連載

吉田寿哉のリレーフォーライフ対談

血液内科志望の医師が血液の難病から生還した貴重な体験と教訓 2度の死にかかった体験から「生かされた。使命を与えられて」と感じる

2006年4月

たいのしょう さち 1977年神戸市生まれ。2002年香川医科大学医学部(現・香川大学医学部)卒業。虎の門病院で研修。2004年4月、再生不良性貧血が見つかり、入院。臍帯血移植を受け、回復。2005年東京医科大学大学院解剖学教室へ入学、現在に至るよしだ としや 1961年北九州市生まれ。84年一橋大学卒業後大手広告会社入社。89年アメリカ国際経営大学院(サンダーバード)でMBA取得。2003年秋に...

詳細はこちら

「もらった命」。だから怖いものは何もない 自分にできることは何かを考えて、行うことが大事

2006年1月

おおたに たかこ 1961年生まれ。1986年、大学院在学中に慢性骨髄性白血病と診断、88年に母親より骨髄移植を受ける。その後、「名古屋骨髄献血希望者を募る会」を発足し、89年には「東海骨髄バンク」を設立。90年に発足した全国骨髄バンク推進連絡協議会の運営委員、副会長を経て、現在は会長を務める 日本骨髄バンク TEL: 0120-445-445よしだ としや 1961年北九州市生まれ。84年一橋...

詳細はこちら

患者が医師を評価するシステムの導入を 患者の意識変革が日本の医療を変える

2005年12月

たなか ゆうじ 1970年生まれ。徳島大学卒業後、東京大学、都立駒込病院を経て現在は米国デューク大学留学中。2000年より患者会「ももの木」設立し定期的な交流会(おしゃべり会)を続ける http://plaza.umin.ac.jp/~momo/ http://momo3.comよしだ としや 1961年北九州市生まれ。84年一橋大学卒業後大手広告会社入社。89年アメリカ国際経営大学院(サンダーバ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!