ログインしていません!
  1. ホーム > 
  2. 連載

連載

腫瘍内科医のひとりごと 77 「先生! 歩けたよ!」

2017年5月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 「先生、今日はいい知らせがあります」F病院のS医師が、にこにこして私の診察室に来ました。「先月ご相談したTさん(65歳)が歩けるようになって、K病院を退院されるそうです。肺がんで脊椎(せきつい)...

詳細はこちら

がん哲学「樋野に訊け」 10 今月の言葉「空の上から自分を見つめ直す」

2017年5月

がんになって自分が小さな人間になってしまったJ・Tさん 50歳男性/会社員/大阪府 Q 3カ月ほど前に前立腺がんが見つかりました。幸い、症状は軽微で、治療も手術の必要はなく、放射線治療とホルモン療法で治癒を目指せそうです。ただ、がんとは別に悩んでいることがあります。それはがんになったことによる自分自身の変化です。がんという病気になって、自分という人間が何だかとても萎縮してしまったような気がするので...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 31 「憂鬱なときの過ごし方」

2017年5月

今でも1日のうち4〜5時間は、腹痛を伴う生活が続いています。何日かおきに、腹痛が半日以上続くときもあります。僕が痛みに鈍いせいか「鈍痛」という表現がぴったり、そんな感じです。腹痛が始まるとよく下痢も伴うので、しょっちゅうトイレに行くはめに陥ります。夜に腹痛が起こっても寝ますが、途中で何度もトイレに行くために起きなければならず、寝不足で始終ぼーっとした感じです。このような生活は、4年前にゼローダ治療...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 76 「高倉健さんに似たAさんと桜」

2017年4月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Aさん(85歳男性)は6年前に肝臓がんの手術を受け、その後ひとり暮らしでした。今回は食事が摂れなくなり、ある病院に入院しました。超音波の検査で肝臓に大きな腫瘍が見つかりましたが、本人は「それ以上...

詳細はこちら

がん哲学「樋野に訊け」 9 今月の言葉「人は常に分かれ道に立っている」

2017年4月

仕事も楽しみも犠牲にしたのに、がんになってしまったS・Gさん 48歳男性/会社員/東京都 Q 昨年(2016年)の10月、会社の定期検診で肺がんが見つかりました。幸い、がんはごく微小で、内視鏡手術で切除することができました。でも、だからといって私の心は晴れません。というのは私には納得できないことがあるのです。それはなぜ私ががんになったのか、ということです。私の家系はいわゆるがん家系ではなく、私自身...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 30 「医療大麻の健康保険適用」

2017年4月

2017年1月、ドイツでは医療大麻に健康保険の適用が決まりました。以前から、医療に大麻を使用することは認められていましたが、その費用は全額患者負担となっていて、それが一部の患者間で問題になっていました。癲癇(てんかん)の患者さんたちの多くが、医療大麻で発作が治まるとして服用しているのですが、多くの癲癇患者さんは高給な職業につけず、自己負担では月額数万円以上になる医療大麻の費用を払え切れないようでし...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 75 「人生観変わる?」

2017年3月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Oさん(80歳男性、元肉屋さん)はお酒が飲めない体質でしたが、たばことコーラが大好きでした。若いころから、「一生懸命働いて、いっぱい食べて、短命でいい。食べて満腹になっているのが幸せだ」「俺は太...

詳細はこちら

がん哲学「樋野に訊け」 8 今月の言葉「雨は誰にでも降る、大切なのはその時にどう対応するか」

2017年3月

残された時間を好きなように生きたいM・Iさん 55歳男性/会社役員/神奈川県 Q 3年前に早期の肺がんが見つかり、内視鏡による切除手術を受けました。その後、定期的に検査を受けてきましたが、異常が見つかることはありませんでした。それで、この分なら大丈夫かもしれないと、考え始めた矢先に異変が起こりました。3カ月前に腰に痛みが起こり、もしやと思って、検査を受けたところ、肺がんの骨転移が見つかったのです。...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 29 「R.Y.S 設立5周年記念パーティ」

2017年3月

2017年1月30日。月曜日の夕方、以前17年間住んでいたミュンヘン・シュバービングという旧繁華街の老舗のレストランで、「R.Y.S」設立5周年記念パーティが開かれました。この団体の〝専属バンド〟とも呼ばれている僕のバンドInksが、パーティを盛り上げるために演奏しました。「R.Y.S」にいろんな形で参加したり、援助した人たちが大勢集まり、パーティは始まりました。それぞれの胸にはいろいろな思いが湧...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 74 「必ず治る、絶対治る」

2017年2月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Aさん(53歳男性)は、ある病院で内視鏡検査後、説明を受けました。「食道にがんがあります。小さい初期のようにみえます。しかし、食道がんの場合は、このように小さくても遠くに転移していることがありま...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート5月 掲載記事更新!