がん相談

悪性リンパ腫

非ホジキンリンパ腫。他施設で診断したところ、診断名が変わった

2007年12月

2006年1月に、近くの病院で検査を受けた結果、非ホジキンリンパ腫の濾胞性B細胞性リンパ腫と診断されました。化学療法を続けましたが、完全寛解は得られませんでした。化学療法を終えて半年後、他の病院で再度検査をしたところ、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫と診断されました。最初の病院の診断は間違っていたのでしょうか。また、どんな治療が適切なのでしょうか。(大分県 男性 52歳)A 途中で形質転換は珍しく...

詳細はこちら

ミニ移植を受けたい。55歳でも大丈夫?

2007年5月

首にグリグリが見つかり、診察を受けると、悪性リンパ腫にかかっていることがわかりました。以来、抗がん剤治療と放射線治療を受けてきました。いったんは病状がよくなったのですが、再発が起こってしまい、治癒には至りませんでした。ミニ移植という治療法があると知り、ぜひ私も受けたいと思っています。この治療法は、体への負担がかなり軽いそうですが、55歳の私でも受けることができるのでしょうか。また、ミニ移植は、従来...

詳細はこちら

腫瘍が残っている。様子を見ていて大丈夫?

2007年5月

低悪性度の非ホジキンリンパ腫(MALTリンパ腫)で、3A期と診断されています。抗がん剤治療(CHOP療法とリツキサンの併用)を受けて、腫瘍は小さくなりましたが、完全に消失させることはできませんでした。主治医からは、このまま治療はせずに様子を見る選択肢もあると言われました。抗がん剤治療も放射線治療もしないのは、体への負担を考えれば最も楽かもしれません。しかし、なんだか不安です。本当にこのまま様子を見...

詳細はこちら

中悪性度の2期。リツキサンは使えるか?

2007年5月

首のリンパ節にできた小さなしこりに気づいて受診したところ、悪性リンパ腫であることがわかりました。検査の結果、中悪性度のびまん性リンパ腫というタイプであることがわかりました。主治医からは2期と診断され、抗がん剤による治療を受けることを勧められています。悪性リンパ腫にはリツキサン(一般名リツキシマブ)という薬がよく効くそうですが、この薬が使えないケースもあると聞きました。私の病気には使えるのでしょうか...

詳細はこちら

耳の後ろが腫れて、高熱が出た。悪性リンパ腫が心配

2005年6月

半年ほど前、左の耳の後ろから首のあたりが腫れ、高熱が出て、腫れた部分が痛くなりました。これらはしばらくして治まったのですが、しこりは今も残っています。耳鼻科の医院で診てもらったところ、大きな病院で検査を受けることを勧められました。本やインターネットなどでも調べてみたら、悪性リンパ腫ではないかと心配になりました。悪性リンパ腫の検査は、首に針を刺すとも書いてあり、病院に行くのを躊躇しています。アドバイ...

詳細はこちら

濾胞性の非ホジキンリンパ腫。再発後の治療は?

2005年6月

非ホジキンリンパ腫(濾胞性B細胞型)の4期で、R-CHOP療法を受け、1度は寛解になったのですが、それから3カ月経って再発してしまいました。今後、治療を再開する予定ですが、造血幹細胞移植やリツキサン(一般名リツキシマブ)の投与など、選択肢が多く、悩んでいます。再発後の治療には、それぞれどのような効果があるのか教えてください。(東京都 女性 44歳)A 再発の病期や部位によって治療法は異なる。形質転...

詳細はこちら

放射線治療の副作用がきつい。良い対策はないか?

2005年6月

60歳になる父のことで相談します。ホジキンリンパ腫(ホジキン病)の2期と診断されました。ABVD療法*を受け、さらに首の周辺と縦隔に合計40グレイの放射線照射を受けました。治療後まもなくしてから、放射線の副作用でツバと声が出にくくなるなどの症状が出ています。また、口の中やのど、胸のあたりがかなり痛むようで、食事をするのが困難な状態です。現在は食道の粘膜を保護する薬を使っていますが、ほかに副作用を軽...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート11月 掲載記事更新!