ログインしていません!

注目の記事

  • がんと免疫の基礎から最新事情まで

    詳細はこちら
  • 免疫チェックポイント阻害薬登場で加速する肺がん領域のプレシジョンメディスン

    非小細胞肺がんにオプジーボが承認されてから約1年。昨年(2016年)12月には、新たな免疫チェックポイント阻害薬として、キイトルーダが適応追加されている(2017年1月現在、薬価は未収載)。肺がん治療を大きく変えようとしている免疫チェックポイント阻害薬。新薬の登場で、肺がん治療は個々に適した治療を行う、プレシジョンメディスン(より適確な医療、精密医療)の時代に本格突入した。
    監修●佐々木治一郎 北里大学医学部新世紀医療開発センター教授

    詳細はこちら
  • 第3世代タグリッソ登場で非小細胞肺がん治療はさらに進化

    昨年(2016年)3月、第3世代のEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)として、タグリッソが承認された。第1世代、第2世代、第3世代と、現在4剤あるEGFRチロシンキナーゼ阻害薬。それぞれの薬剤をどのように使い分けていけばいいのか。薬が次第に効かなくなる耐性化の問題、国内初となる血液による遺伝子変異検出キットの承認など、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬の現状について、専門家に話をうかがった。
    監修●加藤晃史 神奈川県立がんセンター呼吸器内科医長

    詳細はこちら
  • 肺がんの新しい放射線療法、IMRT、陽子線治療に高まる期待

    これまで根治的な放射線治療ができずに治癒が望めないことが多かった局所進行非小細胞肺がんのⅢb期。そこに、最新の放射線治療を加えて根治を目指そうという考え方がある。装置の進化と医師の技術の進歩により、周辺組織に放射線を当てずに、腫瘍だけ攻撃できるようになった。肺がん治療に放射線を用いる第一人者に現状と今後の展開を伺った。
    監修●原田英幸 静岡県立静岡がんセンター放射線治療科部長

    詳細はこちら
  • 「忘れられて」はいない小細胞肺がん 医師主導治験で新薬開発も始まる

    一般的に肺がんというと、罹患者数の多い非小細胞肺がん(NSCLC)をイメージすることが多い。一方で、小細胞肺がん(SCLC)は、患者数が少ないこと、新規治療薬が長く登場していないことなどで注目を浴びる機会は少なかった。そのような状況で、新たな分子標的薬を実用化しようという医師主導の臨床試験(治験)が始まった。小細胞肺がん治療の現状と将来展望ついて治験を進める医師にうかがった。
    監修●宇田川 響 国立がん研究センター東病院呼吸器内科医員

    詳細はこちら
  • オンコタイプDX検査の結果と、患者さんの意思や環境を尊重して、一緒に最善の治療を考える

    ホルモン受容体陽性(ER+)、HER2陰性(HER2−)、早期乳がん患者での予後予測と化学療法の効果予測に有用とされるオンコタイプDX乳がん検査。米国臨床腫瘍学会(ASCO)、全米総合がん情報ネットワーク(NCCN)、ザンクトガレン(St. Gallen)国際専門家コンセンサス委員会、欧州臨床腫瘍学会(ESMO)などの欧米の主要ガイドラインではすでに採用されていますが、日本では保険適用になっていません。Report1-2では、検査後の検査結果の報告、およびリスク評価の説明、治療法の選択の仕方などについて、具体例を示して紹介していただきました。
    回答者●植野 映 つくば国際ブレストクリニック(TIBC)院長

    詳細はこちら

がんサポート最新号

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

お役立ちメニュー

閲覧記事ランキング(昨日~本日)

  1. 乳がんの皮膚転移 この方法で臭いや痛みがグンと軽くなる!
  2. 乳がんのホルモン療法による副作用「体重増加」をどう防ぐ?
  3. なぜ玉川温泉に全国からがん患者が集まるのか “奇跡の湯”玉川温泉の至福
  4. 非小細胞肺がんEGFR-TKIの「使い分け」と「耐性への対応」
  5. 乳がんの増殖能を判定する Ki-67値をどう扱うか
  6. 乳がん治療を大きく変えたハーセプチンが、さらに適応を広げる ハーセプチンの術前療法で再発を防止、乳房温存も可能に!!
  7. 増えている腺がん。重粒子線治療など新たな治療法も研究中 どう治療する?予後が悪い子宮頸部腺がん
  8. 胸水が溜ったがん性胸膜炎は早期発見・早期治療が肝心
  9. 再発胃がんのTS-1隔日療法 副作用は少なく延命効果を上げる
  10. ホットフラッシュ、関節痛、うつに対処し、治療を完遂する方法 ホルモン療法中のつらい副作用は、こうして乗り切る!

がんサポート3月 掲載記事更新!