がんサポート9月 掲載記事更新のお知らせ

新シリーズ 楽・得 がんケアのABC スタート!

 楽・得 がんケアのABC 第1回 がん患者さんにとって重要な「唾液の力」 口腔ケアで唾液の機能を高めよう!

●がんと生きる ※ログインしてご覧ください

 回り道をしたが、ALK融合遺伝子変異ありの結果で道は開けた 全身に転移した肺腺がんステージⅣbからの生還

●闘病記大賞 ※ログインしてご覧ください

 妻と共にがんと闘った追憶の日々 君を夏の日にたとえようか 第9回

●マインドフルネス・ヨガ:それでいいのだ!

 第28回 溢れる新語、新カタカナ語 <ひねりのポーズ>

●がん相談 血液がん

 池江璃花子さんは完治されたのか

 山本寛斎さんと池江璃花子さんとの治療の違いは

 白血病は高齢者でも発症するのか

●連載

 精神腫瘍医・清水 研のレジリエンス処方箋 第6回 家族ががんと診断されたとき、忘れてはならない2つのこと

 腫瘍内科医のひとりごと 117 退院日のバンダナ

 ドイツがん患者REPORT 71 コロナ初期対応の検証

 

●9月 編集後記

■猛暑とコロナで、これまで体験したことのない夏も、夜には虫の音が聞こえはじめた。春から時々発作をおこす老猫のためリモートワークはありがたい。ご近所さんが植木の手入れを頼んだが、お宅もどう? と声をかけてくださる。今年は猛暑にもかかわらず、予定が詰まっていてすぐにはできないと言われたが、コロナ禍で商売が大変というニュースばかりが溢れるなか、影響を受けない仕事に、ちょっとほっとした。(松尾)

■連日猛暑が続いている。このうだるような暑さのなか、マスクをして外出するのは苦行といわずしてなんといえばいいのだろうか。これでは新型コロナの感染を恐れるあまり熱中症で倒れてしまわないか。そもそも新型コロナの感染を恐れ過ぎていないだろうか。ワイドショーなどが連日、感染者数の増加を報じ、恐怖を煽り立てた結果のこの事態である。自粛警察と称する者もあらわれ、日本が戦争に突入していった経緯もかくや、と思われる有様だ。改めて冷静に見渡してみれば、新型コロナを異常に恐れる根拠はなにもないことに気づくだろう。この騒動が決着した暁に反省を迫られる者は果たして誰であろうか。戦犯はそこここにいる。(髙橋)

 

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!