ログインしていません!

がん相談

急性リンパ性白血病

白血病治療、晩期障害が心配

2014年9月

5歳の娘が急性リンパ性白血病(ALL)と診断され、移植はせずに化学療法を行うことになりました。子どものほうが大人よりも治療結果がよいという説明を受けましたが、治療後に体に影響が残る「晩期障害」が心配です。どのような障害が出るのでしょうか。対策はありますか?(32歳 男性 東京都)A 治療法の進歩で、リスクは少ない聖路加国際病院小児科医幹の長谷川大輔さん小児がんにおける晩期障害は、親御さんをはじめ関...

詳細はこちら

急性リンパ性白血病で、抗がん剤治療中。妊娠・出産は可能か

2009年9月

31歳の妻のことでご相談します。妻は急性リンパ性白血病と診断され、現在、化学療法を受けています。「治療は順調」と主治医に言われ、安心していますが、今後の妻の妊娠・出産のことが心配です。私たち夫婦は子供を望んでいます。化学療法によって、妊娠・出産などに悪影響が出ることはありますか。(新潟県 男性 34歳)A 卵子の冷凍保存という方法も急性リンパ性白血病の治療では、大量の抗がん剤を使用します。とくに3...

詳細はこちら

脳に放射線をかける予定だが、不安

2009年4月

貧血の症状があって、血液検査を受けたところ、急性リンパ性白血病と診断されました。治療は今後、化学療法と脳への放射線療法を行うと言われています。後者は予防のために行うと説明されましたが、脳に放射線をかけることに不安があります。この放射線療法は受けたほうがよいのでしょうか。受けた場合、どのような副作用が起こることがあるでしょうか。(愛媛県 男性 45歳)A 全脳照射は通常なく、髄注が行われるご相談者の...

詳細はこちら

骨髄移植後に再発。非寛解のまま再移植を検討。問題ないか?

2006年1月

43歳の次男のことで相談します。以前、急性リンパ性白血病で骨髄移植を受けましたが、再発しました。ドナー(提供者)になったのは、45歳の長男です。再度入院し、抗がん剤治療を受けましたが、寛解には至りませんでした。主治医には、臍帯血で再移植することを検討していると言われました。しかし、非寛解での移植はリスクが非常に高いと聞きますし、主治医からは、再々発の可能性が高くなると言われています。それでも移植を...

詳細はこちら

HLAが不一致の場合のリスクと、治療の可能性は?

2004年11月

急性リンパ性白血病と診断され、化学療法を受け続けていましたが、寛解に至りませんでした。そのため、骨髄移植も考えると主治医に言われました。しかし、血縁者に適合者がいなく、骨髄バンクで探してもフルマッチのドナーは見つかりませんでした。そこで、HLAが一座不一致のドナーを探すことになったのですが、もし見つかった場合でも、かなり危険を伴う移植になるようです。HLA不一致の移植のリスクと可能性について教えて...

詳細はこちら

フィラデルフィア染色体陽性白血病。移植方法の選択、その可能性とリスクは?

2004年6月

43歳の夫がフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病と診断されました。医師からは、移植以外の選択肢はないと言われましたが、骨髄バンクでドナー(提供者)を探す時間的余裕がありません。割に体格が大きいため、臍帯血移植にも不安があります。臍帯血移植も含め、その他の移植方法についてはどの程度の可能性、またはリスクがあるのでしょうか。(静岡県 女性 39歳)A 治癒を望むなら、第一寛解期に移植をすべきフ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート2月 掲載記事更新!