ログインしていません!

注目の記事

  • がんと免疫の基礎から最新事情まで

    詳細はこちら
  • 統合医療の膨大な情報を見極め 自分の価値観で行うかを判断

    統合医療に関心を持つがんの患者さんは多い。まず大切なのは、膨大な情報の中から信頼できるものをふるい分けることだ。次に、その情報が自分に当てはまるかどうかを考え、最終的に自分の価値観に基づいて、行うかどうかを判断する。統合医療とうまくつき合うには、情報をうまく使いこなす能力が必要となる。
    監修●大野 智 大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座准教授

    詳細はこちら
  • 進行再発がんで ケトン食療法が有効か!?

    がんになると、それまでの食事を見直す人は多い。ただ、何を食べれば、再発を防げるか、また進行再発がんに対してどういった食事がいいのか、現時点では確固たるエビデンス(科学的根拠)は存在しないのが現状のようだ。そうした中、新たな可能性として注目されているのがケトン食。進行再発がんに著しく有効だったという研究結果が明らかとなった。化学療法などと併用した新たな治療法として注目されている。
    監修●萩原圭祐 大阪大学大学院医学系研究科漢方医学寄附講座准教授

    詳細はこちら
  • ヨガが、がん患者の副作用軽減に効果あり

    がん治療を行っていく過程で、倦怠感や疲労感を訴える人は多い。また、精神的にも不安定となり、抑うつ状態に陥っている人も中にはいるだろう。そういった人に対して有効ではないかと、今注目されているのがヨガだ。エビデンス(科学的根拠)が徐々に確立されつつあり、2016年度には日本緩和医療学会の『がん補完代替医療ガイドライン』に新たな項目として加えられる予定だという。
    監修●岡 孝和 九州大学大学院医学研究院心身医学准教授

    詳細はこちら
  • 相互作用を見極めるため サプリメントは1種類を慎重に

    統合医療の中でも、がん患者に一番多く用いられているのが、健康食品・サプリメントだという。抗がん薬と同じように体内で代謝されるため、がん治療中のサプリメントの併用には注意点も多い中、期待できる効果が臨床試験によって明らかになっているものもある。最新の知見を専門家に聞いた。
    監修●伊藤壽記 大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座特任教授/千里金蘭大学看護学部教授

    詳細はこちら
  • 西洋医学でコントロールしきれない つらい症状を緩和する鍼灸治療

    鍼灸は、専用の鍼や灸を使って、体表にあるツボを刺激する治療法。がん治療中の術後の痛みや、終末期の倦怠感など、西洋医学だけでは取り除くことができない症状を緩和する効果があると言われている。国立がん研究センター中央病院の緩和医療科には鍼灸専用の治療室があり、艾の心地よい香りの中、「刺さない鍼」での治療が行われている。
    監修●里見絵理子 国立がん研究センター中央病院緩和医療科科長
    監修●佐々木久子 国立がん研究センター中央病院緩和医療科鍼灸スタッフ

    詳細はこちら
  • 香りで不快な症状を緩和し、心身を癒すアロマトリートメント

    植物の芳香成分を利用して、不快な症状を軽減するアロマテラピー。現在、アロマテラピー介入後のがん患者の症状を評価した臨床研究に基づき、様々なエビデンス(科学的根拠)が集積されつつある。がん患者にはどのような効果があるのだろう。また、精油(エッセンシャルオイル)はどう選び、どのようにトリートメント(マッサージ)を行えばよいのだろうか。
    監修●長谷川記子 薬剤師/アロマテラピスト

    詳細はこちら
  • 「ケトン食」はがん患者への福音になるか? 福田一典 × 鎌田 實 (前編)

    進行・再発リスクの高いがん患者さんに延命効果があるとされる「中鎖脂肪ケトン食」とは――

    来院する患者さんの99%が、がん患者さんだという銀座東京クリニック院長の福田一典さんは、東洋医学的な立場からがん医療にアプローチしている医師だが、3年前に出した『ブドウ糖を絶てばがん細胞は死滅する!』が根強い支持を受けている。いま改めて注目を集める「ケトン食」とは何か、2号にわたり鎌田さんが福田さんに聞いた。

    詳細はこちら
  • 「糖質」の摂取が、がんに一番悪いと思います 福田一典 × 鎌田 實 (後編)

    がんにも認知症にも糖尿病にもならないで体脂肪も落とせる「ケトン食」とは――

    がん細胞へのブドウ糖の補給を絶つ「ケトン食」で、がん医療に新たなアプローチをしている銀座東京クリニック院長の福田一典さん。今月号では、がん患者さんに適したケトン食の具体例や、ケトン食はがん予防にも効果があるらしいという興味深い話も伺った。

    詳細はこちら

がんサポート最新号

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

お役立ちメニュー

閲覧記事ランキング(昨日~本日)

  1. 乳がんのホルモン療法による副作用「体重増加」をどう防ぐ?
  2. 乳がん治療を大きく変えたハーセプチンが、さらに適応を広げる ハーセプチンの術前療法で再発を防止、乳房温存も可能に!!
  3. 増えている腺がん。重粒子線治療など新たな治療法も研究中 どう治療する?予後が悪い子宮頸部腺がん
  4. 胸水が溜ったがん性胸膜炎は早期発見・早期治療が肝心
  5. 乳がんの増殖能を判定する Ki-67値をどう扱うか
  6. 非小細胞肺がんEGFR-TKIの「使い分け」と「耐性への対応」
  7. なぜ玉川温泉に全国からがん患者が集まるのか “奇跡の湯”玉川温泉の至福
  8. 悪性リンパ腫だった娘の闘病体験 命の大切さを伝えたい
  9. 抗がん剤と放射線の副作用 味覚障害はなぜ起こる?どう対処する?
  10. あきらめない! 飛躍的進歩を遂げる悪性リンパ腫の最新治療

がんサポート7月号 掲載記事更新!