暮らし

マインドフルネス・ヨガ:それでいいのだ! 第23回 正しく恐れることの難しさ <半達人座>

2020年4月

もりかわ なちこ こころとからだクリニカセンター所長。カウンセラー・ヨガ指導家。心療内科と提携し、カウンセリングを中心に、ヨガ、リラクセーション、瞑想を取り入れた療法で、心と体のサポートに取り組む。『なんにもしたくない!』(すばる舎)『リラックスヨガ』(成美堂出版)『心がラクがずっと続くヒント』(青春出版社)など著書多数 家にはあと1ロールしかトイレットペーパーがないと気づいて、ドラックストアに行...

詳細はこちら

編集部の本棚 2020/2Q

2020年4月

親子で考える「がん」予習ノート一石英一郎著 角川新書 900円(税別) 親子で考える「がん」予習ノート (角川新書) [ 一石英一郎 ] がんはすでに日本国民にとって身近な病気にもかかわらず、がん=死のイメージは固定化されてしまい、残念ながら日本人のがんリテラシーは世界のなかでもとても低いと言われている。そこで子どものときからがんについて教えることが重要だとして、2020年度からまず小学生への「...

詳細はこちら

マインドフルネス・ヨガ:それでいいのだ! 第22回 「こころここ」でよくない? <吉祥座>

2020年3月

もりかわ なちこ こころとからだクリニカセンター所長。カウンセラー・ヨガ指導家。心療内科と提携し、カウンセリングを中心に、ヨガ、リラクセーション、瞑想を取り入れた療法で、心と体のサポートに取り組む。『なんにもしたくない!』(すばる舎)『リラックスヨガ』(成美堂出版)『心がラクがずっと続くヒント』(青春出版社)など著書多数 小久保美保子さんのことを書こうと思う。作家、橋本治さんが昨年(2019年)1...

詳細はこちら

腸内細菌、歯周病菌が大腸がんの進行にも関与⁉︎ 大腸がん再発予防は善玉菌を減らさない食事とリズム感ある生活で

2020年3月

「大腸がんを防ぐのは口元から、悪玉の歯周病菌を腸内から減らすためにも」と語る佐藤信紘さん がんになりにくい食習慣としては食物繊維をとる、赤身の肉を減らす、節酒をするなどが薦められている。これらは大腸がん治療後にも重要と考えられている。また最近では、腸内の善玉菌を減らさないことや、腸内でも悪玉菌として働く歯周病菌も、がんの進行に関わっていると考えられている。さらに、善玉菌の代表であるビフィズス菌はみ...

詳細はこちら

マインドフルネス・ヨガ:それでいいのだ! 第21回 「ため息」でマインドフルネス② <仰臥で行うヤシの木のポーズ>

2020年2月

もりかわ なちこ こころとからだクリニカセンター所長。カウンセラー・ヨガ指導家。心療内科と提携し、カウンセリングを中心に、ヨガ、リラクセーション、瞑想を取り入れた療法で、心と体のサポートに取り組む。『なんにもしたくない!』(すばる舎)『リラックスヨガ』(成美堂出版)『心がラクがずっと続くヒント』(青春出版社)など著書多数 前号「ため息」でマインドフルネス①では、どちらかというとネガティブ・イメージ...

詳細はこちら

がん患者でも加入できる? 「外貨建て保険」のメリットとデメリット

2020年1月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/ 近年、銀行の窓販や生命保険会社で販売額が急増しているのが「外貨建て保険」です。がん患者さんの中には、パンフレットやチラシを見たり、商品を勧められたりしたことがある方もいる...

詳細はこちら

マインドフルネス・ヨガ:それでいいのだ! 第20回 「ため息」でマインドフルネス① <イスで行うヤシの木のポーズ>

2020年1月

もりかわ なちこ こころとからだクリニカセンター所長。カウンセラー・ヨガ指導家。心療内科と提携し、カウンセリングを中心に、ヨガ、リラクセーション、瞑想を取り入れた療法で、心と体のサポートに取り組む。『なんにもしたくない!』(すばる舎)『リラックスヨガ』(成美堂出版)『心がラクがずっと続くヒント』(青春出版社)など著書多数 ほとんどの時間、私たちは自分の呼吸を意識しないで生活しています。しかし、呼吸...

詳細はこちら

がん経験者でも加入できる? 引受基準緩和型医療保険の新商品が続々登場

2019年12月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/ がんに罹患して、お金に苦労したがん経験者であれば誰しも思ったことでしょう。「もっと保険に入っておけば良かった」と。筆者が行う患者さん向けセミナーでも、がん経験者でも加入で...

詳細はこちら

マインドフルネス・ヨガ:それでいいのだ! 第19回 温める・温まる <ねじりのポーズ>

2019年12月

もりかわ なちこ こころとからだクリニカセンター所長。カウンセラー・ヨガ指導家。心療内科と提携し、カウンセリングを中心に、ヨガ、リラクセーション、瞑想を取り入れた療法で、心と体のサポートに取り組む。『なんにもしたくない!』(すばる舎)『リラックスヨガ』(成美堂出版)『心がラクがずっと続くヒント』(青春出版社)など著書多数 温かさが嬉しい季節になりました。ようやくです。ちょっとくらい涼しくなっても油...

詳細はこちら

不安や心配事は自分が作り出したもの いつでも自分に戻れるルーティンを見つけて落ち着くことから始めよう

2019年11月

たまおき みょうゆう 「スピリチュアルケアとは、患者さんが何かを見つけようとしているプロセスを全力で邪魔しないようにすることです」と語る玉置妙憂さん 大慈学苑看護師として医療現場で忙しい日々を送っていた玉置妙憂さんは、2012年、末期がんの夫を自宅で看取った。延命治療を拒んだ夫が強く望んだ自宅での「自然死」。樹木が少しずつ枯れて最後は土に戻るような〝美しい死〟を目の当たりにし、誘(いざな)われるよ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート4月 掲載記事更新!