がん相談

前立腺がん

凍結療法はどのような治療か

2021年9月

前立腺がんで放射線治療を行なったのですが、再発してしまいました。「手術は困難で、放射線の再照射も出来ない。ホルモン治療しか残されていないが、局所の再発に、ホルモン治療を行なうことは副作用のこともあり避けたい」とも言われました。そうなのでしょうか。最近、凍結療法のことを知りました。この凍結療法について、どのような治療なのか教えていただけないでしょうか。現在は保険適用されていなくて自費診療だそうですが...

詳細はこちら

高度前立腺生検を勧められたが

2021年9月

毎月1度、泌尿器科を受診していますが、今年(2021年)7月の血液検査でPSA値がそれまでの4.1前後から6.1に上昇しました。そして、CTやMRI検査で白い陰があり、医師から「前立腺がんの可能性がある」と言われました。医師からがんの箇所を正確に把握できるよう、超音波撮影した画像とMRIの画像を融合した画像を見ながら生検する、高度前立腺生検を勧められました。この生検は先進医療で保険がきかないそうで...

詳細はこちら

重粒子線治療のメリット、デメリットは

2021年9月

前立腺がんでも重粒子線治療が保険適用になっていると聞きましたが、どのような場合に手術ではなく重粒子線治療を受けることができるのでしょうか。また、手術と較べてメリット、デメリットを教えてください。 (56歳 男性 静岡県) A デメリットとして再発時はホルモン療法の可能性が高い がん・感染症センター都立駒込病院腎泌尿器外科部長の古賀文隆さん 重粒子線治療の適応は、遠隔転移やリンパ節転移のない限局がん...

詳細はこちら

前立腺がんの小線源療法と重粒子線治療について

2021年8月

長らくPSA数値は5台が続いていたので、昨年(2020年)7月MRI検査をしました。かなり怪しい腫瘍が見つかったので、生検を行いました。結果、がん細胞が発見されましたが、しばらく様子を見ようということになりました。その後様子を見ていましたが、腫瘍が大きくなっていたので手術を勧められました。なるべく手術は避けたいので小線源療法を考えたのですが、再発した場合のトラブルがあると言われましたが本当でしょう...

詳細はこちら

前立腺がんホルモン治療の影響か、関節などの痛みがひどい

2021年8月

前立腺がんと診断され2019年12月にホルモン治療を開始しました。20年7~8月に放射線治療(局所照射)38回。20年12月ホルモン療法終了。PSA値は治療中を通して0.04。ホルモン療法開始1カ月後よりホットフラッシュ、乳房痛、頻尿(夜間3~4回)、関節痛がありました。乳房痛はとくにひどくて、1日5~6回痛みが襲ってきます。関節痛は終日痛み、バネ指が発生しています。主治医に相談しても、個人差があ...

詳細はこちら

ステージⅢでホルモン治療。どのくらい続けるのか

2021年6月

精密検査を受けたところ、浸潤型前立腺がんステージⅢと診断され、ホルモン療法を行うことになりました。主な副作用としてどのような症状があるのでしょうか。治療中とくに注意することはありますか。また、ホルモン療法はどのくらい続けなければいけないものでしょうか。 (75歳 男性 東京都) A ホルモン療法単独は完治が期待できない。治療中はカロリー制限や運動を がん・感染症センター都立駒込病院腎泌尿器外科部長...

詳細はこちら

ホルモン療法が効かなくなり抗がん薬治療を勧められている。他に治療法は?

2021年6月

2018年5月、PSA値が150を超えました。生検の結果、グリソンスコアが8と高く、前立腺がんと診断されました。またCT検査などで肺、骨盤などへの遠隔転移も確認され、ホルモン治療を開始しました。PSA値は一時、0.1まで低下しましたが2020年6月には2以上に上昇してきました。主治医からホルモン薬が効かなくなったので、抗がん薬治療を勧められています。年齢も高いので体力的にも自信がなく、なるべく抗が...

詳細はこちら

排尿時に痛み、小線源療法の影響か

2021年5月

2014年5月にPSA値が5.3となり針生検の結果、前立腺がんと診断されました。小線源療法を行ないました。その後、PSA値は低下して良好に経過していました。ところが、2019年2月頃から頻尿と排尿時の痛みが酷くなりました。抗菌薬や鎮痛剤を処方してもらいましたが、一向に痛みは軽減しません。尿はきれいで、赤血球も白血球もありません。この痛みは小線源療法の影響でしょうか。 (70歳 男性 栃木県) A ...

詳細はこちら

PSA値が16。放っておいて大丈夫か

2021年5月

頻尿が続いたため近所のクリニックを受診したところ、PSA値が16でした。エコー検査をしたのですが、別に異常は発見されませんでした。しかし、医師は念のため大きい病院で針生検をしたほうがいいと勧めています。医療に詳しい友人に相談したところ、PSA値は体調によっても変化するのであまりあてにならない。たとえ前立腺がんだとしても、他のがんと比べて進行も遅く、年齢も年齢だし、放っておいても問題はないと言います...

詳細はこちら

手術、放射線療法、ホルモン療法それぞれのメリット、デメリットは

2021年5月

前立腺がんの手術をすると、術後、尿漏れなどがあって大変だとの話をよく聞きます。手術の他に小線源療法、ホルモン療法があると聞いていますが、どのようなケースが手術で、どのようなケースが小線源療法、ホルモン療法なのでしょうか。またそれぞれのメリット、デメリットも教えてください。 (61歳 男性 神奈川県) A それぞれの特徴を理解した上での選択を がん・感染症センター都立駒込病院腎泌尿器外科部長の古賀文...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!