ログインしていません!

暮らし

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.13 がん治療と膣トラブル

2017年8月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 女性特有のがんの中で、乳がんや子宮体がんでは女性ホルモン...

詳細はこちら

がん患者は「身体障害者手帳」をどう申請する?

2017年8月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/「身体障害者手帳」(以下、身障者手帳)は、身体障害者福祉法に基づき、身体に障害が残った場合、日常生活の不自由を補うために、様々な助成や支援を受けられるものです。〝障害〟と名...

詳細はこちら

「体で感じること、鏡で見てわかること」 <つりばりのポーズ>

2017年8月

もりかわ なちこ こころとからだクリニカセンター所長。カウンセラー・ヨガ指導家。心療内科と提携し、カウンセリングを中心に、ヨガ、リラクセーション、瞑想を取り入れた療法で、心と体のサポートに取り組む『。なんにもしたくない!』(すばる舎)、『リラックスヨガ』(成美堂出版) など著書多数。近著に『心がラクがずっと続くヒント』(青春出版社) 自分では顔をまっすぐ正面に向けているつもりでも、顔の正中線が左右...

詳細はこちら

編集部の本棚 2017/3Q

2017年7月

患者さん・ご家族・一般市民のための膵がん診療ガイドライン2016の解説編集:日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン改訂委員会発行:金原出版株式会社 1,800円(税別) 患者さん・ご家族・一般市民のための膵がん診療ガイドライン2016の解説 [ 日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン改訂委員会 ] 医師向けの『膵癌診療ガイドライン』が2016年に改訂されたことを受け、患者さんや家族向けに、ガイドラインの内容...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.12 意外と知らない褥瘡(床ずれ)の話

2017年7月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 みなさん「床ずれ」という言葉はご存じですよね。医学的には...

詳細はこちら

年金受給中に亡くなった場合の「未支給年金」はどうする?

2017年7月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/「偶数月には孫が来る」なんて川柳でも謳われるように、公的年金は、偶数月の15日に、前々月分と前月分の2か月分が支給される仕組みです。この「後払い」方式によって、いつの時点で...

詳細はこちら

「夏こそ、脚を冷やさない工夫」 <眠るシバ神のポーズ>

2017年7月

もりかわ なちこ こころとからだクリニカセンター所長。カウンセラー・ヨガ指導家。心療内科と提携し、カウンセリングを中心に、ヨガ、リラクセーション、瞑想を取り入れた療法で、心と体のサポートに取り組む『。なんにもしたくない!』(すばる舎)、『リラックスヨガ』(成美堂出版) など著書多数。近著に『心がラクがずっと続くヒント』(青春出版社) がんの術後や治療中は、冷房に対してより細やかに工夫することが必要...

詳細はこちら

編集部の本棚 2017/2Q

2017年6月

国がん中央病院がん攻略シリーズ 最先端治療 乳がん編著:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院 乳腺外科、乳腺・内分泌内科、他発行:法研 2,000円(税別) 最先端治療 乳がん [ 国立がん研究センター中央病院 乳腺外科、乳腺・腫瘍内科、他 ] 2015年の肺がんに続き、「国がん中央病院がん攻略シリーズ」の第2作目となる本書。構成としては、「乳がんの基礎知識」「乳がんに対する最新・近未来...

詳細はこちら

がんになっても快適に暮らすヒント Vol.11 美と癒しを支えるソシオエステティックをご存じですか?

2017年6月

やまざき たかこ 美容ジャーナリスト。2005年に乳がんが発覚。聖路加国際病院で毎月メイクセミナーの講師を務めるほか、がん治療中のメイクレッスンや外見サポートの重要性を各地で講演。女性の乳房の健康を応援する会「マンマチアー委員会」で毎月第3水曜日に銀座でセミナーを開催(予約不要、無料)動画にて、「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」を発信中 みなさんは「ソシオエステティック」という言葉を聞いたこと...

詳細はこちら

「ちょっと痛くても動かそう」 <ヤシの木のポーズ>

2017年6月

もりかわ なちこ こころとからだクリニカセンター所長。カウンセラー・ヨガ指導家。心療内科と提携し、カウンセリングを中心に、ヨガ、リラクセーション、瞑想を取り入れた療法で、心と体のサポートに取り組む『。なんにもしたくない!』(すばる舎)、『リラックスヨガ』(成美堂出版) など著書多数。近著に『心がラクがずっと続くヒント』(青春出版社) 身近な人が乳がんになって、改めて術後リハビリ体操の必要性と難しさ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート8月 掲載記事更新!