がん相談

乳がん

ティッシュエキスパンダーを入れてから放射線治療は可能?

2015年3月

乳がんが判明し、右乳房の全摘術を受ける予定ですが、インプラント(人工物)を使って再建したいと考えています。知り合いの乳がん体験者から、「術後放射線治療を受ける可能性があるのなら、その前にティッシュエキスパンダー(組織拡張器)を入れたほうがいいのではないか」と言われました。ティッシュエキスパンダーを入れた後、放射線治療はできますか。また、放射線治療を受けた後、乳房を再建するのは難しいのでしょうか(3...

詳細はこちら

妊娠・出産に影響のない乳房再建方法は

2015年3月

現在31歳で、将来妊娠・出産を考えています。左乳房の乳がん手術をすることになり、乳房温存術を希望したのですが、私の場合、温存術なら術前化学療法をしたほうがよいとのこと。ただし化学療法を行うと無排卵になるリスクがあると言われました。全摘術であれば、術後の病理検査の結果次第で、抗がん薬治療をしなくても済みます。その場合、乳房再建したいのですが、妊娠・出産に影響なく再建できる方法はありますか。(31歳 ...

詳細はこちら

2年前まで喫煙していた場合、乳房再建は受けられない?

2015年3月

乳房全摘術を予定していますが、乳房再建をしたいと考えています。ところがインターネットで「喫煙者の乳房再建は受けられない」という記事を読み、私は2年前まで喫煙していたので心配になりました。現在は禁煙していても、再建は無理なのでしょうか。また化学療法を受ける場合、再建手術への影響はありますか。(53歳 女性 神奈川県)A 喫煙の本数が多ければ ハイリスクの可能性があるブレストサージャリークリニック院長...

詳細はこちら

手術から7年後の骨転移。治療法と余命は?

2014年12月

7年前、乳房温存手術を受けました。がんの大きさは2.2cm、ホルモン受容体陽性、HER2陰性、リンパ節転移が1個あったため、右脇のリンパ節(腋窩リンパ節)を郭清しました。退院後は*リュープリンの皮下注射を2年間、*ノルバデックスを5年間服用しました。手術時は閉経前でしたが、その後閉経しました。今年(2014年)になって腰痛がひどくなり、検査の結果骨転移が判明。頭蓋骨、胸骨、頸椎など無数に転移してい...

詳細はこちら

悪性葉状腫瘍と診断。再発した場合の治療法は?

2014年12月

今年の春、左乳房温存手術とセンチネルリンパ節生検を受けました。がんの大きさは2.5cmぐらいで、術後の病理検査の結果は悪性葉状腫瘍でした。主治医からは局所再発や肺などへ転移することが多いと言われましたが、補助療法は行っていません。再発した場合の治療法を教えてください。(45歳 女性 静岡県)A 肺転移の場合、化学療法のほか、手術という意見も板橋中央総合病院外科医師の上野貴史さん乳がんは乳腺の腺管上...

詳細はこちら

非浸潤性乳管がん。ノルバデックスの服用をやめてもいい?

2014年12月

非浸潤性乳管がんで、がんの大きさは1.5cm、乳房温存手術、放射線治療を受けました。しかし、このタイプはがんが広がっているわけではないので、もしかしたら放射線は過剰治療ではなかったかと思っています。また、術後*ノルバデックスを飲み始めたのですが、ほてりや倦怠感があり、気分もふさぎがちです。服用を止めることはできますか。(50歳 女性 東京都)A 副作用がつらい場合は服用しなくても問題ない板橋中央総...

詳細はこちら

手術後のしびれがつらい。対処方法はないか

2014年11月

2007年12月に左乳房温存手術を受けました。がんの大きさは2㎝弱で、リンパ節に2個転移があり、放射線、抗がん薬治療(FEC療法 6回、その後タキソテール 2回)を受けました。がんのタイプはルミナルAで、ホルモン薬を服用していましたが、胸の痛みがあり、2年9カ月で止めました。現在、手足のしびれに悩まされています。病院から処方された、*リリカ、*ノリトレン、*メチコバールを半年ほど使用しましたが、効...

詳細はこちら

再発の可能性を抑えたい。抗がん薬治療をしたほうがいいか

2014年11月

46歳、閉経前です。9月に右乳房摘出手術を行いました。病理検査の結果、「がんの大きさ1.8㎝、リンパ節転移なし、ホルモン受容体陽性、HER2陰性、脈管侵襲あり(中等度)、Ki-67値15%」と言われました。主治医からは、ホルモン療法だけでもいいし、抗がん薬治療はやってもやらなくてもいいと言われました。抗がん薬を行う場合は、*FEC療法か*TC療法と言われています。抗がん薬治療は必要でしょうか?でき...

詳細はこちら

非浸潤性小葉がんは経過観察でいい?

2014年6月

妻(52歳)が、エコー検査やマンモグラフィなどの検査で、胸にあやしい影が見つかり、針生検の結果、非浸潤性小葉がん(LCIS)と診断されました。主治医からは経過観察を勧められています。治療をせずに経過観察をするのは心配だと妻は言っています。医師の指示通り経過観察をしていいのでしょうか。(56歳 男性 長崎県)A 経過観察をしながら、将来の乳がん発症に注意を!板橋中央総合病院外科医師の上野貴史さん非浸...

詳細はこちら

ルミナルAでリンパ節転移あり。抗がん薬治療も必要?

2014年6月

3月に温存手術を受けました。がんの大きさは3.5㎝ほど、サブタイプはルミナルAでした。手術中のセンチネルリンパ節生検で陽性が出たため、左脇のリンパ節を郭清しました。現在病理検査の結果を待っているのですが、もしリンパ節に転移が多かった場合は、抗がん薬治療となるのでしょうか。(54歳 女性 和歌山県)A リンパ節転移が3個以下なら 抗がん薬の省略も可能板橋中央総合病院外科医師の上野貴史さんルミナルAと...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート5月 掲載記事更新!