各種がん

頭頸部がん

特別企画『世界頭頸部がんの日』予防と早期発見を目指して、正しい知識を世界規模で普及

2015年8月

告知ポスター7月27日は「世界頭頸部がんの日」。世界頭頸部癌学会(IFHNOS)が、昨年(2014年)7月に米ニューヨークで開催した第5回IFHNOS会議において、頭頸部がんの予防と早期発見を目指して正しい知識を世界規模で普及させることを目的として、毎年7月27日を「世界頭頸部がんの日」とすることを宣言し、定められた。がんサポートでは「世界頭頸部がんの日」を機に、日本頭頸部癌学会(理事長:林 隆一...

詳細はこちら

頭頸部がん治療後の嚥下障害や構音障害などもリカバーできる がん治療後も、リハビリを受けることで生活の質を高める

2010年9月

静岡がんセンター リハビリテーション科部長の 田沼明さん 脳卒中などの病気では、リハビリテーションが治療の一環として行われているが、がんの治療後にもリハビリが求められることは多い。 とくに、頭頸部がんは治療による機能障害が大きい部位。 先進的にリハビリに取り組んできた静岡がんセンターリハビリテーション科部長の田沼明さんによると、手術を受ける「患者の6~7割にリハビリが必要」という。 ...

詳細はこちら

刮目!舌や顎を失わずに、がんは治療できる 切る前に再考を!進行口腔がんの超選択的動注化学放射線療法

2009年8月

横浜市立大学 顎顔面口腔機能制御学教授の 藤内祝さん 手術による機能の損傷や容貌の変化が大きく、患者にとって辛いがんの1つである口腔がん。 今、その口腔がんに対して、切らずに治す方法を積極的に取り入れているのが、横浜市立大学顎顔面口腔機能制御学教授の藤内祝さんです。 藤内さんらが行っているのは、がんの病巣に抗がん剤を集中させ、放射線治療を併用する、超選択的動注化学放射線療法。 一体どういった治...

詳細はこちら

音声と嚥下を残す下咽頭がんのマイクロサージャリー再建手術

2009年7月

癌研有明病院頭頸科部長の 川端一嘉さん 下咽頭がんの手術といえば、これまで、がんを取り除く代わりに、音声と嚥下の機能喪失というのが相場だった。しかし、癌研有明病院頭頸科では、マイクロサージャリーという武器を駆使することによりこの難題を克服することに成功。すでに2000件以上の手術を行い、成功率は97パーセントという。 2人の医師が手術台を挟んで向かい合い、それぞれの接眼レンズをのぞいて...

詳細はこちら

放射線治療で舌を温存し、治療後も味覚を損ねない生活を QOLを考えた選択肢、舌がんの小線源治療

2009年2月

東京医科歯科大学医学部 腫瘍放射線学科教授の 渋谷 均さん 放射線治療は、臓器が温存されて機能の損傷が少ないのが最大の利点です。この特徴を生かして、東京医科歯科大学放射線科では、古くから舌がんを始めとする口腔のがんに小線源治療を中心に放射線治療を行ってきました。同科教授の渋谷均さんによると、1期、2期の舌がんは、ほとんど手術と治療成績も変わらないといいます。しかし、患者からのニーズが高まる一方で...

詳細はこちら

難しい食道発声はもういらない。訓練なしで、自然に声が出せる 失われた声を回復する簡単「気管食道シャント法」

2008年3月

癌研有明病院頭頸科医師の 福島啓文さん 喉頭がんなどで声帯を失った場合、声の回復には食道発声などが勧められます。しかし、努力を重ねても習得できる人は限られています。これに対して、欧米ではプロヴォックスなど気管と食道をつないで肺の空気を声に変える「気管食道シャント法」が中心。訓練も不要で、より自然に近い発声ができます。最近日本でもようやく注目されてきました。 喉頭や下咽頭がんで声を喪失 [のど...

詳細はこちら

容貌を損なわず食事や会話の機能も温存する新しい治療 頭頸部がんの超選択的動注化学・放射線併用療法

2005年12月

日本大学付属板橋病院 耳鼻咽喉科教授の 木田亮紀さん 首から上の顔などにできたがんは、手術をすると容貌が損なわれたり、食事や会話ができなくなったりして、患者は大きな苦悩を背負わされることになる。 そこで、こうした大きな後遺症をなくし、治療後も快適に過ごすことができる治療法が生まれてきた。 「超選択的動注化学・放射線併用療法」と呼ばれる、抗がん剤と放射線の新しい併用療法だ。 がんを支配...

詳細はこちら

進行別 がん標準治療 流れは手術から、機能や形状を温存する化学放射線治療へ

2005年9月

頭頸部がんの腫瘍専門医師の田原信さん 鼻、口、あご、のど、耳などをまとめて頭頸部といい、ここにできるがんを頭頸部がんと総称します。昔は手術が主流でした。 しかし、手術をすると顔に傷ができたりひん曲がったりえぐれたり、食べられなくなったり喋れなくなったりします。そこで最近では、そうした形状や機能を温存する化学放射線治療が普及してきています。命が助かるのはもとより、治療後の生活の質も重要ですから当然...

詳細はこちら

本来の機能・形態を回復する頭頸部がんの再建手術 術後の形態や機能障害を改善し、生活の質を向上する必要不可欠な治療

2004年11月

埼玉医科大学形成外科教授の 中塚貴志さん 頭頸部には、味覚・視覚・聴覚・燕下・咀嚼・発声など、人が生きる上で非常に重要な機能が集約されており、この部位への障害は直接QOLの低下につながる。 また、頭頸部は個人の識別となる顔面形態・表情を形成しており、美的観点からしても障害がQOLの低下につながる。 そのため、この部位に生じた悪性腫瘍の切除後の再建は、患者にとって必要不可欠であり、形成外...

詳細はこちら

声を残す喉頭亜全摘手術 声が残せて入浴も自由、QOLを保つ画期的な治療法

2004年6月

北里大学医学部耳鼻咽喉科講師の 中山明仁さん 60歳以上に発症のピークがある喉頭がん。 比較的治りやすいがんだが、症状が進んだものや再発の場合、現在の標準治療である喉頭全摘術と呼ばれる手術が必要になる。 しかし、手術をすれば声を失うばかりでなく、入浴などの制限も一生つきまとうことになる。 こうした障害を取り除こうと考案されたのが喉頭亜全摘術と呼ばれる手術である。 この手術では声...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート12月 掲載記事更新!