ログインしていません!

連載

腫瘍内科医のひとりごと

腫瘍内科医のひとりごと 79 「治癒をめざして」

2017年7月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Yさん(35歳男性、会社員)は、高熱と歯肉からの出血で近医から紹介され、急性骨髄性白血病(AML)の診断で入院となりました。Yさんは白血病の病名を告げられ、死の恐怖に落とされましたが、主治医から...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 78 「新薬の治験を受けたい」

2017年6月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Bさん(52歳男性)は、会社の大きなプロジェクトの責任者を任され、自分でも人生、命を懸けた仕事として頑張ってきました。しかし、2年前大腸がんで手術を受け、その後両肺に転移が出現し、その手術は困難...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 77 「先生! 歩けたよ!」

2017年5月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 「先生、今日はいい知らせがあります」F病院のS医師が、にこにこして私の診察室に来ました。「先月ご相談したTさん(65歳)が歩けるようになって、K病院を退院されるそうです。肺がんで脊椎(せきつい)...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 76 「高倉健さんに似たAさんと桜」

2017年4月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Aさん(85歳男性)は6年前に肝臓がんの手術を受け、その後ひとり暮らしでした。今回は食事が摂れなくなり、ある病院に入院しました。超音波の検査で肝臓に大きな腫瘍が見つかりましたが、本人は「それ以上...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 75 「人生観変わる?」

2017年3月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Oさん(80歳男性、元肉屋さん)はお酒が飲めない体質でしたが、たばことコーラが大好きでした。若いころから、「一生懸命働いて、いっぱい食べて、短命でいい。食べて満腹になっているのが幸せだ」「俺は太...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 74 「必ず治る、絶対治る」

2017年2月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Aさん(53歳男性)は、ある病院で内視鏡検査後、説明を受けました。「食道にがんがあります。小さい初期のようにみえます。しかし、食道がんの場合は、このように小さくても遠くに転移していることがありま...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 73 「ステージ4は末期がんか?」

2017年1月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Aさん(当時48歳/男性)はある鉄道会社に20年以上勤務し、健康で病院に行くことはありませんでした。1カ月ほど前から下痢、便秘、腹痛などの症状を繰り返し、B病院を受診し、検査の結果、大腸がんで肝...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 72 「がん人生の充実」

2016年12月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 Kさん(肺がん・73歳女性)はある大学病院で肺の手術を受けた1年半後、がんは両肺に再発しました。分子標的薬の内服で、がんの影は小さくなり、咳などの症状は消えて元気になりました。その頃のKさんから...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 71 「桂の葉」

2016年11月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 ある日、A病院の外来廊下でのことです。点滴架台を引いた入院患者さんと思われるパジャマ姿の白髪の男性が、私に向かって片手を振って、大きな声で「先生、まだ生きていますよ!」と叫びました。近づくとくし...

詳細はこちら

腫瘍内科医のひとりごと 70 「体に聞くということ」

2016年10月

ささき つねお 1945年山形県出身。青森県立中央病院、国立がんセンターを経て75年都立駒込病院化学療法科。現在、がん・感染症センター都立駒込病院名誉院長。著書に『がんを生きる』(講談社現代新書)など多数 ここ数年、「治療法はもうありません」「あと3カ月の命です」と告げられたたくさんの患者さんが相談に来られました。とてもつらい気持ちでおられる患者さんは、奈落からどうやって這い上がれるのか。私は「宗...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!