がんサポート2015年7月号

大腸がん/胃・食道がん最新特集

1 大腸がんの基礎知識 大腸がんってどんな病気?
大腸がんは早期発見すれば9割が治る!

監修●石黒めぐみ 東京医科歯科大学大学院応用腫瘍学講座准教授

国立がん研究センターが今年4月に発表した2015年のがん罹患数の推計で、これまで3位だった大腸がんが、胃がん、肺がんを抜いてトップになった。大腸がんはどんな病気なのか。大腸がんの基本的なことから治療の進め方まで専門医に聞いた。

2 進化する個別化医療──遺伝子検査による治療選択の時代へ
大規模ゲノムスクリーニング 産学連携「SCRUM-Japan」が発進

監修●吉野孝之 国立がん研究センター東病院消化管内科科長

大腸がん治療で特徴的なのが、無駄な薬剤投与をしないための遺伝子検査だ。近年確立された方法だが、さらに進化を続けている。大規模な遺伝子診断ネットワークづくりも進行中だ。

3 大腸がんの腹腔鏡下手術 術後の身体の回復が早い!
高齢者への負担が少ない 大腸がん腹腔鏡下手術

監修●渡邉一輝 NTT東日本関東病院外科医長

腹腔鏡下手術は開腹手術に比べると傷が小さくて済むため、早期に離床でき、入院期間も短い。高齢のがん患者さんには低侵襲の手術が求められるが、果たして腹腔鏡下手術は有効なのだろうか。高齢者の開腹vs.腹腔鏡下手術の比較試験の結果と、大腸がんの腹腔鏡下手術の今後を探った。

4 進行大腸がんの最新薬物治療 病勢安定期間を延ばす
進行再発大腸がんの4次治療での 新規2剤のよりよい活用法とは

監修●水沼信之 がん研有明病院消化器センター消化器化療担当部長

治癒切除不能の進行・再発大腸がんの治療は、分子標的薬の登場で飛躍的に向上している。それでも3次治療、4次治療の段階になると治療薬がない状態になっていたが、2013年に分子標的薬スチバーガ、14年に抗悪性腫瘍薬ロンサーフが新たに加わって選択肢が増え、最適な治療を続けることができるようになってきた。

5 術前の閉塞解除治療と手術不能例に対する緩和的治療
がんによる腸閉塞に対し 大腸ステント治療で人工肛門を回避

監修●斉田芳久 東邦大学医療センター大橋病院外科教授

がんのために大腸が閉塞した場合、かつては緊急手術が行われ、人工肛門を造設するのが一般的だった。しかし、2012年に大腸ステント治療が保険で認められ、現在では、閉塞部にステントを留置する治療が可能になっている。治療に要する時間は、通常15分程度。ステントが入ると速やかに閉塞が解除され、人工肛門を回避することができる。日本における大腸ステント治療は、欧米に比べて安全性が高いことをデータが示している。専門家に治療の現状を聞いた。

6 腸閉塞、排便・排尿障害、便秘を緩和する
大腸がん術後のQOLアップのために

監修●舛田佳子 神奈川県立がんセンター主任看護師/皮膚・排泄ケア認定看護師

大腸がんの手術をされた患者さんは、術後の身体の変化やトラブルが気になるだろう。術後に起こりやすい症状とは?食事はどのように進めていけばいいのか?排便障害や排尿障害は起こるのか?患者さんが悩みがちな術後の生活について、専門家に聞いた。

7 エルプラット、サイラムザと新たな治療選択肢も登場
進行・再発胃がんに新しい治療法。着実に広がる治療の選択肢

監修●朴 成和 国立がん研究センター中央病院副院長/消化管内科科長

手術による切除が困難と判断された進行・再発胃がんの化学療法に、ファーストラインではエルプラット(2015年3月承認)、セカンドラインでは分子標的薬のサイラムザ(同)が加わった。かつて胃がんは抗がん薬が効きにくいがんと言われたが、着実に治療の選択肢が広がりつつある。

8 マウスモデルで体重減少を抑制し、生存期間を延長
ナノ粒子を用いた光線力学療法による腹膜播種治療

監修●辻本広紀 防衛医科大学校上部消化管外科講師

これまで胃がんの腹膜播種では抗がん薬が効かなくなると、それ以上打つ手がなかったが、昨年(2014年)11月、光増感剤内包ナノ粒子を用いた光線力学療法(PDT)により、ヒト胃がん細胞を移植したマウスの腹膜播種モデルで体重減少の抑制と生存期間の延長効果が得られたとの報告があり、将来的には食道がんや肺がんなどでも臨床応用が期待されている。

9 腹膜播種治療の最新動向 進化する化学療法
腹膜播種に対する3つの腹腔内投与療法が先進医療に

文●「がんサポート」編集部

胃がんの怖さに腹膜播種がある。決して珍しい症状ではなく、胃がんでの死亡者のうち、半数近くが腹膜播種に苦しむとされている。これまでは化学療法を受けても予後が悪いとされてきたが、近年は新しい併用療法の研究が進んでいる。その中でも、とくに注目されているのが、パクリタキセルなどを用いた腹腔内投与併用療法。この併用療法に2006年から取り組んでいるのが東京大学医学部附属病院腫瘍外科。本誌では、これまでにも数回、同治療法について紹介してきたが、今回はその後の研究の進捗状況について、入手した資料をもとにまとめてみた。

10 術後の社会復帰までをサポート
体への負担が少ない 食道がん胸腔鏡・腹腔鏡下手術

監修●大幸宏幸 国立がん研究センター東病院食道外科科長

食道がんは早い段階からリンパ節転移を起こしやすい。そのため手術では食道の切除に加え、頸部、胸部、腹部に及ぶリンパ節を取り除く必要があり、体への負担が大きい。そこで、患者さんの社会復帰までを見据え、開胸・開腹よりも傷や痛みの少ない「胸腔鏡・腹腔鏡下手術」が注目されている。

医療

凄腕の医療人
世界中が待望していた〝首に手術痕が残らない甲状腺内視鏡手術〟を開発

凄腕の医療人●清水一雄 日本医科大学名誉教授・医療法人金地病院名誉院長

喉ぼとけの下方に位置する甲状腺のがんは女性に多い。治療の中心は手術だが、首筋を横断するように残る手術痕が、取り分け女性患者や子供たちを悩ませてきた。そんな中、日本医科大学名誉教授(現医療法人金地病院名誉院長)の清水一雄さんは頸部にほとんど傷跡のない内視鏡手術を確立した。治癒率も通常手術と遜色はない。今、その内視鏡手術は内外で普及しつつある。

がんのチーム医療・施設訪問
多職種で移植の様々な局面をカバー 退院後のフォローアップも大切に

●国立がん研究センター中央病院造血幹細胞移植科チーム(東京都中央区)

血液がんにおいて、造血幹細胞移植は最後の砦だ。しかし、完治が期待できる一方で、リスクも高い。大量の化学療法で副作用に悩まされ、移植後にはつらい合併症などに苦労するケースも多い。国立がん研究センター中央病院では、広汎な職種によるチーム医療を取り入れ、細やかな対応を目指している。

がん看護専門看護師山田みつぎの 副作用はこうして乗り切ろう!
3 抗がん薬治療中のしびれ

監修●山田みつぎ 千葉県がんセンター看護局通院化学療法室看護師長

抗がん薬治療をやめたくないから、医師にしびれがつらいと言えない……そんな葛藤を抱えていませんか?特効薬はなくとも、方法はあります。まずは伝えてください。大切なのは、自分らしい毎日を生きることです。

患者のためのがんの薬事典
ジェムザール(一般名:ゲムシタビン)/ブリプラチン・ランダ(一般名:シスプラチン)胆道がんのGC療法

監修●林 和彦 東京女子医科大学がんセンター長/化学療法・緩和ケア科教授

胆道がんの化学療法では、有効な治療法がわずかしかありません。標準治療は、ジェムザールとシスプラチンを併用するGC療法。GC療法は肺がんの治療でも用いられますが、胆道がんのGC療法は、シスプラチンの投与量が少なく、それを分割投与するのが特徴。そのため副作用が軽く、無理なく継続することができます。この併用療法以外に、TS-1も治療薬として承認されています。現在、ジェムザールとTS-1を併用するGS療法を、GC療法と比較する臨床試験が進行中です。

対談

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
「ナノマシン」が体内を循環し、診断・治療することができるように

●片岡一則さん(東京大学大学院工学系研究科教授)(後編)

がん治療における〝超新薬〟とも言うべき「ナノマシン」開発のリーダー、東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻教授の片岡一則さんに、鎌田さんが前号に引き続き、「ナノマシン」の将来展望について掘り下げた。驚いたことに、「ナノマシン」はがん治療のみならず、再生医療、認知症、動脈硬化などにも大きく貢献するという――。

生き方

私の生きる道 行司は声が命。命が助かっても、手術で声を失ったらおしまいなんです

2008年に食道がんの手術を経験した立行司第37代木村庄之助さん(65歳)

今年(2015年)3月、大相撲春場所・千秋楽の結びの一番は白鵬と日馬富士の横綱同士の対戦となった。両者を裁くのはこの日限りで50年の行司人生に終止符を打つ第37代木村庄之助である。「番数も、取り進みましたるところ。かたや、白鵬、白鵬。こなた、日馬富士、日馬富士。この相撲一番にて、千秋楽にござりまする」大相撲ファンに愛されたこの威厳に満ちた声は7年前に大きな危機にさらされる。食道がんが見つかり、まともに声を出せなくなるリスクが生じたのである。

がん闘病記 1 いつも誰かが助けてくれた 4

●伊藤充子さん(元塾講師)

心室細動、肺がん、夫の肺がん死、そして乳がん。あんまりじゃないの

患者サポート

がん相談 肝細胞がん・子宮がん・甲状腺がん

肝細胞がん●回答者:小池幸宏・関東中央病院消化器内科部長

子宮がん●回答者:織田克利・東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座生殖腫瘍学准教授

甲状腺がん●回答者:杉谷 巌・日本医科大学付属病院内分泌外科部長

症状別おすすめ・レシピ (2)貧血の方の鉄分強化メニュー

レシピ・料理製作●渡邊太一 国立がん研究センター東病院栄養管理室 管理栄養士

がん患者さんの中には、治療の影響や食事量の低下などが原因で貧血になる方がいます。鉄欠乏性貧血の場合は鉄分を多く含む食事を心がけましょう。

わたしの町の在宅クリニック
最期まで「生き切る」ことのお手伝いをしていきたい

●出水クリニック

出水 明さんが院長を務める出水クリニック(大阪府岸和田市)は、外来診療と並行して在宅診療を行っている。慣れ親しんだ家の中では患者さんではなく、家族として自分が果たす役割があり、それが結果的に患者さんが最期まで「生き切る」ことにつながるのではないか――。出水さんはそのためのお手伝いをしていきたいと話す。

聞いて! 私たち患者の声
スキルス胃がん患者さんだけでなく 正確な診断のためにも

●NPO法人 希望の会

2年前の2013年に健康診断を受けた轟さんは、病院から電話で呼び出され、スキルス胃がんのⅣ期で、手術はできませんと告げられた。情報を探すうち、スキルス胃がんの患者会がないことに気がつきます。そこで、昨年10月、患者会「希望の会」を立ち上げました。今年3月にはNPO法人化され、活動の幅を広げています。

がん哲学外来 今月の言葉「がんになっても与える喜びはある」

●樋野興夫・順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授

夫の行く末が不安で仕方ない(S・I さん、主婦 62歳)

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート5月 掲載記事更新!