がん相談

乳がん

AC療法の効果がない。今後の抗がん薬治療は?

2016年1月

右胸にしこりがあり、超音波検査では2.5㎝ぐらい。サブタイプはトリプルネガティブで、リンパ節転移もあり、術前化学療法を勧められ、*AC療法を始めました。ところが1度目の治療を終えて検査をした後、主治医から「抗がん薬が効かないようなので、中止して手術をしたほうがよい」と言われました。抗がん薬が初めから効かないこともあるのでしょうか。「術後も抗がん薬治療が必要」と言われましたが、ほかに有効な抗がん薬は...

詳細はこちら

腋窩リンパ節転移あり。抗がん薬治療は必要?

2016年1月

現在31歳で、右乳房全摘術、リンパ節郭清(腋窩リンパ節2個転移あり)を受けました。ER、PgRとも陽性、HER2陰性、グレード2、ステージは2Bよりの2Aと言われました。主治医は術後、ホルモン療法のみでよいと言いますが、リンパ節転移があったので、抗がん薬治療をしたほうがいいのではないでしょうか。また、今後出産を望んでいるので、卵巣機能への影響も教えてください。(31歳 女性 神奈川県)A ルミナル...

詳細はこちら

ハーセプチンを中断。再開したほうがいいのか

2016年1月

乳がんのステージⅡ(II)で、がんの大きさは約2㎝、ER、PgRとも陽性、HER2陽性(CEP17 シグナル比8.1 増幅あり)のトリプルポジティブでした。術後に*EC療法を4クール行いましたが、嘔吐嘔気が激しかったため、2回目からは減量。その後残存乳房に放射線を照射。*タキソテールと*ハーセプチンを3クール終了したところで、心機能の低下(左室駆出率・65 → 57%)と浮腫のため中止。*タモキシ...

詳細はこちら

肝臓の腫瘍が増加。今後の治療方針は

2015年12月

乳がんのホルモン受容体(ER、PgR)陽性タイプで、術前に*フェマーラを内服しました。術後7カ月で肝臓、骨、リンパ節に転移し、*タキソールと*アバスチンの化学療法を受けました。がんはいったん小さくなりましたが、最近の検査で肝臓の腫瘍が増えていることがわかりました。今後どのような抗がん薬を選べばよいのでしょうか。副作用についても教えてください。(56歳 女性 東京都)A アドリアシンなど 順次抗がん...

詳細はこちら

ホルモン療法が効かなくなった。次に何を使ったらよいか

2015年12月

2009年に乳がんの手術をし、そのときにリンパ節転移はありませんでした。2012年に骨転移が数カ所見つかり、*ランマークの治療を開始しました。ホルモン薬が効かなくなり、現在使っている*ヒスロンHが最後のホルモン薬です。ヒスロンHが効かなくなった場合、どのような薬を使うことになるのでしょうか。(58歳 女性 東京都)A 抗がん薬はたくさんある。順次効くものを使っていく板橋中央総合病院外科医師の上野貴...

詳細はこちら

肺転移が1カ所だけなら 手術で切除できるか

2015年12月

47歳の乳がん患者です。2年前乳がんの手術を受け、現在ホルモン療法中です。HER2陰性、ルミナルBタイプ、術前にTC療法(*タキソテール+*エンドキサン)を受け、3㎝だったがんは1㎝になりました。リンパ節転移は2/10でした。しかし、先日の検診で肺に小さな腫瘍らしきものがあると言われ、来月再検査を受けることになりました。もし肺転移であれば、どうような治療法になるのでしょうか。乳がんは他の臓器に転移...

詳細はこちら

Ki-67の数値が高い。ホルモン療法でよいか

2015年11月

右乳房のがんを乳房温存術で切除しました。がんの大きさは1.5㎝、リンパ節転移なし、エストロゲン受容体(ER)80%、プロゲステロン受容体(PgR)80%で、Ki-67は40~50%でした。主治医から、ホルモン療法がよく効くタイプなので、術後の治療では抗がん薬の上乗せはせず、*リュープリンと*タモキシフェンの補助療法を行うと言われたのですが、Ki-67の値が高いことが気がかりです。ホルモン療法だけで...

詳細はこちら

断端陽性だった場合、再手術は必要か

2015年11月

今年(2015年)の8月に乳房温存術を受けました。がんの大きさは1.4㎝、リンパ節転移なし、ER100%、PgR100%、HER2陰性、断端陽性で乳管内進展で3カ所あり、すべて非浸潤がんで断端から5㎜以内の場所にあるとのこと。主治医は術後の補助療法として、再手術は行わず、ホルモン療法と放射線の追加照射を行うとのことです。再手術をしなくても、再発を防げるのでしょうか。(55歳 女性 千葉県)A 断端...

詳細はこちら

炎症性乳がんと診断。悪性度と治療法が心配

2015年11月

左胸の周りにチクチクした痛みを感じ、鏡を見ると乳房がうっすらと赤くなっていました。乳腺専門病院を受診し、組織検査の結果、炎症性乳がんと診断されました。炎症性乳がんはほかの乳がんのタイプよりも悪性度が高いと聞きましたが、どのような治療法になるのでしょうか。(67歳 女性 東京都)A 手術が可能なら全摘術に。再発予防の治療も必須板橋中央総合病院外科医師の上野貴史さん炎症性乳がんは乳がん全体の1%ほどで...

詳細はこちら

手術の傷口が炎症して、放射線治療が始められなくて不安

2015年9月

左胸に1.5㎝の乳がんが見つかり、2カ月前に乳房温存手術を受けました。術後、放射線治療を行い、その後ホルモン療法を行う予定でしたが、手術による傷口が炎症を起こし、腫れあがってしまい、未だに放射線治療を始められていません。放射線治療をすぐに行わなくて大丈夫でしょうか。(71歳 女性 北海道)A 手術後5カ月を超えなければいい。ホルモン療法を先行して行うことを勧める苑田会放射線クリニック副院長の関口建...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!