各種がん

白血病

造血幹細胞移植を受けるにあたって知っておくべきこと 造血幹細胞移植―適応は、移植時期は、どの方法でやれば最善の選択か

2008年9月

大阪府立成人病センター 血液・化学療法科副部長の 石川淳さん 私たちの体の中を流れている血液は全て骨髄の中に存在する造血幹細胞によってつくられている。急性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病などの血液のがんに罹っている患者さんにとって造血幹細胞移植はいわば最後の選択ともいえる。 では、その選択をいつどのような方法でするのが最善なのか、また、移植にあたっての副作用、移植後の問題点など、大阪府立成人病...

詳細はこちら

さい帯血移植の普及が白血病患者さんに治癒への希望を与えている さい帯血移植は骨髄移植と同程度の治療成績になってきた

2008年9月

虎の門病院血液科部長の 谷口修一さん 日本では毎年約6000人が白血病などにかかっており、そのうち約2000人が造血幹細胞移植を必要としている。 しかし、骨髄移植を希望しても高齢などの理由で移植を受けられない患者さんも多くいる。 そのような患者さんを「ミニさい帯血移植」で救うことも可能になってきた。国内でさい帯血移植の症例が最も多い、虎の門病院血液科部長の谷口修一さんにさい帯血移植の利点と問題...

詳細はこちら

白血病とは:治療~現状~診断

2005年3月

【治療】高齢の白血病患者でも治療できる、さい帯血ミニ移植 患者自身の免疫反応で白血病細胞を死滅させるドナーの負担もなく55歳以上でも移植が可能 虎の門病院血液科部長の 谷口修一さん 母親と赤ちゃんを繋ぐへその緒や胎盤に含まれるさい帯血を移植することで、 骨髄移植と同等の効果を上げる、さい帯血移植が注目を集めている。 さい帯血移植には『造血細胞の増殖能力が高く、異常反応が少ない』『白血球型が一...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!