1. ホーム > 
  2. がん相談 > 
  3. 乳がん > 
  4. 乳がん

がん相談

乳がん

ホルモン療法の適応条件は?

2005年12月

しこりの大きさが3センチの2期の乳がんと診断され、右乳房全摘手術を受けました。リンパ節転移はないとのことです。術後のホルモン療法を受けたいと考えていたのですが、主治医からは「ホルモン感受性が弱い」といわれています。私のような場合、ホルモン療法の適応にはならないのでしょうか。(千葉県 女性 61歳)A ホルモン感受性の判定方法をもう1度確認してみる乳がんのホルモン療法は、患者にホルモン受容体があって...

詳細はこちら

放射線治療により皮膚に痛みが。対処法は

2005年8月

右乳房温存手術を受けました。リンパ節転移はありませんでした。現在、放射線による治療を受けていますが、傷口、乳首の周辺が赤黒く変色し、触ってみると硬くてごつごつした感触になっています。乳首が衣服にこすれると、ひりひりしてとても痛みます。この痛みと変色は治療が終わると治るのでしょうか。有効な薬などはありませんか。(神奈川県 女性 35歳)A ローションが有効。炎症は治療後半年ほどで治まる放射線を照射す...

詳細はこちら

温存手術で断端陽性。再手術が必要か

2005年8月

左乳房温存手術を受けました。エストロゲンレセプター(ER)は陰性、プロゲステロンレセプター(PgR)は陽性、リンパ節転移は3個です。病理検査で断端陽性(手術で切除した部分の切り口にがん細胞が残っている)と言われ、追加切除を受けるように勧められました。しかし、私はこれ以上手術を受けることにためらいを感じます。術後は放射線治療を受けることになっていますが、再手術なしで治療を続けるとどの程度再発を起こす...

詳細はこちら

非浸潤性乳管がん。術後にゾラデックスを投与しているが

2005年8月

非浸潤性乳管がんで全摘手術(2.5センチ大)を受けました。病理検査の結果、ホルモンレセプターのうちのエストロゲンレセプター(ER)は陽性、プロゲステロンレセプター(PgR)は陰性、HER-2タンパク(がん遺伝子)は陽性で、リンパ節転移はありませんでした。術後化学療法は必要ないとのことでしたが、予防的にホルモン剤のゾラデックス(一般名ゴセレリン)を使用しています。最近、患者仲間から私と同じ状況でノル...

詳細はこちら

妊娠・出産への抗がん剤の影響は?

2005年5月

数年前に左乳房にがんが見つかり、全摘手術を受けました。腋窩(わきの下)リンパ節に転移があり、主治医からホルモン療法、または抗がん剤治療を勧められています。私は31歳で、これから出産も考えているので、抗がん剤治療はためらっています。どうしたらよいでしょうか。(長野県 女性 31歳)A 年齢にもよるが、閉経する確率は50%程度術後の補助療法にはホルモン療法と抗がん剤による化学療法とがあります。術後の乳...

詳細はこちら

放射線照射による卵巣機能抑制の効果は?

2005年5月

右乳房に4センチ大のがんが見つかり、全摘(リンパ節転移あり)しました。術後に放射線治療とゾラデックス、ノルバデックス(一般名タモキシフェン)の治療を受けていますが、ゾラデックス注射の値段が高く、困っています。このことも含めて、セカンドオピニオンを求めると「あまりお勧めはできないが卵巣に放射線を当てて卵巣機能を断つ方法もある」と教えられました。私は、もう子供を産む気がないので、この治療で同じ効果であ...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート10月 掲載記事更新!