1. ホーム > 
  2. GISTの検索結果

GISTの検索結果

 

がんとダンスの間を強く、しなやかに生きるプロダンサーのど根性 肉腫という希少がんと闘いながら、治療の拠点「サルコーマセンター」設立に立ち上がった元ミス日本・吉野ゆりえさん

[ ]

2009年5月

よしの ゆりえ世界ダンス議会国際審査員、日本ブラインドダンス協会理事。「ウリナリ芸能人社交ダンス部」の指導も務めた。後腹膜平滑筋肉腫との闘いは日本テレビ系モクスペ感動ドキュメンタリー『5年後、私は生きていますか?』で取り上げられた。著書に『いのちのダンス~舞姫の選択~』がある。「日本に『サルコーマセンターを設立する会』」代表 吉野ゆりえブログ 世界初、視覚障害者のダンスの祭典「全日本ブラインド...

詳細はこちら

タシグナ(一般名:ニロチニブ)グリベックの服用継続が難しい患者さんに大きな福音

[ ]

2010年1月

タシグナは、慢性骨髄性白血病の患者さんのうち、グリベック(一般名イマチニブ)が効果不十分、もしくは副作用などにより中止せざるを得ない人を対象としています。 慢性骨髄性白血病治療を一変させる治療効果を持ったグリベックでも、十分な効果を得られなかった患者さんにとって、大きな福音となる薬剤です。 慢性骨髄性白血病の治療を一変させたグリベック 慢性骨髄性白血病は、赤血球や白血球、血小板などの血液細胞を作る...

詳細はこちら

スーテント(一般名:スニチニブ)グリベックが効かなくなった消化管間質腫瘍と、切除できないまたは転移性の腎細胞がんを適応とする分子標的薬

[ ]

2008年10月

消化管間質腫瘍と腎細胞がんに対する新しい抗がん剤として、ファイザー社は2008年6月13日、「スーテント」を発売した。臨床試験では、「グリベック」が効かなくなった消化管間質腫瘍の患者さんに対して、無増悪期間(がんの増殖を認めない期間)の延長が確認された。一方、切除できない、または転移性の腎細胞がんに対しても、標準治療薬であるインターフェロンと比較して生存期間の延長などが認められ、腎細胞がん治療の第...

詳細はこちら

第2段階に入った分子標的薬の長所と短所 注意しよう! 従来の抗がん剤とは異なる優れた効果と思わぬ副作用

[ ]

2007年3月

埼玉医科大学病院 臨床腫瘍科教授の 佐々木康綱さん ハーセプチン、グリベックといった分子標的薬に続き、新しい分子標的薬が化学療法の場面に続々と登場しています。出た当初は、“夢の抗がん剤”とマスコミでもてはやされましたが、報告を見ていると決してそうではないことがわかります。 もちろん、優れた効果を上げていますが、その一方、思わぬ副作用も出ていますので、十分な注意を払う必要があります。 化学療...

詳細はこちら

「プロジェクト未来」を機に、より患者の役に立つ活動へ 「リレー・フォー・ライフ」のこれまで、そしてこれから──

[ ]

2012年9月

リレー・フォー・ライフには、各チームがそれぞれ参加。GISTと闘う仲間を応援する「GISTERS」も毎年参加している 「リレー・フォー・ライフ」で集められたお金は、これまでがん検診や相談センター、若手がん専門医への奨学金などに使われてきました。しかし、がん研究に助成する「プロジェクト未来」ができたことで、よりがん患者に役に立つ支援にまわることが期待されています。リレー・フォー・ライフの生い立ち...

詳細はこちら

 
  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート1月 掲載記事更新!