ログインしていません!

注目の記事

  • がんと免疫の基礎から最新事情まで

    詳細はこちら
  • 本邦初となる『がん薬物療法時の腎障害診療ガイドライン2016』の内容をひも解く

    『がん薬物療法時の腎障害診療ガイドライン2016』が今年6月に刊行された。現在様々な抗がん薬が登場し、臨床の現場では使われているが、今まで薬物療法時の腎障害に対する診療ガイドラインはなかったという。本邦初となるがん薬物療法時の腎障害ガイドライン。その内容をひも解く。
    監修●堀江重郎 順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学教授

    詳細はこちら
  • 外来がん化学療法副作用対策 薬剤師外来の活用で安心のできる化学療法を

    がん化学療法は副作用を伴うので入院で……という時代から、今は外来(通院)治療に大きくシフトしている。在宅で生活できるというQOL(生活の質)の面でのメリットは大きいが、一方で副作用への対応が課題となる。これまでは医師や看護師が患者との窓口になることが多かったが、薬剤師の役割が注目されている。
    監修●山口正和 国立がん研究センター東病院薬剤部長

    詳細はこちら
  • 制吐療法の新しい展開 薬剤師主導の臨床試験で第2世代制吐薬の優位性を証明

    抗がん薬治療による副作用の代表格と位置付けられてきたのが、悪心・嘔吐。日本癌治療学会が「制吐薬適正使用ガイドライン」を作成したのは2010年で、15年には第2版が出されるなど重要視されている分野だ。さらに、薬剤師の視点から独自に治療薬の効果を確かめる臨床試験を行う動きもある。
    監修●鈴木賢一 がん研有明病院薬剤部副薬剤部長

    詳細はこちら
  • パラメディカルピグメンテーションで、失われた乳頭乳輪や眉毛を再現

    米国では医療補助技術として確立されている「パラメディカルピグメンテーション」。皮膚に色素を注入し、治療によってダメージを受けた部分を再現する方法で、「ボディタトゥ(入れ墨)」より身体への負担が少なく、乳房再建後の乳頭乳輪をはじめ、抗がん薬の副作用で脱毛した眉毛の再現など広く応用されている。日本でも、この技術を習得した医師や看護師によって広まりつつあり、乳がん術後や抗がん薬治療中の患者への朗報となりそうだ。
    監修●小関 淳 女性医療クリニック・LUNAグループ乳腺外科医師

    詳細はこちら
  • オンコタイプDX検査は予後予測と化学療法効果予測検査。主治医が情報提供した上で、判断は患者さんにまかせる

    ホルモン受容体陽性(ER+)、HER2陰性(HER2−)、早期乳がん患者での予後予測と化学療法の効果予測に有用とされるオンコタイプDX検査。米国臨床腫瘍学会(ASCO)、全米総合がん情報ネットワーク(NCCN)、ザンクトガレン(St. Gallen)国際専門家コンセンサス委員会、欧州臨床腫瘍学会(ESMO)などの欧米の主要ガイドラインではすでに採用されていますが、日本では保険適用になっていません。このため、まだ同検査の使用経験のない、あるいは使用経験の少ない医療従事者が多くいるとみられます。そうした医療従事者(とくに乳腺外科医)に対し、同検査を適応患者に勧めるにあたり、どのように対応すればよいか、同検査の経験が豊富な専門医にその具体例を教えていただきました。
    回答者●植野 映 つくば国際ブレストクリニック(TIBC)院長

    詳細はこちら

がんサポート最新号

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

お役立ちメニュー

閲覧記事ランキング(昨日~本日)

  1. 乳がんのホルモン療法による副作用「体重増加」をどう防ぐ?
  2. 非小細胞肺がんEGFR-TKIの「使い分け」と「耐性への対応」
  3. 乳がんの皮膚転移 この方法で臭いや痛みがグンと軽くなる!
  4. 増えている腺がん。重粒子線治療など新たな治療法も研究中 どう治療する?予後が悪い子宮頸部腺がん
  5. なぜ玉川温泉に全国からがん患者が集まるのか “奇跡の湯”玉川温泉の至福
  6. 胸水が溜ったがん性胸膜炎は早期発見・早期治療が肝心
  7. 乳がん治療を大きく変えたハーセプチンが、さらに適応を広げる ハーセプチンの術前療法で再発を防止、乳房温存も可能に!!
  8. 悪性度の高いスキルス胃がんにもこれだけ武器が出てきた! 分子標的治療薬の研究が進み、スキルス胃がん治療に光が見えてきた
  9. 抗がん薬によるしびれ・痛み 有効な薬の登場で、症状の軽減が可能に
  10. 抗がん剤と放射線の副作用 味覚障害はなぜ起こる?どう対処する?

がんサポート12月 掲載記事更新!