ログインしていません!
  1. ホーム > 
  2. 暮らし > 
  3. お金

暮らし

お金

老齢基礎年金の繰上げ受給をする前に知っておきたいデメリット(後編)

2018年5月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/前回は、老齢基礎年金の繰上げ受給のデメリットの前編として、繰上げ受給すると、「年金額が65歳受給に比べて減少し、変更や取消しができないこと」「65歳になるまでに一定の障害状...

詳細はこちら

老齢基礎年金の繰上げ受給をする前に知っておきたいデメリット(前編)

2018年4月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/公的年金は、私たちの老後の生活を支える大きな柱となるものです。しかし、原則として、老齢基礎年金が支給されるのは65歳から。そこで、「がんに罹患してどれくらい生きられるかわか...

詳細はこちら

請求漏れに要注意! 民間保険の給付金・保険金の請求とタイミング

2018年3月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/民間保険の給付金や保険金は、請求しなければもらえません。ところが、入院や手術でバタバタしていたり、通院の分の給付金を請求し忘れていたり。なかには、保険に加入していたことをす...

詳細はこちら

会社を辞める前に知っておきたい 退職後の公的医療保険の選び方

2018年2月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/がんなどの病気で会社を退職する場合、その後の公的医療保険をどうすべきか悩む人も少なくありません。離職後、すぐに別の会社に再就職する場合は、その勤務先の健康保険に加入すれば問...

詳細はこちら

介護休業の取得が柔軟に! 2017年1月以降の「改正育児・介護休業法」のポイント

2018年1月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/今回は、2017年1月以降、施行された「改正育児・介護休業法」の改正点をご紹介したいと思います。この法律は、育児や家族の介護を行う労働者のために設けられたもの。育児休業や介...

詳細はこちら

2017年8月から負担増、公的介護保険の改正点のポイント

2017年12月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/がん患者にとって、在宅療養を行う際など利用したい公的介護保険の介護サービス。前回2015年度に改正されたばかりですが、2017年5月、改正介護保険法が参議院本会議で成立し、...

詳細はこちら

2018年1月からスタート「つみたてNISA」はがん患者向き投資商品⁈

2017年11月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/前回は、「がん患者でも投資したい!」という方のための資産運用の基本的な考え方をお伝えしました。そこで今回は、具体的にどのような商品で運用すれば良いかご紹介します。がん患者に...

詳細はこちら

「できるだけふやしたい、でもリスクは取れない!」 がん患者の資産運用は?

2017年10月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/がんに罹患して、思うように働けず、収入が減った。医療費などで貯金を取り崩してしまい、残りわずかとなってしまったなど、経済的な不安を抱えるがん患者は少なくありません。節約して...

詳細はこちら

がん患者とそのご家族が使える民間保険の付帯サービス活用法!

2017年9月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/民間保険の「付帯サービス」とは、おおむね2009年前後から、生保各社が競って注力するようになった契約者向けの、いわば〝おまけ〟のサービスです。最近では、自社商品の利便性向上...

詳細はこちら

がん患者は「身体障害者手帳」をどう申請する?

2017年8月

くろだ なおこ 98年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、雑誌への執筆、講演活動などを行っている。乳がん体験者コーディネーター。黒田尚子FPオフィス公式HP www.naoko-kuroda.com/「身体障害者手帳」(以下、身障者手帳)は、身体障害者福祉法に基づき、身体に障害が残った場合、日常生活の不自由を補うために、様々な助成や支援を受けられるものです。〝障害〟と名...

詳細はこちら