ログインしていません!
  1. ホーム > 
  2. 連載

連載

腫瘍内科医のひとりごと 75 「人生観変わる?」

2017年3月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Oさん(80歳男性、元肉屋さん)はお酒が飲めない体質でしたが、たばことコーラが大好きでした。若いころから、「一生懸命働いて、いっぱい食べて、短命でいい。食べて満腹になっているのが幸せだ」「俺は太...

詳細はこちら

がん哲学「樋野に訊け」 8 今月の言葉「雨は誰にでも降る、大切なのはその時にどう対応するか」

2017年3月

残された時間を好きなように生きたいM・Iさん 55歳男性/会社役員/神奈川県 Q 3年前に早期の肺がんが見つかり、内視鏡による切除手術を受けました。その後、定期的に検査を受けてきましたが、異常が見つかることはありませんでした。それで、この分なら大丈夫かもしれないと、考え始めた矢先に異変が起こりました。3カ月前に腰に痛みが起こり、もしやと思って、検査を受けたところ、肺がんの骨転移が見つかったのです。...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 29 「R.Y.S 設立5周年記念パーティ」

2017年3月

2017年1月30日。月曜日の夕方、以前17年間住んでいたミュンヘン・シュバービングという旧繁華街の老舗のレストランで、「R.Y.S」設立5周年記念パーティが開かれました。この団体の〝専属バンド〟とも呼ばれている僕のバンドInksが、パーティを盛り上げるために演奏しました。「R.Y.S」にいろんな形で参加したり、援助した人たちが大勢集まり、パーティは始まりました。それぞれの胸にはいろいろな思いが湧...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 74 「必ず治る、絶対治る」

2017年2月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Aさん(53歳男性)は、ある病院で内視鏡検査後、説明を受けました。「食道にがんがあります。小さい初期のようにみえます。しかし、食道がんの場合は、このように小さくても遠くに転移していることがありま...

詳細はこちら

がん哲学「樋野に訊け」 7 今月の言葉「to do から to be へ」

2017年2月

以前のように働けなくなり、退職を考え始めたT・Yさん 52歳男性/会社員/東京都 Q 1年前に直腸がんが見つかり、切除手術を受けました。幸い手術はうまくいったのですが、それ以来、ストーマの装着を余儀なくされています。以前と比べると、ストーマも改良の手が加えられ、使い勝手がよくなったといわれます。しかし、頻繁にトイレに行かなければならない現実は変わらないし、やはり、臭いのことも気になります。そんなこ...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 28 「ジルヴェスター(大晦日)」

2017年2月

ドイツのクリスマス休暇は、12月24日の午後から始まり26日までが公式の祭日です。その後の大晦日まではレームダック化してしまい、もう今年は終わったという気にさせられます。12月の22、23日が土日の年などは、3日間の有給休暇を取るだけで10日間の長期休暇になります。とくに子持ちの人たちは優先して有給休暇が取れるようになっているせいか、街が少し寂しい感じがしてきます。とは言え、もう終わったような気に...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 73 「ステージ4は末期がんか?」

2017年1月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Aさん(当時48歳/男性)はある鉄道会社に20年以上勤務し、健康で病院に行くことはありませんでした。1カ月ほど前から下痢、便秘、腹痛などの症状を繰り返し、B病院を受診し、検査の結果、大腸がんで肝...

詳細はこちら

がん哲学「樋野に訊け」 6 今月の言葉「『1人でも全宇宙を動かせる』という気概を持つ」

2017年1月

それが本来の役割であれば、何ごとも成就できる子や孫に自分の人生を伝えたいY・Dさん 78歳男性/神奈川県 Q 2016年9月に肺がんが見つかり、脳にも転移の兆しがあることが判明しました。私自身はすでに喜寿を過ぎたこともあってか、来るべきものが来たという心境で、さほどのショックも落胆もありません。そのため医師から勧められた手術も断りました。がんになったことを天命と受け止め、どれだけ残っているかはわか...

詳細はこちら

ドイツがん患者REPORT 27 「アドヴェント(Advent)」

2017年1月

「もう、いくつ寝ると、お正月……」 師走になれば、やたらと気せわしい気分になって、「はやく来い来い お正月」と、童謡の歌詞のように毎日願っていたことを、この季節になると思い出します。僕の住むドイツでは、お正月ではなくって、クリスマスが最大のイベントです。子供はもちろんのこと、 大人もプレゼントやクリスマスの準備に追われて多忙ながらも、クリスマスが来るのをうきうきと待ち望んでいるように見えます。日本...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 72 「がん人生の充実」

2016年12月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Kさん(肺がん・73歳女性)はある大学病院で肺の手術を受けた1年半後、がんは両肺に再発しました。分子標的薬の内服で、がんの影は小さくなり、咳などの症状は消えて元気になりました。その頃のKさんから...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート3月 掲載記事更新!