がんサポート2015年12月号

がんと併存症特集

1 がん併存疾患の基礎知識 人口高齢化に伴い罹患者数が増加
がん治療に支障を来すケースも 併存疾患を見極めた治療法の選択が重要に

監修●渡邊清高 帝京大学医学部内科学講座腫瘍内科准教授

人口の高齢化に伴い、がん患者の平均年齢も高くなり、多くのがん患者が、がんと診断された際に糖尿病などがん以外の病気、つまり併存疾患(併存症)を持っていることが明らかになっている。併存疾患はがん治療の効果、副作用などの面で大きな影響を及ぼすことになるため、併存疾患を持つ人にはより慎重な対応が必要となってくる。

併存疾患別のがん治療への影響については各論で詳細が紹介されるので、ここではわが国におけるがん患者の動向(発症率、死亡率などの推移)、併存疾患の種類、がん治療との関係などについて、その概要を国立がん研究センターなどでがん対策に取り組み、現在がん診療の現場で携わっている帝京大学医学部内科学講座腫瘍内科准教授の渡邊清高さんに伺った。

2 高齢がん患者の機能評価 臨床研究を積み重ねることが急務
高齢がん患者の治療選択に役立つ包括的な機能評価ツール

監修●長島文夫 杏林大学医学部内科学腫瘍内科准教授

日本のがん罹患者の65歳以上の割合は約3分の2。併存疾患を抱えていたり、生理的・精神的な機能の低下が見られる高齢者も多く、標準的ながん治療を行うかどうかの見極めは重要だ。そのため、高齢がん患者に対し、リスクを評価して治療法を選択していく必要性が高まっている。高齢期のがん治療の現状と対策、高齢がん患者の機能評価などについて、専門医に伺った。

3 循環器疾患を併存するがん患者への対応
心疾患をしっかりケアしてがん治療 手術や化学療法を乗り越えるカギとなる

監修●志賀太郎 がん研究会有明病院総合診療部循環器内科医長

心臓や血管など循環器に疾患を併発する患者は多い。がんになる前からの病気が顕在化したり、がん治療の副作用で起こってしまったりとその形態は様々だ。循環器診療とがん診療との連携を強めようという動きも出てきている。循環器疾患を併発する症例への対応について専門家に伺った。

4 糖尿病を併存するがん患者への対応
血糖を上手くコントロールしながら がん治療を進めていくことがカギ

監修●納 啓一郎 国立がん研究センター中央病院総合内科医長

日本人の2人に1人ががんに罹る時代、高齢化社会の進行と糖尿病患者数の増加とが相まって、糖尿病とがんを併発する患者数は増加の一途をたどっている。では、実際に糖尿病を患っているがん患者の治療はどのように進めていくべきなのか。高血糖を来してしまう薬剤の存在、食欲不振時の対応などについては、患者もぜひ知っておきたいところだ。

5 肺疾患を併存するがん患者への対応
長引く咳は慢性閉塞性肺疾患(COPD)を疑うことが重要

監修●滝口裕一 千葉大学大学院医学研究院先端化学療法学/医学部付属病院臨床腫瘍部教授

肺疾患の中でも潜在患者が530万人以上と推測されている慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、喫煙歴が深く関係している病気。高齢者になるほど有病率が高く、COPDを併存していても気づいていないがん患者が少なくないという。COPDの症状や治療法、がん治療への影響や治療中に注意することなどについてレポートする。

6 腎疾患を併存するがん患者への対応
定期的なスクリーニングが重要 透析患者の腎がん治療

監修●中澤速和 東京女子医科大学東医療センター泌尿器科臨床教授

透析治療を受けている患者は腎がんの発症頻度が高くなることが知られている。透析期間が長くなると発症リスクはさらに高まり、他臓器に転移している場合は予後が非常に悪い。早期発見のための定期的な検査が欠かせない。

7 肝疾患を併存するがん患者への対応
肝機能改善によりがん治療が可能に――肝炎などによる治療不能例

監修●持田 智 埼玉医科大学教授/消化器内科・肝臓内科診療部長

慢性肝炎や肝硬変など、肝疾患を抱えたままがんになる人が少なくないが、肝機能が著しく低下していると、がんの手術や化学療法が十分にできないことがある。しかし、肝疾患に対する治療が進歩して、かつては「治らない病気」といわれた肝硬変も治せる時代となり、肝疾患を上手にコントロールしながらのがんの治療が可能になっている。

8 認知症を併存するがん患者への対応
まず、本人の意向を大切に!認知症患者のがん治療

監修●小川朝生 国立がん研究センター東病院精神腫瘍科長/先進医療開発センター精神腫瘍学開発分野長

高齢のがん患者が増えているのに伴い、認知症を併存している患者も増加している。認知症を併存している場合、家族や医療者は患者の意思決定をどのようにサポートしていけばよいのだろう。また治療にはどのような問題があり、家族はどう対応したらよいのだろうか。がん患者の認知症の現状と課題についてレポートする。

9 米国のがん患者における併存疾患の有病率と重症度別の生存率
【コラム】データからみた、がん患者における併存疾患の有病率

文●「がんサポート」編集部

特集1 併存疾患の基礎知識においても述べられているように、わが国においては「がん登録」のより充実した整備が進められているものの、残念ながら「がん患者における併存疾患の罹患動向」に関しては、具体的な数字(有病者数、生存率など)が得られていないのが現状だ。既存のデータから併存疾患の有病者数(率)を算出する試みもなされているが、如何せん現在実施されている「がん登録」では、登録項目に「併存疾患」が存在しないため、十分な成果が得られていない。そこで、人種や医療体制などは異なるが、米国で65歳以上の高齢者における併存疾患の有病者数(率)などを示したレポートがあるので紹介する。

「がん患者における併存疾患の動向」を具体的数字で示すことにより、今後、高齢化に伴いわが国でも大きな問題になると思われる「がん患者における併存疾患」への理解を深める一助としたい。

医療

凄腕の医療人 チーム一丸となって肺がんの攻略に取り組む

●鈴木健司 順天堂大学医学部呼吸器外科学講座主任教授

肺がん治療の最前線で20年。幾多の研鑽を重ねながら、数々の患者と出会い、早期肺がんの縮小手術から、根治が見込めずとも、人生の総決算を穏やかに過ごしてもらうための救済手術まで、常に患者本位の医療を実践してきた。そして、臨床、研究、教育にわたり、肺がんを攻略するためにチーム一丸となって取り組み続ける、順天堂大学医学部呼吸器外科教授の鈴木健司さんに、治療に対する信念、率いるチームのポリシーなどについて聞いた。

がんのチーム医療・施設訪問 社会復帰までが医療の責任 退院してからもしっかりフォローアップ

●国立がん研究センター東病院 食道外科チーム(千葉県柏市)

数多いがんの種類の中でも食道がんは手術が大掛かりになるため、退院後も違和感や悩みを持つ患者さんが多い。多職種の医療関係者がそれぞれの専門的立場から、術前には不安を和らげ、術後も丁寧な生活指導・相談することが必要だ。国立がん研究センター東病院の食道外科チームでは、「食道がん患者教室」などを開いて、患者さんの社会生活復帰までを見据えた取り組みを目指している。

がん看護専門看護師山田みつぎの 副作用はこうして乗り切ろう! 8 抗がん薬治療中の便秘

監修●山田みつぎ 千葉県がんセンター看護局通院化学療法室看護師長

抗がん薬の副作用としての便秘は、様々な原因によって起こります。誰でも悩まされる便秘だからこそ、予防策と薬をうまく使って、できるだけ回避したいものです。

患者のためのがんの薬事典 新たな選択肢も登場 閉経前ホルモン受容体陽性乳がんの治療薬

監修●荒木和浩 がん研有明病院乳腺センター乳腺内科医長

「ホルモン受容体陽性(ER+)乳がん」とは、女性ホルモンのエストロゲンの刺激によって増殖する乳がんのことです。「ホルモン感受性乳がん」や「ホルモン依存性乳がん」などとも呼ばれます。閉経前のホルモン受容体陽性乳がんは、ノルバデックスの5年間投与が標準治療ですが、リスクによって抗がん薬やLH-RHアゴニスト(作動薬)の併用も可能とされています。併用するべき条件とは何か、そして新たな治療の選択肢についても整理しました。

対談

鎌田實の「がんばらない&あきらめない」対談
植物の生きる力が患者さんに希望を与えている

患者・ボランティア編●諏訪中央病院(長野県茅野市)

初秋のさわやかな風が吹きわたる、長野県茅野市の諏訪中央病院――。「がんばらない&あきらめない対談」のホスト役、鎌田實さんはこの病院の名誉院長である。この日は、この対談の特別版として、鎌田さんに緩和ケア病棟を案内してもらいながら、そこに関わるボランティアや患者さん、医師らと語り合ってもらった。題して「鎌田實の諏訪中央病院へようこそ!」その患者・ボランティア編をお届けする――。

生き方

私の生きる道 声を失う位なら、手術せずに行ける所まで行こうと思いました

●2012年にⅣ(IV)期の甲状腺がんが見つかった河内音頭・河内家菊水丸さん(52歳)

甲状腺がんの中でも最も多い甲状腺乳頭がんは、進行の遅い大人しいがんだが、声が命である河内家菊水丸さんにとって、これほどまでに深刻なものはなかった。手術で声を失う可能性があるからだ。治療を優先するか、治療せずに河内音頭を歌い続けるか――。菊水丸さんは苦渋の選択を迫られることになった。

がん闘病記 3 「再発乳がんと付き合っていくしかない」 2

●野田澤郁子さん(主婦)

90歳近い認知症の両親を介護しながら再発乳がん闘病生活全記録

患者サポート

がん相談 大腸がん/胃がん/乳がん

大腸がん●回答者:大矢雅敏・獨協医科大学越谷病院外科教授

胃がん●回答者:山口俊晴・がん研有明病院長

乳がん●回答者:上野貴史・板橋中央総合病院外科医師

症状別おすすめ・レシピ (7)吐き気・嘔吐のある方の食事

レシピ・料理製作●渡邊太一 国立がん研究センター東病院栄養管理室 管理栄養士

吐き気や嘔吐のある方は、口当たりや喉ごしがよい食材、料理を試してください。ごはん、肉、根菜などはさわやかな風味を使い、やわらかく調理すると食べやすくなります。

わたしの町の在宅クリニック 20 化学療法や緩和ケアにも精通した在宅クリニック

●すみれホームケアクリニック

腫瘍内科医として大学病院でがん患者を診ていた市場保さんが、
在宅医療中心のクリニック「すみれホームケアクリニック」(東京都練馬区)を開設したのは2014年11月。現在患者数は約30人で、そのうちがん患者は5~10人程。ここでは、患者の希望があればホルモン療法や骨転移治療を行いながら在宅で過ごすサポートを行っている。

患者会レポート 最後まで自分らしく生きたい 患者さんが緩和ケア冊子を作成

文●池谷光江

池谷光江さんと前田典子さんの2人の乳がん患者さんが、自分たちはこんな緩和ケア情報が欲しいと患者目線の「緩和ケア冊子」を企画。後に続く患者さんのためにも、実用的な冊子が欲しいと、2人は1年をかけて自費で、2015年秋、完成させました。

がん哲学外来 今月の言葉「些細な出来事が宝石のように美しく感じられる」

●樋野興夫・順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授

苦労をかけた父親に報いたい(K・F さん、主婦 38歳)

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート11月 掲載記事更新!