ログインしていません!

がん相談

精巣腫瘍

セミノーマⅠ(I)期で摘除術後放射線治療は必要か

2015年10月

右精巣の高位精巣摘除術を受けました。その後の検査で転移は確認されず、セミノーマⅠ(I)期とのことでした。医師から「将来転移が生じる可能性が10~20%あり、術後に放射線治療を行うと、そのリスクを下げることができる」と言われました。しかし、放射線治療を受けると2次発がんや、晩期合併症を起こすこともあると聞き、受けたほうがよいのかどうか悩んでいます。(50歳 男性 東京都)A 再発リスクが高い場合は ...

詳細はこちら

非セミノーマでBEP療法。副作用は?

2015年10月

精巣を摘出し、非セミノーマで、後腹膜リンパ節に転移があり、ステージⅡ(II)aとの診断を受けました。これからBEP療法(*ブレオ+*エトポシド+*シスプラチン)を受けるのですが、ネット検索をしてくれた友人から「一般的な抗がん薬よりも副作用が強く出るそうだ」と言われました。BEP療法の副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。この治療法が終われば、根治の可能性が高いと考えてよいのでしょうか。(58...

詳細はこちら

腫瘍径が5㎝近い。手術以外の方法は

2015年10月

左精巣を摘除し、非セミノーマという病理診断でした。術後は経過観察となったのですが、半年が過ぎ、定期検診で腫瘍マーカーの異常値が確認され、CT検査で後腹膜リンパ節への転移が判明しました。BEP療法を3クール受けたものの、腫瘍の大きさがまだ5㎝近くあり、手術を勧められています。手術以外の方法はないのでしょうか。(48歳 男性 東京都)A 後腹膜リンパ節郭清で 残存腫瘍の摘除を都立駒込病院腎泌尿器外科部...

詳細はこちら

化学療法と放射線はともに必須?副作用が心配

2015年2月

セミノーマの精巣腫瘍で、転移があると診断されました。全摘手術に加えて、化学療法と放射線療法が有効と言われました。これらをすべてしなければならないでしょうか。*BEPという治療法は有効でしょうか。有効性と副作用の兼ね合いがとても心配で悩んでいます。(67歳 男性 愛知県)A 転移先によって治療を選択 副作用が少ない薬剤選択も都立駒込病院腎泌尿器外科医長の古賀文隆さん精巣腫瘍は、セミノーマ(精上皮腫)...

詳細はこちら

縮小した腫瘍が大きくなった?リンパ節郭清は必要か

2015年2月

セミノーマⅡ(II)c期(後腹膜リンパ節転移6㎝~7㎝)と診断されました。BEP療法を3クール受けました。ブレオマイシンは投与できないこともありましたが、第2クール終了後に、リンパ節腫瘍が2.4㎝ほどに縮小したとの診断を受けました。しかし、第3クール終了後には、「腫瘍の大きさに変わりはないが、測り方によっては3.7㎝くらいに見えるところもある」とのことで、リンパ節郭清術が必要と言われました。第2と...

詳細はこちら

高位精巣摘除術を知りたい

2014年10月

精巣(睾丸)が腫れてきたので心配になり泌尿器科を受診すると、精巣腫瘍ですぐに高位精巣摘除術が必要と言われました。どのように行われるのでしょうか。また、子作りの能力に影響はありますか?(35歳 男性 大阪府)A 低侵襲、短時間で済み 術後3~4日で退院神奈川県立がんセンター泌尿器科部長の岸田 健さん精巣腫瘍は20~30歳代に発症のピークがある若年層に多い腫瘍です。進行が速く、全身に転移しやすいという...

詳細はこちら

非セミノーマ精巣腫瘍。経過観察が不安

2014年10月

精巣の摘除を受けた後、非セミノーマの精巣腫瘍と診断されました。経過観察となったのですが、このままでいいのか心配です。経過観察の是非と、もし再発した場合はどのような治療になるのか教えて下さい。(30歳 男性 東京都)A 再発してからの治療でも完治見込める神奈川県立がんセンター泌尿器科部長の岸田 健さん精巣腫瘍は、組織型によりセミノーマ(精上皮腫)と非セミノーマ(非精上皮腫)に分けられます。それぞれに...

詳細はこちら

後腹膜照射はしたほうがいいか?

2014年4月

セミノーマの手術を受けました。その結果の診断では、病期はⅠbとのことでした。再発を予防するための後腹膜照射は受けたほうがいいのでしょうか。(50歳 男性 神奈川県)A 2次がんを避けるため行わない獨協医科大学越谷病院泌尿器科准教授の新井 学さんセミノーマはどんなに進行していても、正しい治療を受ければ基本的には治る病気です。手術後に適切な経過観察を行い、転移がわかった時点で抗がん薬治療を行えば、ほぼ...

詳細はこちら

タキソールのしびれ。対処法は?

2014年4月

精巣腫瘍で*タキソールによる抗がん薬治療を受けた夫のことでうかがいます。治療が一段落して3カ月が経つのですが、副作用の手足のしびれが日に日に悪化しています。抗がん薬投与中には、単なるしびれの症状だったのですが、今は痛くて眠れない状態です。手先足先の感覚もないため、歩行中に転んだり、お箸がうまく持てません。この程度の症状については体験者からも話を聞いていたので想定内でしたが、激痛で、もがき苦しむ時間...

詳細はこちら

精巣腫瘍の手術を2週間も待って大丈夫か?

2014年4月

2日前に病院での検査を受けた父ですが、精巣腫瘍を患っていることがわかりました。今後は、転移があるかを調べる検査を1週間後に、手術を2週間後にすることになりました。ところが、インターネットでがん情報のサイトを見ると、「腫瘍の発見後は、数日内に手術すべき」と書かれていたのです。2週間後の手術では遅すぎるのではないかと心配です。(25歳 女性 神奈川県)A 2次がんを避けるため行わない獨協医科大学越谷病...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート5月 掲載記事更新!