ログインしていません!

患者サポート

医師と患者のコミュニケーション

あなたは聞きたいことを医療者にきちんと聞けていますか?

2013年1月

「自分の聞きたいことを医師になかなか聞けない」――。そんなジレンマを日々抱えている患者さんも多いのではないだろうか。そこで今回紹介するのが、そうした患者さん向けに作成された「質問促進パンフレット」。国立がん研究センターのホームページから無料でダウンロードできる。質問促進パンフレット作成■写真1 質問促進パンフレット2011年6月に公開された質問促進パンフレット「重要な面談にのぞまれる患者さんとご家...

詳細はこちら

医師と患者のコミュニケーションをより良くする情報提供技術を学ぶ SPIKESって何!?もっと知って、広めよう

2007年3月

セカンドオピニオンで知った医療情報提供の現実無責任な「紹介状」が多い 浜松オンコロジーセンター長の 渡辺亨さん私は2003年から約2年間、東京の山王メディカルプラザという病院でオンコロジーセンター長を務め、セカンドオピニオンの提供と外来化学療法の実践を2つの柱として取り組んでいました。その中で、03年9月から05年3月の約1年半にわたって、セカンドオピニオンを受けるために訪れたがんの患者さんやご...

詳細はこちら

医師と患者のコミュニケーション もっと上手にスムーズに!

2004年12月

患者さん側から「顔も見てくれない」「聞きたくても聞けない」「もっと説明して」患者さんや家族にとって、医師とのコミュニケーションがうまくとれるかどうかは、治療法の選択や決定のときにはもちろん、治療後の精神状態やQOLにまでかかわる大きな問題です。ある経営コンサルタント会社が実施したアンケート調査によると、通院先を変えた一般の患者さん742人の半数以上が「医師とコミュニケーションがとれないこと」を理由...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート3月 掲載記事更新!