がん相談

前立腺がん

排尿時に痛み、小線源療法の影響か

2021年5月

2014年5月にPSA値が5.3となり針生検の結果、前立腺がんと診断されました。小線源療法を行ないました。その後、PSA値は低下して良好に経過していました。ところが、2019年2月頃から頻尿と排尿時の痛みが酷くなりました。抗菌薬や鎮痛剤を処方してもらいましたが、一向に痛みは軽減しません。尿はきれいで、赤血球も白血球もありません。この痛みは小線源療法の影響でしょうか。 (70歳 男性 栃木県) A ...

詳細はこちら

PSA値が16。放っておいて大丈夫か

2021年5月

頻尿が続いたため近所のクリニックを受診したところ、PSA値が16でした。エコー検査をしたのですが、別に異常は発見されませんでした。しかし、医師は念のため大きい病院で針生検をしたほうがいいと勧めています。医療に詳しい友人に相談したところ、PSA値は体調によっても変化するのであまりあてにならない。たとえ前立腺がんだとしても、他のがんと比べて進行も遅く、年齢も年齢だし、放っておいても問題はないと言います...

詳細はこちら

手術、放射線療法、ホルモン療法それぞれのメリット、デメリットは

2021年5月

前立腺がんの手術をすると、術後、尿漏れなどがあって大変だとの話をよく聞きます。手術の他に小線源療法、ホルモン療法があると聞いていますが、どのようなケースが手術で、どのようなケースが小線源療法、ホルモン療法なのでしょうか。またそれぞれのメリット、デメリットも教えてください。 (61歳 男性 神奈川県) A それぞれの特徴を理解した上での選択を がん・感染症センター都立駒込病院腎泌尿器外科部長の古賀文...

詳細はこちら

術後、骨転移の可能性があると言われたが

2020年12月

2019年6月にPSA(前立腺特異抗原)値が6となり、生検を行うと14本中9本にがん細胞が見つかりました。グリソンスコア(悪性度分類)は8で、前立腺摘出手術を受けました。術後、0.01だったPSA値が徐々に上昇し、2020年8月の検査では0.18まで上昇しました。主治医からは骨転移の可能性があると言われ、心配でなりません。今後どのような治療法があるのかお教えください。 (67歳 男性 神奈川県) ...

詳細はこちら

がんかどうかのグレーゾーンと言われ生検を勧められたが

2020年12月

70代の男性です。定期的にPSA値を測ってもらっていますが、PSA値は5.8でここ数年変化ありません。しかし、主治医からは「がんかどうかグレーゾーン」と言われ、生検を勧められました。確か70歳以上のPSA基準値は6.5以下と書物に書かれていましたが、生検を受けるべきでしょうか。生検を受けた場合、そのリスクがあれば教えてください。 (73歳 男性 広島県) A まずはMRI検査を受けてから判断を が...

詳細はこちら

緩和ケアしかないと言われたが、残された道はないか

2020年11月

2000年に前立腺がんステージIV期と診断され全摘手術を行いました。術後、ホルモン療法、放射線療法、抗がん薬治療と行ってきましたが、すべて効かなくなり、がん細胞が左手の神経細胞を圧迫しています。そこでご相談ですが、今後は緩和ケアしかないとのことで医療麻薬を処方されましたが、手術など他の方法は残されていないのでしょうか。 (82歳 男性 神奈川県) A ランマークなどを使用しながら疼痛緩和目的の放射...

詳細はこちら

術後の尿漏れでほとほと困っている

2020年11月

2012年3月、前立腺がん全摘手術を受けましたが、半年後に再発。現在カソデックス(一般名ビカルタミド)を毎日服用しています。3カ月ごとにがんセンターでPSA(前立腺特異抗原)検査を受けています。そこでご相談ですが、術後リンパ浮腫での歩行支障やひどい尿漏れでほとほと困っています。主治医からはそれは治らないと言われ、ベタニス(一般名ミラベグロン)を処方してもらっていますが、全く効果はありません。失禁手...

詳細はこちら

手術後に再発率50%と告げられたが

2020年11月

定期的にクリニックでPSA検査を受けていましたが、頻尿の症状がありPSA値が4.3だったので大学病院を紹介されました。生検を受けると、12本中2本にがんが検出され、前立腺がんと診断されました。病理検査の結果、がんは2つあり、グリソンスコアはそれぞれ9と7でした。幸い転移は確認されませんでしたが、8時間に渡ってダヴィンチで摘出手術を受けました。術後、主治医から再発率は50%と告げられました。手術で切...

詳細はこちら

骨転移のある前立腺がん。ホルモン療法は適切か?

2016年7月

80歳の父のことでの相談です。前立腺がんの疑いがあり、生検を受けたところがんが発見されました。グリソンスコア(GS)は4+5、腰痛が強かったのでX線検査を受けたところ、腰椎を圧迫骨折していて肋骨にも転移がありました。主治医から、「年齢も考慮して、薬によるホルモン療法を行いましょう」と提案されています。父は1人暮らしなので、できるだけ生活に支障の出ないようにしたいのですが、ホルモン療法は適しています...

詳細はこちら

経過観察を提案されたが、治療の介入はいつ?

2016年7月

51歳の夫は尿が出にくいと訴え、検査を受けたところPSA(前立腺特異抗原)値が高く、生検で10カ所中4カ所にがんがあるとの診断を受けました。しかし、「がんの大きさもごくわずかだし、悪性度も低いのでしばらく経過観察をして、1年から半年かけて治療をしていきましょう」と言われました。夫婦で子どもが欲しいと願っているのですが、それを待っているとがんが進行しそうで心配です。どのような状態になったら治療を開始...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート5月 掲載記事更新!