ログインしていません!

連載

鎌田 實 コラム

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」読者との座談会 一緒に考え、一緒に解決に向かう医療なら、厳しくても前を向ける 患者は泣きたいときに泣くところがないのがつらい

2007年12月

おがわ よしこ 社会保険労務士。1936年東京生まれ。昭和62年社会保険労務士のご主人と小川労務管理事務所を開設。平成10年10月、人間ドックで膵臓に嚢胞が見つかる。その後半年ごとの定期健診を受ける。平成16年1月、膵がんの診断を受け手術。平成18年7月、肺転移、胸腔鏡手術。平成18年8月~19年7月まで再度、抗がん剤投与を受ける。現在は術前にもまして元気で海外旅行を楽しんでいるかまた みのる 1...

詳細はこちら

なぜ玉川温泉に全国からがん患者が集まるのか “奇跡の湯”玉川温泉の至福

2004年11月

鎌田 實 かまた みのる 東京医科歯科大学医学部卒。長野県茅野市の諏訪中央病院院長としてがん末期患者、お年寄りへの24時間体制の訪問看護など、地域に密着した医療に取り組む。チェルノブイリ原発事故で重症の白血病になった子どもたちを救う医療活動にも参加。今年の7月にはイラクの子どもたちの医療援助にも参加した。著書『がんばらない』『あきらめない』(ともに集英社)がベストセラー。近著『雪とパイナップル』(...

詳細はこちら

「がんばらない」けど「あきらめない」 鎌田實のがんに負けないための発想の転換7箇条

2004年10月

かまた みのる 東京医科歯科大学医学部卒。長野県茅野市の諏訪中央病院院長としてがん末期患者、お年寄りへの24時間体制の訪問看護など、地域に密着した医療に取り組む。チェルノブイリ原発事故で重症の白血病になった子どもたちを救う医療活動にも参加。今年の7月にはイラクの子どもたちの医療援助にも参加した。著書『がんばらない』『あきらめない』(ともに集英社)がベストセラー。近著『雪とパイナップル』(集英社)も...

詳細はこちら

「がんばらない」の鎌田實が贈るがん患者への応援メッセージ

2003年12月

生き方のギア・チェンジを。がんと向き合い、自分らしく生きよう 「優しい医療」 「あたたかな医療」が いまこそ必要と説く 諏訪中央病院管理者の 鎌田實さん 『がんばらない』『あきらめない』のベストセラーを立て続けに出し、一躍、時のドクターになった諏訪中央病院管理者の鎌田實さん。 その鎌田さんが、がん患者と家族のみなさんに、やさしく心を込めてメッセージをお届けする。 何のための医療なのかをしっか...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート11月 掲載記事更新!