イベント

最新のイベント一覧

が ん 暮 ら し フ ェ ア 2017 ―考えよう、体験しよう!がん治療と暮らし・仕事-

日時 2017年11月3日(金)
11:00~16:45
場所 総合病院厚生中央病院ロビー(東京都目黒区三田1-11-7JR恵比寿駅徒歩5分・目黒駅徒歩10分、日比谷線恵比寿駅徒歩7分)
内容 NPO法人キャンサーリボンズ(東京都中央区、理事長:中村清吾・昭和大学医学部乳腺外科教授昭和大学ブレストセンター長)は、がん患者さんの暮らしを支えるイベント「がん暮らしフェア2017」を、総合病院厚生中央病院で開催します。
がん治療中でも、心地よく暮らしたい、できるだけ仕事もしたい。そんな患者さんやご家族のために、そして決して人ごとではない一般市民に向けた、治療中の暮らしの知恵や工夫を集め、体験できるイベントです。暮らしに役立つさまざまな情報提供、製品展示・体験、セミナーなどを行います。


<詳しい案内は下記サイトから>
http://www.ribbonz.jp/assets/files/gankurashi-Fair2017_1002.pdf



■共催総合病院厚生中央病院、NPO法人キャンサーリボンズ■後援目黒区、目黒区医師会、目黒区薬剤師会
■協賛(展示)イーエヌ大塚製薬㈱、㈱おいしい健康、花王㈱、グンゼ㈱、㈱スヴェンソン、NUONE、㈱ベル、ロート製薬㈱、㈱ワコール
■対象がん患者さん及びご家族、医療関係者、一般市民など

≪概要≫
【トークショー:がん体験者に聞く。がん治療と仕事の両立、本当のところ。】11:00~11:50
<登壇者>
がん体験者
キャンサーペアレンツ代表
西口洋平さんほか
働く世代ががんになった時、「治療と仕事の両立」についてお悩みになる方は少なく
ありません。がん治療と仕事を両立している2人の体験者を招き、医師も加わって、
治療と仕事を両立するポイントや周囲の理解を得る方法などについて考えます。

参加費 ■参加費無料※事前申し込み不要

小児脳幹部グリオーマシンポジウム

日時 2017年10月28日(土)
13:00~17:45
場所 国立成育医療研究センター講堂
内容 このたび、当会は関連団体、医療者、厚労省関係者と協力し、
「シンポジウム開催実行委員会」を立ち上げ、
小児脳幹部グリオーマのシンポジウムを開催することになりました。
10月28日(土)、13時より、国立成育医療センター講堂にて開催します。
もし、よろしければこの告知を誌面のどこかに掲載していただくことは可能でしょうか。

具体的な内容は以下のサイトをご覧いただければと思います。
https://dipg.jimdo.com

当シンポジウムの広報チラシのDPF
http://file.www5.hp-ez.com/glioma/file_20170811-103548.pdf

当シンポジウム開催のための資金集めと広報を兼ねたクラウドファンディングも現在試みています。
https://readyfor.jp/projects/12901

【主催】「小児脳幹部グリオーマ」シンポジウム開催実行委員会
参加費 無料
お申し込み方法 下記サイトからお願いします。
https://dipg.jimdo.com
残り席数/8月29日現在:150名(残席32席)

第7回乳がんタウンホールミーティング@横浜 「対話で探る患者にとっての最良の治療」~色々な可能性を秘めたウイッグをあなたに~

日時 2017年10月28日(土)
13:00~16:45
場所 日石横浜ホール(JR桜木町東口 徒歩1分)
内容 【第一部】
「対話で探る患者にとって最良の治療」
 1.患者・経験者へのインタビュー
  インタビュアー 土井 卓子医師(湘南記念病院 かまくら乳がんセンター長)
2.講義
  沢田 晃暢医師(昭和大学乳腺科准教授 横浜市北部病院) 
   「最新の画像判断に変化あり」
  谷 和行医師(平塚共済病院 乳腺内分泌外科部長)
   「乳がん治療拒否という選択肢の問題点」
  秋谷 文医師(聖路加国際病院 女性総合診療部)
   「がん治療後の妊娠についての不安」
  津川 浩一郎医師(聖マリアンナ大学病院 乳腺内分泌外科部長)
   「再発転移乳がん治療の告知と治療の進め方」
3.参加者と講師の参加型ディスカッション

【第二部】
 患者と経験者によるメイクとウィッグのショー

 司会: 曽我千春(VOL-NEXT 代表取締役)
参加費 会費:1000円
  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!