各種がん

頭頸部がん

味覚も言葉も損ねない舌がんの小線源治療 知ってほしい!手術よりもはるかにQOLが高いことを

2003年12月

舌がんの小線源治療で最も症例数の多い、東京医科歯科大学教授の渋谷均さん がんの治療では、命が助かるのだからと、思い切った治療が施されることも多い。しかし、術後に後遺症が残ったり、抗がん剤の副作用に苦しんだり、場合によっては合併症が原因で命を落とすこともある。 がんが治る時代に入った今、医療の視点は、より快適な治療後の生活に向けられ始めている。 体にやさしい、負担の少ない医療の最新情報を...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!