ログインしていません!

闘病記

最期の生き方、最期の死に方

末期がんに鞭打ちながら、南相馬復興に命を懸ける|原町中央産婦人科病院の高橋さん

2012年12月

2011年3月11日、日本を襲った東日本大震災。未曽有の大災害のなか、末期がんを患った医師の高橋亨平さんは故郷を守るため残り、地元の人たちの治療を続けている。彼は一体、何を遺すために闘い続けているのだろうか?末期がんを患いながらも地域医療を守る高橋さんが治療を行っている原町中央産婦人科病院「亨平先生は、まだ入院中じゃなかったかなぁ」通りすがりの男性に、病院までの道順を訊ねると、その医師への親しみの...

詳細はこちら

ノーベル賞最右翼だった物理学者の最後の研究は自らの闘病生活となった|戸塚洋二さん(物理学者)

2012年11月

ニュートリノの研究者として、最もノーベル賞に近い科学者の1人だった戸塚洋二さん。がんを患いながらも自身を観察し、最期のときまで、科学者である姿勢を崩さなかった。ノーベル賞に最も近かった物理学者宇宙の起源はどんなものなのか――。物質はどのように成り立っているのか――。科学好きでなくても、多くの人が抱く素朴な疑問だ。と、同時にこれらは人類にとって、もっとも本質的かつ根源的な謎でもある。その謎を解く手が...

詳細はこちら

没後30数年経ても今なお色あせぬ世界観 戦争を憎み、子どもたちに慈愛を注ぎながら旅立った絵本画家

2012年10月

いわさきちひろさん(絵本画家)享年55没後30数年を過ぎた現在でも多くの人を惹きつけるいわさきちひろさんの作品。彼女はどう生き、何を遺したのだろうか。静かな「ちひろブーム」が2012年7月──。東京練馬区の住宅街の一角にあるその美術館は、夏休みということもあり、子ども連れの親子でたいへんな賑わいを見せていた。館内にはあどけない子どもたちを描いた作品群が展示されている。誰もが...

詳細はこちら

死ぬまで競馬を愛し続けた勝負師 スキルス性胃がんに侵されながらも「馬一筋」を貫いた心優しき「苦労人」

2012年9月

吉永正人さん (騎手・調教師) 享年64 「吉永スペシャル」と呼ばれる独自の騎乗スタイルで多くの人たちを魅了し続けた3冠ジョッキーの吉永正人さんは、ジョッキー引退後、そして生の終わる瞬間まで競馬人として生き続けた──。 最期までジョッキーであり続ける 「吉永さんは多くの騎手に愛された人でした」と語る調教師の小島太さん かつて競馬の世界で豪胆かつ奔放なレース運びで「勝...

詳細はこちら

死を恐れず、生の限界まで仕事を続けた稀代の辛口人 世論を笑い飛ばした名コラムニストは最期までペンを握り続けた──。

2012年8月

山本夏彦さん (コラムニスト・編集者) 享年87 飽くなき好奇心を持ち、世間を見物し、"夏彦節" ともいわれる独自の視点で浮世を笑ってきた名コラムニストの山本夏彦さん。 最期の時もその姿勢は決して揺るがなかった──。 死後に残された50冊の手帳 生前、「人の一生はせいぜい手帳50冊」だと語った山本夏彦さん。自身は50冊以上の手帳を遺した γ...

詳細はこちら

最期まで闘い続けた演劇人は後進に囲まれこの世を去った──。 鬼の演出家の志は役者たちに引き継がれた

2012年7月

野沢那智さん (声優・パーソナリティー・演出家) 享年72 声優という職業を確立した野沢那智さん。 その活動のバックボーンには演劇活動があった。 妥協なき演技指導で氏は一体、何を遺していったのか──。 生涯をかけて演劇に向かい合う 野沢那智さんの演技指導があったから今の自分がいると語る、菅谷勇さん   野沢那智さんの意志を継ぎ、パフォーミング・アート・セン...

詳細はこちら

「兄貴」と慕われたその人は、何も言わずに1人で去った── アメリカ帰りのブルース歌いは、静かに日本の大地に沈んだ

2012年6月

デイブ平尾さん (歌手) 享年63 日本の音楽シーンの礎を築いたバンド、"ゴールデンカップス"のヴォーカル、デイブ平尾さん。 華々しいその世界の中で、デイブさんはどう生き、何を遺していったのか──。 デイブ平尾さんを「兄貴のような存在」と慕ったミッキー吉野さん 日本の音楽界屈指のキーボードプレーヤー、ミッキー吉野さんにとって、その知らせは青天の...

詳細はこちら

突き進んで生きるその源には、ユーモアと独自の哲学があった いくつもの才能を開花させて、風のように去って行った

2012年5月

青島幸男さん (作家、タレント、政治家) 享年74 放送作家、タレント、作詞家、俳優、映画監督、小説家、政治家……。 たった1 つの人生の中に、いくつもの花を咲かせた超マルチ人間・青島幸男さん。 青島さんは、その人生をどのように駆けぬけていったのか──。 ぜにのないやつぁ俺んとこへこい俺もないけど心配すんな……。 軽妙なユーモ...

詳細はこちら

「マンガの神様」が最期まで続けた挑戦 力尽きるときまで描き出したのは、命の輝きだった

2012年4月

手塚治虫さん (マンガ家) 享年60 天才・手塚治虫さんのマンガは戦後から立ち上がる日本の子供たちにメッセージを送り続け、そのメッセージは、今もなお生き続けている。 手塚さんが作品に吹き込んだ息吹とは──。 埼玉県新座市にある手塚プロダクション4階のアトリエは、かつて多くの人たちの胸を躍らせた名作マンガの最後の制作現場だった。部屋の主が目を近づけて作業するため、脚の下に台...

詳細はこちら

がんの病魔と果敢に向き合い、死のときまで作家であり続けた 稀代のストーリーテラー マルチ才人はかくして死んだ

2012年2月

中島梓・栗本薫さん (評論家・作家) 享年56 自らが、自らであり続けるために、人生を最期のときまで表現し続けた──。 人々を魅了し続けてきた人気作家・中島梓さん。 その人生は物語さながら、いくつもの世界が広がるものだった。 ──心の中のどこかに、小さな小さな村があって、そこにはいつも何か面白いことを考えている少女やしっかりした大人の人、ピアノを弾...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート3月 掲載記事更新!