がん相談

大腸がん

父親が再発切除手術を拒んでいるが

2020年3月

70歳の父親が、昨年5月に大腸がんステージⅢと診断され手術しました。その年の12月、肝蔵に腫瘍が3つ見つかりました。主治医から切除を勧められていますが、大腸切除の手術が大変だったようで「もう手術は受けたくない」と言って、手術を拒んでいます。何とか手術を受けさせたいのですが、どのように説得したらいいのでしょうか。また、父親の言うようにこのままほっておいていいものかどうか悩んでいます。 (43歳 男性...

詳細はこちら

術後の排便痛の対策は

2020年3月

60代の父親のことでご相談があります。直腸がんステージⅠと診断され腹腔鏡下で低位直腸がん摘出し、一時的に人工肛門(ストーマ)を造設しました。術後5カ月で人工肛門を閉鎖し、自力排便しています。ただ、一度排便すると1時間以内に立て続けに少量の排便があり、排便痛がつらい様子です。この排便痛に対し何か対策か薬などはないのでしょうか。 (38歳 女性 東京都) A 人工肛門にするか、副作用の少ない鎮痛薬の使...

詳細はこちら

便潜血陽性と診断されたが

2020年3月

会社の健康診断で便潜血陽性と診断され、速やかに精密検査を受けてください、と言われました。大腸内視鏡で覘いて見るとポリープらしきものが多数あり、生検の結果、腸管気腫症(ちょうかんきしゅしょう)と診断され、ほっておいても問題はない、と医師から言われました。私は痔でもないのに、便潜血陽性なのはどうしてなのでしょうか。また、腸管気腫症の原因はわからないということですが、本当にほっておいても大丈夫なのでしょ...

詳細はこちら

大腸がんⅣ期。もう治療法はないでしょうか

2019年8月

2016年11月に上行結腸(じょうこうけっちょう)がん・ステージ(病期)Ⅳと診断。腹膜播種(ふくまくはしゅ)と肝転移を起こしている。同年12月に手術。2017年1月より*XELOX+アバスチン(一般名ベバシズマブ)療法開始。2018年10月に肺転移が見つかる。そこでご相談です。副作用で手足のしびれが酷くなったため、2017年5月よりエルプラット(一般名オキサリプラチン)の投薬を中止。その後、しばら...

詳細はこちら

ステージⅠの大腸がんが悪化。完治する治療法はないか

2019年8月

2014年8月に大腸内視鏡検査で大腸がんが見つかる。手術1週間後、穿孔により1週間絶食。その後、経過観察(抗がん薬投与はなし)。2015年7月にCT検査で、肝転移(7カ所、最大4.5㎝)が見つかり、8月から12月まで*FOLFOX療法を受ける。2016年1月転院。肝臓手術。残肝臓が25%程度しか残らず、残った肝臓を大きくする手術(経皮経肝門脈塞栓術)を受ける。2月転移性肝がんの手術を受ける(右側大...

詳細はこちら

S状結腸がん・ステージⅢb。抗がん薬治療だけは避けたいが、他にどんな治療法があるか

2019年8月

腸閉塞になり精密検査をすると、S状結腸のがんが見つかりステージⅢbと診断されました。腫瘍を摘出する手術を受けましたが、術後切開した箇所が癒着したため、再度開腹手術を受けました。その過程でリンパ節と肝臓に転移が見つかり、抗がん薬治療を勧められました。肝臓に転移した腫瘍は1個で大きさは1㎝ぐらいです。私は現在、手が離せない仕事をしており、抗がん薬で体力を消耗して仕事ができなくなることは何としても避けた...

詳細はこちら

大腸がんが肝臓と肺に転移。治療法は?

2017年3月

2015年7月にS状結腸にがんが見つかり、ステージ(病期)Ⅳと診断(肝臓に2カ所、肺に多発転移)。8月に腹腔鏡下手術(ふくくうきょうかしゅじゅつ)を行い、大腸を15㎝ほど切除しました。10月より、抗がん薬治療を開始しました(*アバスチン・*イリノテカンを点滴・*TS-1を14日間内服。次に14日間休薬で35日間を1コース)。昨年(2016年)8月のCT検査で、がんが10%程度増大していたため、9月...

詳細はこちら

人工肛門を取り外す手術ができない。原因は?

2017年3月

父(73歳)が昨年(2016年)7月にS状結腸がんで手術。手術後に腸閉塞(ちょうへいそく)を起こし、急遽人工肛門を造設しました。当初は12月に、人工肛門を閉鎖する手術を受けることになっていたのですが、検査の結果、癒着で腸に著しい狭窄が起きている箇所が見つかったので、人工肛門を取り外す手術を延期することになりました。がんの再発等、何か深刻な病状も考えられるのでしょうか。(42歳 女性 岡山県)A P...

詳細はこちら

直腸がんの肝転移。肝機能低下で転移の手術が困難に

2016年12月

昨年(2015年)4月、父(72歳)に直腸がんが見つかり、同時に肝臓への転移も見つかりました。直腸の病巣や肝臓に転移したがんの縮小・切除を目指し、抗がん薬治療を行ってきましたが、薬による影響で肝機能が低下して、手術が困難になってしまいました。現時点で、直腸のがんのみ手術することはできるのでしょうか。肝転移への手術ができなければ、直腸のがんの手術を行っても、体への負担が大きくなるだけで、あまり意味は...

詳細はこちら

人工肛門閉鎖後の排便の多さに苦慮。状態は落ち着くのか?

2016年12月

今年(2016年)1月に直腸がんの手術を受け、一時的に人工肛門を造設したのですが、先月、人工肛門を閉鎖する手術を受けました。事前に主治医から話があったものの、現在1日に便の回数が15~20回ほどもあり、1度外出時に漏らしてしまいました。この状態は次第に落ち着くものでしょうか。また漏らしてしまうかもと思うと、怖くて外出もままならない状態です。(67歳 男性 岐阜県)A 排便機能が改善する見込みは十分...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!