がん相談

悪性リンパ腫の疑いで経過観察中、治療しなくて大丈夫か

2024年3月

昨年(2023年)11月、頸部のリンパ節が腫れ、総合病院で悪性リンパ腫の疑いがあると診断されました。PET-CT検査の結果、左頸部と鎖骨下のリンパ節に腫瘍が確認されましたが、「生検を行うには十分な大きさではない」と言われ、経過観察になりました。治療を受けなくて大丈夫なのでしょうか。12年前から慢性関節リウマチを患っており、免疫抑制薬のメトトレキサートなどによる治療を受けていましたが、リンパ節腫脹を...

詳細はこちら

非ホジキンリンパ腫と診断され、経過観察と言われたが

2024年3月

昨年(2023年)10月、かかりつけ医で血液検査を受けたところ、「アルブミン/グルブリン比」が異常値だとわかり、がんセンターを紹介されました。精密検査の結果、免疫グロブリンM(IgM)の値が1dl当たり3,550㎎と基準値より極めて高いことがわかりました。骨髄検査やCT検査の結果、悪性リンパ腫の非ホジキンリンパ腫と診断されました。主治医からは「経過観察をしましょう」と言われていますが、治療しなくて...

詳細はこちら

多発性骨髄腫、抗がん薬治療は受けたくない

2024年3月

昨年(2023年)12月に腰痛がきっかけで、総合病院の血液内科で精密検査を受けたところ、多発性骨髄腫と診断されました。抗がん薬治療を勧められましたが、副作用が怖くてやりたくありません。どうしても、抗がん薬治療をしなくてはいけないのでしょうか。現在、貧血で輸血を受けており、3年前に脳出血を起こし、左半身に麻痺が残っています。 (73歳 男性 神奈川県) A 治療薬の選択肢も多い、抗がん薬治療を始めて...

詳細はこちら

閉経前なので術後化学療法を勧められているが

2024年2月

昨年(2023年)3月に乳がんと診断され5月に右乳房全摘と腋窩リンパ節切除を受けました。しこりの大きさは2㎝、リンパ節に2個の転移がありました。病理検査の結果、ホルモン受容体陽性、HER2陰性、組織グレード1、Ki67は20%。オンコタイプDXの再発リスクは8で、再発リスクは低いため術後化学療法はせず、ホルモン療法(リュープリン注射+タモキシフェン)を開始しました。しかし最近、主治医からまだ閉経前...

詳細はこちら

術後にBRCA遺伝子陽性と判明したが

2024年2月

2021年3月に左乳房に2.5㎝くらいのしこりが見つかり、4月からホルモン療法を開始しましたが、がんが大きくなり5月からアブラキサン(一般名nab-パクリタキセル)とアバスチン(一般名ベバシズマブ)の併用療法に切り替えました。しびれなどの副作用はありましたが、がんは縮小、2022年2月乳房温存術と腋窩リンパ節郭清術を受けました。乳房には0.3㎝のがんが残り、リンパ節転移が1個ありました。病理検査で...

詳細はこちら

術後の治療方針で悩みが

2024年2月

2022年8月、左乳房に1.7㎝のしこりが見つかり乳がん(ホルモン受容体陽性、HER2陽性)と診断され、術前化学療法としてハーセプチン+パージェタ+ドセタキセルの3剤併用療法を4コース受けた後、FEC療法を4コース受けました。その後、左乳房部分切除術とセンチネルリンパ節生検を受けました。しこりは小さくなっていましたが、少し残っていました。リンパ節転移はありませんでした。術後化学療法としてパージェタ...

詳細はこちら

膀胱全摘手術はしたくない

2024年1月

膀胱がんと診断され、膀胱全摘手術を勧められました。しかし、人工膀胱ではQOL(生活の質)が低下してしまうので、膀胱全摘手術はしたくありません。また全摘しても再発の可能性はあるといわれているので、それならこのまま生きられるとこまで生きたいと思っていますが、私の考えは間違っているでしょうか。 (68歳 男性 東京都) A 再発率の低い4者膀胱温存療法の選択が がん・感染症センター都立駒込病院腎泌尿器外...

詳細はこちら

膀胱がん、キイトルーダの効果がなくパドセブを勧められているが

2024年1月

膀胱がんで3度手術を行い、2022年10月から免疫チェックポイント阻害薬のキイトルーダを半年投与しました。しかし、キイトルーダの効果はほとんどなく、主治医から次の治療としてパドセブを勧められています。これはどんな薬で副作用はどうなのでしょうか。またこの薬の効果がなくなった場合、次の治療法はあるのでしょうか。 (65歳 男性 神奈川県) A パドセブは50%弱の高い奏効率 がん・感染症センター都立駒...

詳細はこちら

前立腺がん、手術することに抵抗があるが

2024年1月

3年前に前立腺がんと診断されました。手術することに抵抗があり、現在経過観察中です。年齢も年齢なのでこのまま経過観察を続けたいと思っていますが、どんなものでしょうか。現在のPSA値は6.5くらいが続いています。 (71歳 男性 神奈川県) A いまのところPSA監視療法で問題はないが がん・感染症センター都立駒込病院腎泌尿器外科部長の古賀文隆さん 相談者は低リスク、または低リスクよりの中間リスクの早...

詳細はこちら

イレッサからタグリッソに変更されたが

2023年12月

2017年、腰痛治療のX線検査で異常が見つかりました。精密検査の結果、肺がんの骨転移でステージⅣと診断されました。イレッサを5年間投与されたのですが、効果がなくなりタグリッソに変更になりました。これは適切な治療なのでしょうか。また今後の治療はどうすればいいのでしょうか。 (78歳 女性 栃木県) A タグリッソ変更は適切な処置 日本医科大学呼吸ケアクリニック臨床腫瘍部門長/副所長の久保田さん イレ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート3月 掲載記事更新!