ログインしていません!

注目の記事

  • がんと免疫の基礎から最新事情まで

    詳細はこちら
  • 新ガイドラインによる進行・再発胃がんの化学療法

    『胃癌治療ガイドライン』が改訂され、年内(2017年秋)には第5版が発行される予定だ。新ガイドラインでは、新たに承認された薬剤や最新のエビデンス(科学的根拠)に基づき、切除不能進行・再発胃がんに対する化学療法の薬剤やレジメンが増え、患者さんにも朗報となりそうだ。
    監修●山口研成 がん研究会有明病院消化器センター消化器化学療法科部長

    詳細はこちら
  • 胃切除手術前の栄養状態が術後合併症の発生に影響

    胃切除術後に起こる術後合併症は、手術直前の栄養状態が悪いほど起こりやすいことが明らかになった。栄養状態の指標となるのはプレアルブミン値。血液を調べるだけの簡便な検査で、術後合併症が起きやすいかどうかを予測できる。検査値が低かった場合には、経腸栄養剤を投与。それによってプレアルブミン値が上昇し、術後合併症を減らせることもわかってきた。
    監修●井田 智 がん研究会有明病院消化器センター消化器外科胃外科副医長

    詳細はこちら
  • 食道がんは経鼻内視鏡で頭頸部の検査を!

    食道がんは,胃がんや大腸がんなどと比べ難治がんの1つとしてあげられる。また、胃や頭頸部などの他臓器にも重複することが多いがんでもある。そこで、重複することに注目して経鼻内視鏡で治療成果をあげてきた専門医に伺った。
    監修●川田研郎 東京医科歯科大学消化管外科学分野講師

    詳細はこちら
  • 食道がん化学放射線療法後のサルベージ食道切除術

    食道がんの化学放射線療法を受けたものの、がんが残ってしまった場合(遺残)や、いったん消失した後に再発した場合には、サルベージ(救済)食道切除術が行われることがある。この手術は合併症が起こりやすく、死亡率も高いことが知られている。治療成績を少しでも向上させるため、化学放射線療法の改良に加え、手術の手技にもいろいろな工夫が加えられている。その現状を専門医にうかがった。
    監修●大幸宏幸 国立がん研究センター中央病院・東病院食道外科長

    詳細はこちら

がんサポート最新号

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事検索

お役立ちメニュー

閲覧記事ランキング(昨日~本日)

  1. 乳がんのホルモン療法による副作用「体重増加」をどう防ぐ?
  2. なぜ玉川温泉に全国からがん患者が集まるのか “奇跡の湯”玉川温泉の至福
  3. 子宮頸がんのつらい治療と後遺症を乗り越え、レストラン開店の夢を実現 治療法の選択で心揺れた日々。情報の渦のなかで決断
  4. 乳がんの増殖能を判定する Ki-67値をどう扱うか
  5. 何をどのように食べたらいいの? 大腸がん治療中の食事
  6. 副作用はこうして乗り切ろう!「むくみ」
  7. 悪性リンパ腫だった娘の闘病体験 命の大切さを伝えたい
  8. 乳がんの皮膚転移 この方法で臭いや痛みがグンと軽くなる!
  9. 乳がん治療を大きく変えたハーセプチンが、さらに適応を広げる ハーセプチンの術前療法で再発を防止、乳房温存も可能に!!
  10. 非小細胞肺がんEGFR-TKIの「使い分け」と「耐性への対応」

がんサポート11月 掲載記事更新!