ログインしていません!

がん相談

皮膚がん

子宮頸部にできた悪性黒色腫で脳転移。放射線治療が終われば治るのか

2017年1月

私の姉(45歳)が2年前に子宮頸部にがんができて、手術をしました。がんは悪性黒色種という病名で、子宮全摘と卵巣1個と半分を摘出しました。その後、昨年(2016年)1月に脳転移がわかり、ガンマナイフ治療をしました。今まで5回ガンマナイフ治療をしましたが、転移数は一向に減らず増えてしまい、9月から全脳照射をしています。全脳照射の副作用なのか足が全く動かなくなり、手も力が入らなくなってきています。放射線...

詳細はこちら

乳房外パジェット病でリンパ節転移。術後補助化学療法をしたほうが良いか

2017年1月

外陰部にかゆみを伴う湿疹のようなものができ、乳房外パジェット病と診断されました。手術で患部を切除し、リンパ節に転移もしていたので、リンパ節郭清(かくせい)も行いました。主治医からは、再発の可能性についても話がありました。再発しないためにも、術後に化学療法や放射線治療など、何か治療をしたほうが良いのでしょうか。治る可能性のある治療なら、できる限り受けたいと思っています。(66歳 男性 三重県)A 術...

詳細はこちら

血管肉腫と診断。治療方針を確認したい

2016年1月

数年前から、主人(72歳)の頭と額の境目あたりにシミができていたのですが、それが段々と盛り上がってきたため心配になり病院で診てもらったところ、血管肉腫と診断されました。今後は「放射線治療+化学療法」を行う方針だと主治医から説明を受けました。手術による治療法もあるとのことですが、主治医から示された治療方針で間違いないでしょうか。血管肉腫という病気自体が希で、標準的な治療が確立されていないと聞いて不安...

詳細はこちら

乳房外パジェット病と診断。センチネルリンパ節生検を受けたほうが良いか

2016年1月

外陰部に薄紫色にただれたような部分があり、市販の薬を塗ってもなかなか治らなかったため皮膚科を受診したところ、乳房外パジェット病と診断されました。これから手術を受ける予定です。本などで色々調べてみたところ、センチネルリンパ節生検を行ったほうが良いとする記事を目にしました。ただ、今通っている病院ではセンチネルリンパ節生検を行っていないということです。今後、どのように対応したら良いでしょうか。(67歳 ...

詳細はこちら

術後補助療法として DAV-Feron療法を受けるべきか?

2014年8月

父(78歳)がメラノーマ(悪性黒色腫)の手術を受け、生検の結果、リンパ節転移をしていることがわかり、リンパ節郭清をしました。主治医からは、術後に補助化学療法として*DAV-Feron療法を受けることも考えられるが、父の体力なども考えると、あまり勧められないと言われました。この治療は、やはりきつい治療法になるのでしょうか。家族としては、DAV-Feron療法を受けてもらいたい気持ちもあります。(44...

詳細はこちら

基底細胞がんで再発の恐れ。手術以外の治療法はないか?

2014年8月

眼の下に2㎝大の基底細胞がんができ、手術を受けました。しかし、術後の病理検査で断端陽性と診断され、主治医からは再発の恐れがあるため、再手術を勧められています。ただ、顔に2度もメスを入れることにかなり抵抗を感じています。放射線治療など、他に治療法はないのでしょうか。(59歳 女性 高知県)A がんの取り残しの部位にもよるが、手術を勧める国立がん研究センター中央病院の高橋 聡さん基底細胞がんは、皮膚が...

詳細はこちら

メラノーマ手術 リンパ節の切除範囲は?

2014年5月

左足の裏に深さ1㎜のメラノーマ(悪性黒色腫)ができ、手術をすることになりました。センチネルリンパ節生検による手術ですが、もしも転移がある場合の切除範囲を教えてください。また、転移があった場合に切除すると、どんな後遺症のリスクがありますか。(55歳 男性 熊本県)A 陽性なら大腿部付け根を切除がん・感染症センター都立駒込病院皮膚腫瘍科医長の吉野公二さんメラノーマの手術は①原発巣のみの切除、②原発巣切...

詳細はこちら

有棘細胞がん 手術を行うための補助療法は?

2014年5月

65歳の父の左顎に近い首の部分に、有棘(ゆうきょく)細胞がんができました。本来は広い範囲の手術が必要だそうですが、その範囲が顔に走っている神経に及びそうで、取り切るのが難しいといわれています。その根治を目標とする手術を可能にする補助療法というものがあるそうですが、どんな療法ですか。(33歳 女性 長野県)A 術前化学放射線療法で手術の可能性もがん・感染症センター都立駒込病院皮膚腫瘍科医長の吉野公二...

詳細はこちら

悪性黒色腫が脳転移。今後の治療は?

2013年5月

腕のほくろが1~2年で倍の大きさになり、病院で受診したところ、悪性黒色腫と診断されました。悪性黒色腫は手術で切除できたのですが、リンパ節に転移していることがわかりました。先日、脳転移していることもわかり、非常に落ち込んでいます。今後、どのような治療をしていくのでしょうか。(島根県 男性 67歳)A 脳転移局所治療と全身治療を組み合わせる悪性黒色腫は悪性度が高い皮膚がんで、脳転移を起こすことが少なく...

詳細はこちら

手のほくろが変化、がんの可能性は?

2012年11月

子どものころからあった手の甲のほくろが、4~5年前に色が濃くなって盛り上がりました。大きさは3mmぐらいのまま変わりません。皮膚がんの可能性などはあるのでしょうか。(東京都 女性 44歳)A 7mm以下で変化がなければがんの可能性は低い良性のほくろと悪性のほくろのがん(メラノーマ)は、できたばかりの時期は両者の区別が難しいことがあります。いずれも少しずつ大きくなりますが、良性のほくろではある大きさ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!