がん相談

小児がん

神経芽腫の治療中。イリノテカンは使えるか

2013年2月

3歳の娘が神経芽腫の治療をしています。シスプラチン*を含む4剤併用の化学療法を3コース行いましたが、腫瘍の縮小が十分でないため、手術ができないと言われました。ネットで調べていて、イリノテカン*という薬が「小児悪性固形腫瘍」に使えるようになりそうと知りました。どのような薬なのでしょうか。娘にも使えるのかどうかなど、知りたいです。(神奈川県 女性 40歳)A セカンドラインまでの治療を検討してから神経...

詳細はこちら

脳腫瘍が再発。ペプチドワクチンの効果は?

2013年2月

15歳の息子の脳腫瘍が再発し、薬物治療はあまり効果が出なくなっています。最近、マスコミなどで、ペプチドワクチンによる免疫療法のことが言われていますが、小児の治療に有望な免疫療法というのはないのでしょうか。臨床試験などでも参加できそうなものがあれば試したいと思います。(神奈川県 男性 45歳)A ワクチンよりまずは薬物療法をがんのワクチン療法というと、これまではいわゆるどの細胞の免疫力も高めるという...

詳細はこちら

術後の補助療法で、放射線以外の治療法は?

2012年6月

3歳の息子です。腎臓のウィルムス腫瘍(腎芽腫)で、手術を受けました。術後の補助療法については、化学療法に加えて放射線治療を勧められています。子どもの将来のことを考えると、放射線治療の後遺症が心配です。(石川県 男性 35歳)A 放射線量を減らし、抗がん剤を増やす治療法もあるウィルムス腫瘍の治療では、手術でがんを取り除いた後に化学療法を行います。なかでも、がんを完全に取り除くことができなかった場合は...

詳細はこちら

脳腫瘍で手術。子どもにどう説明するか?

2012年6月

9歳の息子が大脳にグリオーマ(神経膠腫)の腫瘍があると診断されました。手術が必要と言われています。子どもにはどう説得したらいいでしょうか。(大阪府 女性 38歳)A 手術によって起こる結果を具体的に話す「手術が成功したら病気が治る」など、手術をすると結果としてどのようなことが起こるかを具体的にわかりやすく説明することが大切です。もし現時点で、例えば、麻痺が生じて手足が動きにくいなど腫瘍による症状が...

詳細はこちら

肉腫が再発。臨床試験のメリット・デメリットは?

2012年6月

10歳で横紋筋肉腫の治療を受けて1年が経ったところで、再発しました。できるだけ効果の高い治療を受けさせたいと思っています。ネットで調べたところ、ハイカムチン*という薬剤の臨床試験があると知りました。臨床試験での治療について、メリット・デメリットについて教えてください。(東京都 女性 42歳)A 条件に合うかや、効果と負担について主治医に相談をハイカムチンは日本では保険適応がないため、通常の診療では...

詳細はこちら

T細胞急性リンパ性白血病。すぐに新薬に切り替えられないか

2011年6月

12歳の娘がT細胞急性リンパ性白血病と診断され、3週間前から化学療法による治療を行っています。あまり治療の効果が出ていないようで、主治医からアラノンジー*という薬を使うことになるかもしれないと説明されました。インターネットで調べると、とても期待のできる薬のようですが、そうであればすぐにアラノンジーに切り替えられないのでしょうか。また、「神経毒性」という副作用が起こる可能性があるそうですが、どのくら...

詳細はこちら

小児がん患者の姉に対するケアのアドバイスを

2011年6月

4歳の息子が悪性リンパ腫になり、治療中です。私はほとんど泊まり込みで息子に付き添っています。ご相談したいのは、9歳になる娘のことです。息子の病気について、どのように説明すればよいのか、よくわかりません。また、会社員の夫はできる限り早く帰宅するようにしていますが、娘は私がほとんど弟につきっきりになっていることの寂しさと、弟に対する心配などいろいろな感情が入り混じり、だんだん気持ちが不安定になっている...

詳細はこちら

急性リンパ性白血病で、骨髄移植か臍帯血移植を考えているが

2009年3月

7歳の1人息子のことでご相談します。急性リンパ性白血病と診断され、抗がん剤治療を受けていましたが、なかなか寛解に至りませんでした。今後、抗がん剤を代えて、第1寛解期に入った時点で移植を行うと言われています。1人息子のため、兄弟ドナー(提供者)はいません。骨髄バンクと臍帯血バンクに登録して、適応するドナーを探していますが、生着不全などの心配もあります。いずれかのドナーが見つかった場合、移植を受けてよ...

詳細はこちら

中2の娘に白血病であることを伝えるべきか

2009年3月

中学2年の娘(14歳)が急性リンパ性白血病と診断されました。入院して抗がん剤治療を行う必要があると主治医に言われましたが、娘には「体調が悪い状態が続いているから、入院してきちんと検査をしてもらう」とだけ話しました。しかし主治医には、これから抗がん剤治療が始まるのだから、病気のことをきちんと伝えたほうがいいと言われています。娘に病名などを伝えるべきでしょうか。(長野県 女性 44歳)A 正直に話して...

詳細はこちら

神経芽腫の家族がいると、発症リスクが高いか

2009年3月

現在6歳の長女は生後2カ月のとき、神経芽腫(神経芽細胞腫)と診断されました。右副腎の神経芽腫瘍で、肝臓にも転移していましたが、手術や化学療法などで治癒し、今は元気に過ごしています。相談したいことは、現在5カ月の次女についてです。今のところは気になるような症状はないのですが、姉が神経芽腫になったことで、妹もなる可能性が高いということはあるのでしょうか。自治体では今は行われていないスクリーニング検査を...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!