ログインしていません!

闘病記

医師ががん患者になったとき

進行前立腺がんとの闘い がんとの闘いから学んだこころの持ち方の大切さ

2008年2月

前立腺がん市民フォーラム基調講演「15年にわたる進行前立腺がん体験を通して」 京都大学名誉教授・ 元奈良先端科学技術大学院 大学長の 山田康之さん やまだ やすゆき 1931年生まれ。 57年京都大学農学部卒業。 59年同大大学院農学研究科修士課程修了。 62年米国ミシガン州立大学農学部フルブライト奨学研究員。 82年京都大学農学部教授。 97年奈良先端科学技術大学院大学長。 99年文化功労...

詳細はこちら

患者の視点を持った医師が語る「これだけは言いたい」

2005年1月

もし先生が私だったらこの治療法を選びますか 多くのがん患者が、初めてがんと知ったときから折りにふれ、担当医師に聞きたいと感じる質問がある。もし先生が私だったら、この治療法を選びますか? 治療のこの結果に満足しますか? 再発にどう備えますか? 先生だったら私のようにオロオロせず、力強くがんに立ち向かえますか? 立ち向かえるとしたら、なぜできるのか教えてください……。 それは、最良の治療計画を選び...

詳細はこちら

がんは「長く生きる」だけでなく「どう生きるか」が大切 医者が患者になって初めて見えてきたことがある・海老原 敏さん

2004年10月

海老原 敏さん (医師・国立がん研究センター東病院名誉院長) えびはら さとし 1938年生まれ、東京都出身。 群馬大学医学部卒業。 インターン終了後、国立がん研究センターに勤務。 頭頸部がんの専門家として機能温存手術の発展に努め、1995年、がんセンター東病院の院長に就任。 2004年1月退任し、現在は名誉院長。 7月、都内にがん専門の診療所「蕩蕩」を開設。 1986年、大腸がんを発病し、87...

詳細はこちら

孤独や不安な気持ちを支えたい がん患者のメンタル・サポートが私の最後のライフワーク・竹中文良さん

2004年3月

竹中文良さん (ジャパン・ウェルネス理事長、医師) たけなか ふみよし 1931年、和歌山県生まれ。 日本医科大学卒業。医学博士。 日本赤十字社医療センター外科部長、日本赤十字看護大学教授を経て、現在、同大客員教授。 1986年、大腸がんに罹患し、手術を受ける。そのときの経験に基づいて書いた『医者が癌にかかったとき』(文芸春秋社)は有名。 2001年、がん患者のメンタル・サポートを目的にジャパン...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート3月 掲載記事更新!