ログインしていません!

連載

田原節子のもっと聞きたい

田原総一朗手記 がんを生き抜いた人生のパートナーに捧ぐ 「5年10カ月」の価値―生きる意志をエネルギーにした妻・節子

2004年10月

1日1日が全力投球の日々8月13日の朝、妻・節子が息を引き取った。 彼女が炎症性乳がんに冒されたのは6年前、1998年のことだ。 最初に彼女を診た医者は、余命は6カ月程度と見ていた。しかし、結果的に彼女は6カ月ではなく6年も生きた。これほど長い間生きることができたのは、彼女が正面から病気と向き合い、1日1日をまさに全力投球で生きたからだ。 それに加え、彼女には並外れた行動力と探求心があった。この2...

詳細はこちら

乳がんとの「闘い」の6年間を支えた「生きる意志力」 エッセイスト田原節子が遺したがん患者たちへの遺言

2004年10月

8月14日は、今年の歴史的な猛暑の中でも、まれに見る蒸し暑い日だった。その夜、私は東京湾大華火祭の花火を見ていた。贅沢にも、台場にあるホテル日航東京のレストランを貸し切った一室からだった。しかし、私が見た花火は、パッと絢爛豪華に咲く大輪の花火ではなく、一瞬にして散って闇夜に消え行く物寂しい花火であった。そこには、いるはずの人物がいなかった。前日にその人の訃報を報らされたばかりだった。大事にした「が...

詳細はこちら

シリーズ対談 田原節子のもっと聞きたい ゲスト・竹中文良さん 『がん』と『心』の深い結びつきにさらなる注目を!!

2004年9月

竹中文良たけなか ふみよし 1931年、和歌山県生まれ。日本医科大学卒業。医学博士。日本赤十字社医療センター外科部長、日本赤十字看護大学教授を経て、現在同大客員教授。1986年、大腸がんに罹患し、手術を受ける。そのときの経験に基づいて書いた『医者が癌にかかったとき』(文芸春秋社)は有名。2001年、がん患者のメンタル・サポートを目的にジャパン・ウェルネスを設立し、理事長に就任した。田原節子たはら ...

詳細はこちら

シリーズ対談 田原節子のもっと聞きたい ゲスト・佐々木常雄さん 腫瘍に精通したホームドクターが増え、チーム医療が充実すれば、がんの在宅治療は定着する!

2004年8月

佐々木常雄ささき つねお 1945年、山形県生まれ。弘前大学医学部卒業。国立がん研究センターを経て、1975年より東京都立駒込病院化学療法科勤務。現、副院長。日本胃癌学会理事、胃癌治療ガイドライン作成委員会委員長、日本癌治療学会抗がん剤適正使用ガイドライン作製委員、がん集中的治療財団理事。がんの化学療法のパイオニアであり第一人者。田原節子たはら せつこ エッセイスト。1936年東京に生まれる。早稲...

詳細はこちら

シリーズ対談 田原節子のもっと聞きたい ゲスト・青木正美さん 大いに語り合った医師と患者がよい関係を築く秘訣

2004年7月

青木正美あおき まさみ 青木クリニック院長。1958年東京生まれ。85年獨協医科大学卒業。第1麻酔科入局後、国立栃木病院などを経て、96年東京都中央区にペインクリニックを専門として開業。頸腕肩痛・腰痛など多様な痛みを訴える患者と、コミュニケーションをよく取ることを心がけながら治療をめざしている。著書に『首と肩の痛みをとる本』(講談社)田原節子たはら せつこ エッセイスト。1936年東京に生まれる。...

詳細はこちら

シリーズ対談 田原節子のもっと聞きたい ゲスト・荻野尚さん コンピュータと情報の時代の申し子 陽子線治療は手術に匹敵する治療法

2004年6月

荻野尚おぎの たかし 1956年新潟県生まれ。千葉大学医学部卒業後、1985年より国立がん研究センターに勤務し、放射線治療を専門としている。現在、千葉県柏市の国立がん研究センター東病院陽子線治療部長。日本医学放射線学会専門医、日本放射線腫瘍学会認定医。通常の放射線治療も行っているが、国立がん研究センター東病院に設置されている陽子線治療に主として携わっている。田原節子たはら せつこ エッセイスト。1...

詳細はこちら

シリーズ対談 田原節子のもっと聞きたい ゲスト・幡野和男さん さらに副作用を少なく! 放射線の最先端治療 IMRTのこれから

2004年5月

幡野和男はたの かずお 1956年生まれ。1981年日本大学医学部卒業。国立病院医療センター(現:国立国際医療センター)、榛原総合病院放射線科医長、米国ペンシルバニア・ハーネマン医科大学放射線腫瘍科フェローを経て、1993年千葉大学医学部放射線医学教室講師、1994年千葉県がんセンター放射線治療部部長。がん放射線治療一筋に歩んできた。田原節子たはら せつこ エッセイスト。1936年東京に生まれる。...

詳細はこちら

シリーズ対談 田原節子のもっと聞きたい ゲスト・西尾正道さん 初期治療から緩和ケアまで、がん治療に大活躍する放射線治療のすべて

2004年4月

西尾正道にしお まさみち 1947年北海道函館市生まれ。札幌医科大学卒業後、国立札幌病院で、がんの放射線治療一筋に30年。現在、同病院放射線科医長、札幌医科大学臨床教授、京都大学医学部非常勤講師、北海道大学歯学部非常勤講師。日本医学放射線学会専門医、日本放射線腫瘍学会認定医。03年12月から「市民のためのがん治療の会」の協力医代表として活躍。著書に『がん医療と放射線治療』『がんの放射線治療』『放射...

詳細はこちら

シリーズ対談 田原節子のもっと聞きたい ゲスト・堤 寛さん 診断するのは病理医。この事実をもっと広めて、患者と医療を真に結びつけたい

2004年3月

堤 寛つつみ ゆたか 藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。1976年慶応義塾大学医学部卒業。2001年より現職。悪性リンパ腫、胃がん、内分泌病理などの分野に関与し、現在は感染症も研究対象としている。病理医の側から、患者サイドへの積極的情報発信を旨とし、患者会やマスコミに向けても広く発言を続けている。著書に『病理医があかす タチのいいがん悪いがん』(双葉社)『病院でもらう病気で死ぬな!』(角川新書...

詳細はこちら

シリーズ対談 田原節子のもっと聞きたい ゲスト・渡辺 亨さん 知れば知るほど奥の深い抗がん剤、もっともっと知りたい

2004年2月

渡辺 亨わたなべ とおる 1955年生まれ。80年北海道大学医学部卒業。北海道大学医学部第一内科、国立がん研究センター中央病院レジデント、米国テネシー州ナッシュビル・ヴァンダービルド大学内科フェローを経て国立がん研究センター中央病院内科医員、90年同病院内科医長。03年より国際医療福祉大学教授、山王メディカルプラザオンコロジーセンター長。一貫してがんの内科的治療とその研究に従事してきた。田原節子た...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!