がん相談

膀胱がん

結核の既往歴あり。BCG注入療法はできるのか

2011年4月

ステージ1の膀胱がんになり、膀胱の温存手術をすることになりました。再発予防のため、抗がん剤かBCGを膀胱に注入する治療が行われるかもしれないということです。BCGを注入するということは、結核菌を膀胱に入れるということだと思います。私は20代で結核になったことがありますが、この治療はできるのでしょうか。また、できる場合も普通の人よりひどい副作用が出ることはありませんか。一般的に、どんな副作用があるの...

詳細はこちら

勃起障害になるかも、という悩みを相談できない

2011年4月

ステージ3の膀胱がんと診断され、膀胱を全摘手術することになりました。がんの告知以上にショックだったのは、勃起障害になるかもしれないと言われたことです。自分にはとても耐えられません。しかし、そんなことを言うのは恥ずかしいし、「がんになったというのに、何を言ってるのか」と言われそうで、主治医にも、家族や周りの誰にも本音を言えません。膀胱を全摘しても、勃起障害にならないようにすることはできませんか。(奈...

詳細はこちら

膀胱がんで自排尿型代用膀胱に。問題点は?

2010年10月

浸潤性の膀胱がんになり、根治的膀胱全摘術という手術を受けることになりました。この手術と同時に、自排尿型代用膀胱(スチューダー法)の手術もしてもらいます。自排尿型代用膀胱は尿管皮膚瘻や回腸導管と違って、ストーマ(排泄口)を付けなくてよく、自分の尿道から排尿できると主治医から聞いています。ただ一方で、腹圧を使って排尿しなければならず、その上、1日何回かは、自分で尿道の先からカテーテルを入れて、尿を排泄...

詳細はこちら

浸潤性の膀胱がん。膀胱を温存する治療法とは?

2010年1月

浸潤性の膀胱がんでT3と診断されました。主治医からは手術(膀胱全摘術)を勧められています。ただ、インターネットで調べたところ、抗がん剤と放射線を組み合わせて、膀胱を温存する治療法もあることを知りました。自分の力で排尿したいという希望もあります。膀胱を温存する治療法とは何か、また、その治療法のメリット、デメリットも教えてください。(神奈川県 男性 49歳)A 原則は膀胱全摘だが、化学放射線療法で膀胱...

詳細はこちら

多発性で表在性の膀胱がん。BCG注入療法は必要か

2009年4月

総合病院の泌尿器科を受診したところ、膀胱がんと診断されました。多発性で表在性の膀胱がんで、内視鏡手術を受けました。このがんは再発率がかなり高いので、これからも定期的に検査を受けるようにと、手術後に言われました。インターネットなどで調べると、内視鏡手術後にBCG(結核に対するワクチン)による注入療法を行うこともあると書かれています。私は受けるように言われていませんが、受けなくても大丈夫なのでしょうか...

詳細はこちら

膀胱全摘術後に行う尿路再建で、再発率の低い方法は?

2009年2月

トイレに立ったら、突然血尿が出ました。コーヒー色で異様な感じでした。痛いとかの自覚症状はありませんでした。気になって、近くの診療所で診てもらったところ、精密検査が必要と言われました。紹介先の病院に入院して、尿道膀胱鏡検査などを受けた結果、筋層に浸潤する腫瘍とのことでした。膀胱全摘術を提案されています。全摘手術のあと、尿路を再建するとのことです。再建法にはいくつかあるようですが、手術後の日常生活に負...

詳細はこちら

BCG療法の治療効果と、再発後の治療法を知りたい

2009年2月

半年ほど前に、膀胱がんで経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-BT)を受けました。表在性膀胱がんとのことで、手術後は再発を防ぐためにBCG療法を受けています。このBCG療法の治療効果はどの程度なのでしょうか。また、BCG療法後に再発した場合、その次の治療はあるのでしょうか。(東京都 男性 62歳)A 表在性がんなら再度、膀胱温存、BCG療法を行う再発を防ぐBCG療法の有効率は、50パーセントほどです。B...

詳細はこちら

腫瘍切除手術をした場合、ED(勃起障害)の可能性は?

2009年2月

表在性膀胱がんの疑いがあるとのことで、内視鏡を用いた切除手術を予定しています。尿道から手術器具を入れて、腫瘍を切除してしまうという手術のようです。お聞きしたいのは、この手術による性機能への影響です。ED(勃起障害)などが起きる可能性はありますか。(愛知県 男性 46歳)A 性機能、EDの心配はない表在性膀胱がんの内視鏡による切除手術の場合、性機能への心配はありません。勃起に関係する神経に触れること...

詳細はこちら

T1a、グレード3の膀胱がん。今後の治療法は?

2007年3月

先月、膀胱がんと診断され、TUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術)を受けました。検査の結果、T1a、グレード3と言われました。今後の治療として、「経過観察」「BCGの膀胱内注入療法」「膀胱全摘手術」の3つを提示され、選択に迷っています。より確実な方法を希望しています。その場合は、膀胱を全摘するのがもっともよいのでしょうか。アドバイスをお願いします。(栃木県 男性 39歳)A がんの数によって、治療の...

詳細はこちら

膀胱がん手術後、回腸導管に穴。良い手立てはないか

2007年3月

1年前、膀胱がんと診断され、膀胱と子宮、卵巣の全摘手術を受けました。回腸導管法により、ストーマ(尿の出口)を造設しました。その後、左右の足の付け根のリンパ節への転移が発覚しました。抗がん剤治療、放射線治療、温熱治療を受けた結果、腫瘍は左右ともに3センチほどの縮小が見られました。しかし、2カ月前に、右のリンパ節にできた腫瘍と回腸導管が癒着し、穴が開いてストーマに汚物が混入してしまいました。現在は食欲...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!