ログインしていません!

小児がん医療の精度を高めるDNAシークエンシング/米国国立衛生研究所(NIH)ニュース

小児がん医療の精度を高めるDNAシークエンシング/米国国立衛生研究所(NIH)ニュース

2016年2月9日 フランシス・コリンズ博士

過去数十年間になされたがんの基礎研究における発見は、驚嘆するほどの数に上る。なかでも、がんがゲノムの病気であるという認識が得られたことはきわめて意義深い。がんはDNAに生じる多種多様な変化によって引き起こされるのである。DNAに起きる変化のうち、一部は全身の細胞に影響する生殖細胞変異だが、頻度の高い変化は個々の細胞に生涯にわたって生じるもので、「体細胞変異」と呼ばれる。がんゲノムのシークエンシング技術〔DNAの塩基配列を解読する技術〕が進歩した結果、実質的にすべてのがんがそれぞれ固有の一連の変異を保持していることがわかってきている。ほとんどの変異は瑣末なDNAの複製エラー(いわゆる「パッセンジャー変異」)だが、まれに細胞増殖の制御にかかわる遺伝子に変異が生じてがんの原因となる(いわゆる「ドライバー変異」)。がんの治療では、腫瘍ができた臓器を特定するよりも、腫瘍にどういったドライバー変異が存在しているかを突き止めることのほうがはるかに重要だと考えられるようになってきている。そして新しい研究が示すように、このアプローチにはがんの幼い犠牲者たちを救う力すらあるようである。

NIH(米国国立衛生研究所)から資金提供を受けたある研究チームは、新たにがんと診断された多くの子供の腫瘍サンプルと血液サンプルをゲノム解析技術で解析し、診断の精緻化や、遺伝的ながんの罹りやすさの評価、40%近くの小児がん患者の治療方針の決定に役立つ可能性のある、遺伝子レベルの手がかりを見出した。ドライバー変異だと見込まれる変異が、これまで小児がんだけに関連づけられていた遺伝子だけでなく、成人がんに関連づけられている遺伝子をも含むさまざまな遺伝子に存在していた。新規で高精度な小児がんの治療戦略を開発するためにゲノム解析をどう応用するかを見出すには、さらに研究を重ねる必要がある。しかし今回の研究は、NIHが推進しようとしている種類の研究の絶好の見本となった。NIHは、最近大統領によって発表され副大統領が主導する、がんに対する国を挙げた新たな挑戦である研究イニシアチブを推し進めている。

一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ ~がん医療の向上を目ざす有志の翻訳グループ~

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!