ログインしていません!

闘病記

私の生きる道

精巣腫瘍後にJリーガーとなった元サッカー選手の宇留野純さん(37歳) 「がんを経験したことで、J1のピッチに立つ道が開けたんです」

2017年7月

うるの じゅん1979年10月生まれ。埼玉県出身。高校卒業後、98年Honda FCに入団。2005年初め、精巣腫瘍と診断、手術。その後再発への不安と闘いながらもプレーし、その年のリーグベストイレブンを受賞。その後、J1ヴァンフォーレ甲府よりオファーを受け、06年に甲府へ移籍し、晴れてJリーガーになる。09~11年はJ2のロアッソ熊本でプレー。12年からはタイでプレーし、16年に入り引退を決意。現...

詳細はこちら

直腸がんを経験し、人工肛門にとことん悩まされた作家のC.W.ニコルさん(76歳) 「がんだと聞いて、1度は死を覚悟しました」

2017年6月

シー ダブリュー ニコル1940年7月生まれ。ウェールズ出身。17歳でカナダに渡り、以降、世界の様々な国で、自然に関わる仕事に従事する。62年に初来日。80年、長野県黒姫に居を定め、執筆活動を続けるとともに、86年より森の再生活動を実践するため、荒れ果てた里山を購入。「アファンの森」と名付け再生活動を始める。2016年6月、直腸がんが発覚。化学放射線療法を行い、その後手術。現在に至る C.W.ニコ...

詳細はこちら

病気になっても、今まで通り、普段通りに――。 大腸がんの肝転移が見つかった、元プロ野球選手の大島康徳さん(66歳)

2017年5月

おおしま やすのり1950年10月生まれ。大分県出身。中日ドラゴンズから日本ハムファイターズに移籍し、当時史上最年長の39歳11カ月で通算2,000本安打を達成。豪快にすくい上げるバッティングで本塁打を量産するスラッガーとして、中日・日ハム両球団の主軸として活躍。日ハム退団後、同球団監督を経て現在プロ野球解説者であり、名球会会員。昨年(2016年)10月に大腸がんが発覚。肝臓に転移しており、11月...

詳細はこちら

骨肉腫で手術、抗がん薬治療を行ったアメフト元日本代表の大森優斗さん(25歳) 「前を向く。それを発信していきたい」

2017年4月

おおもり ゆうと1992年1月2日生まれ。高校からアメリカンフットボールを始め、関西学院大学では大学2、3、4年生のときに学生日本一に輝く。大学卒業後は、社会人アメリカンフットボールXリーグのアサヒビールシルバースターに所属。ポジションはDB。2015年には「オールXリーグ」にも選出され、日本代表入りも果たす。2016年2月に骨肉腫と診断。抗がん薬治療や手術を経て、2017年1月から職場復帰。また...

詳細はこちら

乳がんで手術、抗がん薬治療を経てホルモン療法中のお笑い芸人だいたひかるさん(41歳) 「夫と2人、笑い合って生きていきます」

2017年3月

だいた ひかる1975年埼玉県生まれ。美容学校を卒業後、美容師に。98年お笑い芸人としてデビュー。02年「R-1ぐらんぷり」初代チャンピオンに。「私だけでしょうか?」「どーでもいいですよー」など独特な言い回しとつぶやく口調が特徴。2013年に結婚、2016年2月、ステージ(病期)ⅡBの乳がんで右乳房全摘術を受けた 2002年「R-1ぐらんぷり」初代チャンピオンに輝き、「私だけでしょうか……」と表情...

詳細はこちら

子宮頸がんで子宮全摘、抗がん薬治療を経て完全復帰した女性ドラマー小林香織さん(39歳) 自分と同じ思いをしないためにも「がん検診に行って欲しい」

2017年2月

こばやし かおり1978年東京都生まれ。12歳でドラムを始め、数々のバンドを経て、99年からはソロドラマー、サポートミュージシャンとして、様々なライブや舞台に立ち、2004年にはブロードウェイミュージカル日本版「CABARET」に演奏出演。06年、宇都宮隆プロデュースのバンドU_WAVEに参加、今年でU_WAVEは12年目を迎える。11年7月に子宮頸がんの闘病に入り、手術、抗がん薬治療を経て12年...

詳細はこちら

TPP担当閣僚在任中、舌がんが見つかった甘利 明さん(67歳) 自分が成し遂げるべきことを強く意識するようになりました

2017年1月

あまり あきら1949年神奈川県厚木市出身。慶應義塾大学卒業後はソニーに勤務、74年に退社し、父・甘利正氏の秘書となる。83年に正氏が政界引退を表明し、第37回衆議院議員総選挙に出馬して初当選。98年、小渕内閣で労働大臣として初入閣し、その後は経済産業大臣、内閣府特命担当大臣(規制改革)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)などの要職を歴任。第2次安倍内閣がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)締結交...

詳細はこちら

2年前に腎がんの開腹手術を受けていたお笑いコンビ「はんにゃ」の川島章良さん(34歳) がん、結婚、娘の誕生、すべてが同じタイミングだった

2016年12月

かわしま あきよし1982年東京都出身。明海大学不動産学部卒業後、NSCに入学。2005年、金田哲さんとお笑いコンビ「はんにゃ」を結成、09年「ズクダンズンブングンゲーム」で一大ブームを巻き起こした。2014年に腎がん発覚、同時期に結婚。現在は1女の父親でもあり、「離乳食インストラクター1級」、「幼児食インストラクター」、「おひるねアート講師」、「食育アドバイザー」、「ベビーサインパパアドバイザー...

詳細はこちら

2度の乳がん再発から乳房全摘同時再建術を受けた生稲晃子さん(48歳) 「普通に生きることが、いかに大切かを実感しました」

2016年11月

いくいな あきこ1968年東京都出身。86年『夕やけニャンニャン』オーディション合格(おニャン子クラブ会員番号40番)。87年「うしろ髪ひかれ隊」でデビュー。おニャン子卒業後は女優、タレントとして活躍。『キッズ・ウォー』シリーズ、『ちい散歩』『若大将のゆうゆう散歩』などに出演。女優業の傍ら、夫と共に「鉄板焼 佐吉」を経営 1980年代半ば、一世風靡した「おニャン子クラブ」の会員番号40番。「うしろ...

詳細はこちら

食道がんの治療から見事復帰した、海援隊・中牟田俊男さん(67歳) 病気になって、物事の価値がはっきりと見えてきました

2016年10月

なかむた としお1949年、福岡県出身。西南学院大学在学中の1971年に武田鉄矢氏、千葉和臣氏とともに、3人で海援隊を結成。72年、アルバム『海援隊が行く』でデビュー。73年、大ヒット曲『母に捧げるバラード』をリリース。74年NHK紅白歌合戦出場。79年にはTBSテレビ『3年B組金八先生』の主題歌『贈る言葉』が大ヒットとなる。82年、海援隊解散。その後はソロ活動として、ライブや楽曲プロデュース等の...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!