注目の記事

  • がんと免疫の基礎から最新事情まで

    詳細はこちら
  • もっとガイドラインを上手に使いこなそう! 『患者さんのための乳がん診療ガイドライン』はより患者目線に

    近年、がん治療は医療者任せにせず、患者も病気や治療の知識を求めて、医療者と充分なコミュニケーションをとって臨むものとなってきている。そして、医療者が使うものであった『診療ガイドライン』も、各がん種で患者用のものが増えている。なかでも、その先駆けとなったのは乳がんのガイドラインだ。新たに改訂された『患者さんのための乳がん診療ガイドライン』2019年度版の委員長を務めた、福島県立医科大学腫瘍内科学講座教授の佐治重衡さんに、改定されたポイントや使い方などについて伺った。
    監修●佐治重衡 福島県立医科大学腫瘍内科学講座教授

    詳細はこちら
  • 切除不能または再発乳がんの脳転移にも効果が HER2陽性乳がん治療薬「ツカチニブ」をFDA承認

    ハーセプチンの登場で、HER2陽性乳がんの薬物療法が大きく前進したが、その後も次々と抗HER2薬は開発されている。最近ではエンハーツが承認されたばかりだ。今回、HER2陽性切除不能・再発転移乳がんにとって注目したいのが、脳転移の患者にも効果が高い可能性のあるツカチニブという経口薬が、米国食品医薬品局(FDA)により承認されたというニュースだ。ツカチニブの効果について、がん研有明病院乳腺内科医長の原文堅さんに伺った。
    監修●原 文堅 がん研有明病院乳腺内科医長

    詳細はこちら
  • 5個以内の転移なら治癒の可能性も 乳がんのオリゴメタスタシスに対する体幹部定位放射線療法SBRT

    がんの遠隔転移があるとステージ4と診断され、全身治療が行われることになる。しかし、少数の転移であるオリゴメタスタシスなら、体幹部定位放射線療法のような局所治療を加えることで、長期生存が可能になり、場合によっては治癒も期待できることがわかってきた。とくに原発巣が制御されているオリゴ-リカランスは、原発巣が制御されていないシンク-オリゴメタスタシスより治療成績がよい。転移・再発乳がんの治療でも、オリゴ-リカランスなら体幹部定位放射線療法が保険適用となる。治癒の可能性もある新しい治療法として期待されている。
    監修●新部 譲 Oligometastases研究所代表/久留米大学医学部公衆衛生学講座客員教授

    詳細はこちら
  • 遺伝子情報をもとに効果の高い治療法を選択 膵がんにおける遺伝子変異に基づくゲノム医療とは

    近年、注目が集まる「ゲノム医療」。ゲノムとは遺伝子(gene)と染色体(chromosome)から合成された言葉で、ヒト(生物)が持つすべての遺伝子情報のことだ。膵がんにおいても網羅的なゲノム解析研究が進められていて、その分子病態が明らかになりつつある。
    監修●金井雅史 京都大学医学部附属病院腫瘍内科特定准教授/がんセンター・クリニカルシーケンスユニット長

    詳細はこちら
  • ゲノム医療がこれからのがん治療の扉を開く 遺伝子検査はがん治療をどう変えるか

    監修●土原一哉 国立がん研究センター先端医療開発センタートランスレーショナルインフォマティクス分野長

    詳細はこちら

がんサポート

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

お役立ちメニュー

閲覧記事ランキング(昨日~本日)

  1. 舌の裏側にできもの。がんの可能性は?何科を受診すればよい?
  2. 覚えておけばオトク!「初診料」のルールと節約術
  3. 【第三十三時限目】がんとセックス 人知れず悩まず、セックスについて真摯に語り合うことが大事
  4. 手術後、いつから性交渉や妊娠をしてよいか?
  5. 子宮頸がん後、セックスするにあたっての注意は
  6. 子宮をなくしたが、「女であること」を自分の中でもっと開花させたい 特別対談・洞口依子(女優) × 高橋 都(東京大学大学院講師)
  7. なぜ玉川温泉に全国からがん患者が集まるのか 鎌田實の癒し探索ルポ “奇跡の湯” 玉川温泉の至福
  8. 乳がんのホルモン療法による副作用「体重増加」をどう防ぐ?
  9. 悪性リンパ腫だった娘の闘病体験 命の大切さを伝えたい
  10. 手術後お腹が痛み、膨れているが大丈夫か?

がんサポート11月 掲載記事更新!