ログインしていません!

暮らし

脱毛ケア

副作用はこうして乗り切ろう!「抗がん薬治療中の脱毛」

2016年1月

がん看護専門看護師の山田みつぎさん髪の毛が抜けるショック、それは他の副作用とは種類の違う苦しみです。抗がん薬治療が終われば、また生えてきます。今はつらいけれど、ウイッグや帽子でオシャレを楽しみながら、新しい髪の毛を待ちましょう。 やまだ みつぎ 千葉県がんセンター看護局通院化学療法室看護師長。2006年日本看護協会がん化学療法看護認定看護師認定。11年聖隷クリストファー大学大学院博士前期課程修了(...

詳細はこちら

患者からの話 乳がん患者の脱毛の悩みを解消!自分らしさを取り戻す、医療向けウィッグの大切さ

2012年11月

自分に合ったウィッグを選ぶことで、見事に脱毛のショックを乗り越えた乳がん体験者の栗橋登志さん。これを見れば、ウィッグ選びがいかに大切かがわかります。そこで、栗橋さんに「体験的後悔しないウィッグ選び」を伺いました。* 化学療法後の脱毛~発毛には個人差があります。2008年、市の乳がん検診で見つかる。術後化学療法ではEC療法*×4回、タキソテール*×1回をするも副作用が激しく中止。放射線療法ののち、現...

詳細はこちら

医師からの話 乳がん患者の脱毛の悩みを解消!自分らしさを取り戻す、医療向けウィッグの大切さ

2012年11月

乳がんの患者さんには、抗がん剤治療の過程で脱毛を経験する人が多くいます。脱毛が起こると、精神的なショックを受ける患者さんも多いですが、最近はそれを和らげる脱毛ケアというサポートが進んでいます。 * 化学療法後の脱毛~発毛には個人差があります。 脱毛による精神的苦痛や不安の解消は、その後の治療にも影響するという福田 護さん 聖マリアンナ医科大学付属研究所ブレスト&イメージング先端医療センター付属クリ...

詳細はこちら

脱毛ケアにはどんなウィッグがいいの?

2012年10月

医療向けウィッグは、化学療法による脱毛で悩んでいる患者さんのためのものです。一般的なウィッグと比べて、選び方や必要なサービスなど、なにが違うのでしょうか? そこで、医療向けウィッグに定評のあるスヴェンソンのウィッグサロンに、「がんと暮らし」のナビゲーター良子が突撃取材を敢行。後悔しないためのウィッグ選びをレポートします。医療向けウィッグは、プロに早めの相談がこんにちは! がんと暮らしナビのナビゲー...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート1月 掲載記事更新!