検査・治療法

代替医療・統合医療

動脈塞栓で温度を高めるというユニークな方法で効果を上げる 肝臓がんに対する温熱化学塞栓療法の効果

2006年9月

藍野病院院長の 近藤元治さん がん温熱療法は、がんの部分を目的の温度に維持できるかどうかで決まる。 ただ血流の豊富な肝臓などでは、折角温めても血流で温度が逃げられ、がん部位の温度がなかなか上がりにくい。 それを動脈を塞栓することによって温度を高め、がんに対する温熱効果を上げるというユニークな方法を考案したのが、京都府立医科大学名誉教授の近藤元治さんだ。 現在も、引き続き、大阪府にあ...

詳細はこちら

温熱療法の治療現場を歩く QOLの向上、延命に可能性を秘めた民間病院の新しい試み

2006年9月

西出病院温熱療法研究室の バレンチナ・オスタペンコさん 岡村一心堂病院理事長の 岡村一博さん 温熱療法は魔法の杖ではない 大阪府貝塚市にある西出病院 大阪府貝塚市にある西出病院が温熱療法をがん治療に取り入れたのは1999年12月のことである。以来、現在に至るまで温熱療法を用いた治療例は385例に達しているという。当然ながら患者の大半は手術が不能の進行がん、再発がん患者である。 こ...

詳細はこちら

悪性胸膜中皮腫、軟部組織肉腫に対する温熱化学放射線治療 抗がん剤、放射線と天秤にかけ、より効果が望めるがんに限定して行うべき

2006年9月

東京都立駒込病院 放射線診療科治療部部長の 唐澤克之さん どんながんにも効く治療法として温熱療法をバラ色に描くのではなく、明らかに効果が確認されている疾患に限定して、電磁波温熱療法(ハイパーサーミア)を行っているのが東京都立駒込病院だ。 その疾患とは、悪性胸膜中皮腫と軟部組織肉腫。 放射線や抗がん剤が効かず、手術にも限界があるという場合でも、なかなかの効果が得られているという。 第1選...

詳細はこちら

治癒力を引き出す がん漢方講座 第7話 漢方治療で免疫力を高める

2006年9月

ふくだ かずのり 銀座東京クリニック院長。昭和28年福岡県生まれ。熊本大学医学部卒業。国立がん研究センター研究所で漢方薬を用いたがん予防の研究に取り組むなどし、西洋医学と東洋医学を統合した医療を目指し、実践。 体にはがんを押さえ込む免疫力が備わっている がん細胞が発生すると、私たちの体は免疫力やいろいろな仕組みを使ってがん細胞を排除しようとします。 「免疫」とは異物に対して攻撃を仕掛けて、排除...

詳細はこちら

がん温熱療法を実施している医療機関

2006年9月

(各施設によってがんの種類、部位、進展度などに難易がありますので、受診時にご相談ください。また、電話による医療相談は行っていませんので、ご理解ください)施設名主な診療科所在地電 話新川駅前内科内科・消化器科・胃腸科・放射線科〒001-0925 北海道札幌市北区新川5条1丁目1-22(011)708-1234新札幌恵愛会病院消化器科・外科・内科・麻酔科〒004-0041 北海道札幌市厚別区大谷地東5...

詳細はこちら

治癒力を引き出す がん漢方講座 第6話 高麗人参の正しい使い方

2006年8月

ふくだ かずのり 銀座東京クリニック院長。昭和28年福岡県生まれ。熊本大学医学部卒業。国立がん研究センター研究所で漢方薬を用いたがん予防の研究に取り組むなどし、西洋医学と東洋医学を統合した医療を目指し、実践。 高麗人参はがんに対する抵抗力を高める 高麗人参は朝鮮人参、薬用人参とも呼ばれ、昔の高麗国(朝鮮半島)に自生していたウコギ科の多年草で、多くの栄養成分を含む根が、古く4~5千年前より不老長寿の...

詳細はこちら

治癒力を引き出す がん漢方講座 第5話 体力と気力を高める補気薬

2006年7月

ふくだ かずのり 銀座東京クリニック院長。昭和28年福岡県生まれ。熊本大学医学部卒業。国立がん研究センター研究所で漢方薬を用いたがん予防の研究に取り組むなどし、西洋医学と東洋医学を統合した医療を目指し、実践。「気」とは体を動かす生命エネルギー生命を維持していくためには、飲食物をとり、酸素を吸ってエネルギーを産生し、不要物は排泄しなければなりません。こうした基本的な流れは西洋医学も漢方医学も大きな差...

詳細はこちら

治癒力を引き出す がん漢方講座 第4話 食欲と消化吸収機能を高める漢方

2006年6月

ふくだ かずのり 銀座東京クリニック院長。昭和28年福岡県生まれ。熊本大学医学部卒業。国立がん研究センター研究所で漢方薬を用いたがん予防の研究に取り組むなどし、西洋医学と東洋医学を統合した医療を目指し、実践。 自然治癒力の源は食物からの栄養素 体をつくるのは食物から得られる栄養素であり、自然治癒力の源も栄養素です。食物の摂取と栄養素の消化吸収が十分でなければ、体の治癒力も抵抗力も十分働くことができ...

詳細はこちら

治癒力を引き出す がん漢方講座 第3話 天然薬の複合効果で効き目を高める漢方

2006年5月

ふくだ かずのり 銀座東京クリニック院長。昭和28年福岡県生まれ。熊本大学医学部卒業。国立がん研究センター研究所で漢方薬を用いたがん予防の研究に取り組むなどし、西洋医学と東洋医学を統合した医療を目指し、実践。 ハトムギ茶やアガリクスは漢方薬ではない ハトムギ茶やドクダミ茶のような健康茶や、アガリクスのような健康食品を漢方薬と思っている人もいますが、これらは漢方薬ではありません。下痢止めにゲンノショ...

詳細はこちら

治癒力を引き出す がん漢方講座 第2話 気・血・水を調和して治癒力を高める漢方

2006年4月

ふくだ かずのり 銀座東京クリニック院長。昭和28年福岡県生まれ。熊本大学医学部卒業。国立がん研究センター研究所で漢方薬を用いたがん予防の研究に取り組むなどし、西洋医学と東洋医学を統合した医療を目指し、実践。 私達にはがんに対する自然治癒力が備わっている 体を構成するすべての組織や臓器は、血液から栄養や酸素を取り入れ、不要なものを排泄し、傷ついた組織を修復し、老化して古くなった細胞を再生することに...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート7月 掲載記事更新!