がん相談

血液がん

池江璃花子さんは完治されたのか

2020年9月

白血病で治療中だった競泳の池江璃花子さんが最近、競泳の練習を始めたとの報道がありました。池江さんは完全に完治されたのでしょうか。もし完治されているとしたら、発病前と体調に変化はないのでしょうか。また白血病は再発することはあるのでしょうか。白血病という病気についてよく知らないのでよろしくお願いいたします。 (34歳 男性 東京都) A 年月が経過すれば再発のリスクは低くなる 日本赤十字社医療センター...

詳細はこちら

山本寛斎さんと池江璃花子さんとの治療の違いは

2020年9月

ファションデザイナーの山本寛斎さんが急性骨髄性白血病で死去(2020年7月21日享年76歳)されたとの報道がありました。確か山本さんは今年(2020年)の2月に急性骨髄性白血病と診断されたと、公表していたと思います。白血病と診断されてわずか5カ月余りで亡くなられていますが、こんなに早く亡くなる病気なのでしょうか。競泳の池江璃花子さんは完治されたとのことですが、山本さんとの治療の違いがあったのでしょ...

詳細はこちら

白血病は高齢者でも発症するのか

2020年9月

白血病は比較的若い人が罹る病気だと思っていましたが、76歳の山本寛斎さんが発症して亡くなられたことに驚いています。白血病は高齢者でも頻繁に発症するのでしょか。また、高齢で発症すると完治することは難しいのでしょうか。 (24歳 女性 千葉県) A 分子標的薬治療が期待されている 日本赤十字社医療センター血液内科副部長の塚田さん 実は白血病の罹患率は年齢とともに上昇し、人口10万人あたりの罹患率は60...

詳細はこちら

悪性リンパ腫で治療中の夫にアドバイスを

2020年8月

46歳の夫がびまん性大細胞性型B細胞リンパ腫(DLBCL)と診断されました。現在は大学病院に入院して抗がん薬治療中ですが、口内炎がひどくあまり食事がとれないようです。腎臓にも腫瘍があり、透析になるかもしれないとのことで、本人は、ひどく落ち込んでいます。家族としては前向きに治療をがんばって欲しいと思っているのですが、口をついて出る言葉は、何で自分だけがこんな病気になっただとか、そんな言葉ばかりで、ど...

詳細はこちら

急性白血病を発症。臍帯血移植後、再発。再移植は期待できないのか

2020年8月

67歳の母のことでご相談です。2018年3月に急性リンパ性白血病(ALL)と診断され、寛解導入療法、地固め療法を行い寛解となり、同年11月に退院。その後、維持療法を行っていましたが、2019年11月に子宮の髄外腫瘤(腫瘤の大きさ8㎝)。その時点で骨髄検査の結果は異常なし。ビーリンサイトを2クール行ったが、腫瘤の大きさは3㎝にしかならなかった。2020年3月にミニ移植の臍帯血(さいたいけつ)移植を行...

詳細はこちら

68歳の父。元気なうちに骨髄移植を行ってくれる病院に転院を勧めたほうがいいか

2020年8月

68歳の父のことでご相談です。父は急性骨髄性白血病(AML)、FLT3遺伝子変異ありと診断され、入院して化学療法を受けました。ただ、FLT3遺伝子に変異がある人は治りにくい、と主治医から説明を受けました。その後、地固め療法も終わり現在は寛解状態です。男性のほうが治療成績は悪いと聞き、また、75歳以下なら骨髄移植をやるべきだと本で読んで、父が元気なうちに骨髄移植をしたほうがいいのではないか、と主治医...

詳細はこちら

慢性骨髄性白血病の子供。このままグリベックで治療を続けたほうがいいか

2019年6月

6歳で慢性骨髄性白血病(CML)を発病した長男のことでご相談です。現在、12歳ですが*グリベック(一般名イマチニブ)3錠服用でMR(分子遺伝学的奏効)4.0(BCR-ABL=0.01)を行ったり来たりしている状態です。グリベックでの治療は、副作用がほとんどないため、本人はこのままの治療で良いと思っているようです。しかし、親としてはMR4.5を目指し、最終的には薬の中断・中止を目指したいと考え、*ス...

詳細はこちら

慢性骨髄性白血病の母。スプリセルで寛解にならないと抗がん薬治療は出来ないのか

2019年6月

2018年4月、69歳の母が慢性骨髄性白血病(CML)になり、慢性期を維持するために薬を服用していたのですが、薬が効きすぎて休薬し、ほとんど薬を服用していない状態でした。*スプリセル(一般名ダサチニブ)に変更しても、白血球や血小板の数値が下がり過ぎて休薬。そうこうしているうちに急性転化してしまい、入院してスプリセルを3週間ほど服用して、その後、抗がん薬治療をして慢性期に戻す治療をすると説明されまし...

詳細はこちら

多発性骨髄腫の母の治療。維持療法が最善の治療方法か

2019年6月

母が2017年11月に61歳で多発性骨髄腫(MM)を発症し、自家移植と*VRD療法を受けました。2018年4月に退院し、1カ月ごとに定期検診を受けています。2018年の12月の定期検診でλ(ラムダ)型フリーライトチェーンが50.2と増えており、k/λ比が0.21と低くなっていて、λ型フリーライトチェーンの数値がこのまま増えるなら、維持療法をしましょうと医師から言われました。現在のステージや、今後の...

詳細はこちら

自家移植には無菌室が必要か

2017年1月

45歳の妻が多発性骨髄腫(MM)を患い、昨年(2016年)3月からCyborD療法(*ボルテゾミブ+*シクロホスファミド+*デキサメタゾン)を3クール実施しました。その間、激しい嘔吐(おうと)で入退院を繰り返したため、現在は*レナリドミドに切り替えて、4クール目を実施中です。4クール終了後、体調の良いときに血液を採取し、年明けに自家移植する予定ですが、心配なのは、現在通っている病院には無菌室がなく...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート9月 掲載記事更新!