注目の記事

  • がんと免疫の基礎から最新事情まで

    詳細はこちら
  • 次々に開発される免疫チェックポイント阻害薬とその併用療法

    分子標的薬は、分子生物学的知見に基づいてデザインされた抗体薬だ。免疫チェックポイント阻害薬も同様の知見に基づいてデザインされた同じ抗体薬であるが、作用機序(メカニズム)が異なるため両者を区別するケースが多い。免疫チェックポイント阻害薬は、ここ数年でさまざまながんに対して保険承認が相次いでいる。画期的な治療薬の免疫チェックポイント阻害薬について、がん免疫療法の専門家である国立がん研究センター先端医療科の北野滋久さんに伺った。
    監修●北野滋久 国立がん研究センター先端医療科

    詳細はこちら
  • 治療選択の拡がりが期待される 肝細胞がんの1次治療に、約9年ぶりに新薬登場!

    今年(2018年)3月、マルチキナーゼ阻害薬レンビマが、「切除不能な肝細胞がん」に日本で承認された。これは、切除不能な肝細胞がんに対する世界で最初の承認であり、肝細胞がん全身化学療法の1次治療薬としては実に約9年ぶりの新薬になるという。肝細胞がんの治療において、この新薬の位置づけはどのようなものだろうか。また、今後の治療にはどんな可能性が考えられるのだろうか。国立がん研究センター東病院肝胆膵内科科長の池田公史さんにお話を聞いた。
    監修●池田公史 国立がん研究センター東病院肝胆膵内科科長

    詳細はこちら
  • 血管新生阻害薬アバスチンの位置づけと広がる可能性 アバスチンと免疫チェックポイント阻害薬の併用が未来を拓く

    現在、化学療法との併用で使われることがほとんどのアバスチンは、分子標的薬の中では少々、特殊な存在かもしれない。がん細胞に直接作用するのではなく、がん細胞を巡る環境に働きかけるアバスチンのメカニズム(作用機序)と今後の可能性に焦点を当ててみた。
    監修●高橋俊二 がん研有明病院化学療法部総合腫瘍科部長

    詳細はこちら
  • バイオシミラーとジェネリック医薬品との違い バイオ後続品“バイオシミラー”の開発状況と今後の展望

    バイオシミラーとは、バイオ医薬品の後続品である。化学合成品の医薬品であれば、それと同一の物質が合成され、ジェネリック医薬品(後発医薬品)として広く使用されている。ところが、バイオ医薬品の後続品は、開発が技術的に難しく、臨床試験が必要になるなど審査も厳しい。しかし、がん治療で使われているバイオ医薬品が特許切れの時期を迎えたこともあり、バイオシミラーの開発が活発になっている。ジェネリック医薬品との違いや、今後の展望について解説していただいた。
    監修●山口正和 国立がん研究センター中央病院薬剤部長
    監修●西垣玲奈 国立がん研究センター中央病院薬剤部主任

    詳細はこちら
  • 健康食品「LEM」(シイタケ菌糸体培養培地抽出物) 基礎研究で、がん細胞の増殖をストップすることが明らかに

    シイタケの菌糸体を長期間培養し、有用なエキスを抽出した健康食品「LEM(Lentinula edodes mycelia solid culture extracts)」
    これまでの研究で、抗腫瘍効果など免疫を介した様々な生理活性が示されてきた。そしてこのほど、がん細胞を用いた解析結果から、LEMがダイレクトにがん細胞の増殖を抑制していることが突き止められた。
    監修●久保田 真 野田食菌工業株式会社研究部

    詳細はこちら

がんサポート最新号

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

お役立ちメニュー

閲覧記事ランキング(昨日~本日)

  1. 悪性度の高いスキルス胃がんにもこれだけ武器が出てきた! 分子標的治療薬の研究が進み、スキルス胃がん治療に光が見えてきた
  2. 何をどのように食べたらいいの? 大腸がん治療中の食事
  3. あきらめない! 飛躍的進歩を遂げる悪性リンパ腫の最新治療
  4. 増えている腺がん。重粒子線治療など新たな治療法も研究中 どう治療する?予後が悪い子宮頸部腺がん
  5. ステージ3の大腸がんを克服した女優・中原ひとみさん がんを経験したことで、死に対する度胸がつきました
  6. なぜ玉川温泉に全国からがん患者が集まるのか 鎌田實の癒し探索ルポ “奇跡の湯” 玉川温泉の至福
  7. 乳がんのホルモン療法による副作用「体重増加」をどう防ぐ?
  8. 乳がんの皮膚転移 この方法で臭いや痛みがグンと軽くなる!
  9. 30代で大腸がんを経験したフリーアナウンサー・原元美紀さん がんを経験したことで何が最優先か考えるようになった
  10. 子宮頸部腺がんを体験したことで、人のありがたみがよくわかった 予後の悪いがんを乗り越え、舞台に立った 女優・三原じゅん子さん

がんサポート9月 掲載記事更新!