らの人生を振り返らずにいられませんでした。大学入学か...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート6月 掲載記事更新!