がん相談

悪性リンパ腫

1A期のホジキンリンパ腫。放射線治療だけで治らないか

2010年6月

ホジキンリンパ腫(ホジキン病)の1A期と診断されました。治る可能性はかなり高いと主治医に言われ、少し安心しています。今後、ABVD療法*4コースと放射線の領域照射を受ける予定です。しかし、早期のホジキンリンパ腫の場合、放射線治療だけでも大きな効果が期待でき、治ることもあると、患者仲間から聞きました。私は今、25歳の独身で、派遣社員として事務の仕事をしています。仕事や自分の立場のことを考えると、会社...

詳細はこちら

鼻NK/T細胞リンパ腫の治療法は?

2009年6月

鼻NK/T細胞リンパ腫と診断されました。ステージ(病期)は1期です。主治医からは、DeVIC療法と放射線治療を行うと言われています。鼻NK/T細胞リンパ腫について調べても、情報はあまりなく、この治療でよいのか、ほかにどんな治療法があるのかわからず、不安です。とくに放射線治療では、通常のリンパ腫より強い放射線を脳や目などの近い部分に当てると聞きました。どんな副作用があるのか、とても心配です。(石川県...

詳細はこちら

フルダラ錠やゼヴァリンによる治療を受けたい

2009年6月

濾胞性B細胞非ホジキンリンパ腫でR-CHOP療法*を受け、寛解しましたが、10カ月で再発してしまいました。難治性の場合、フルダラ錠(一般名リン酸フルダラビン)やゼヴァリン(一般名イブリツモマブチウキセタン)という薬が承認されているようですが、できることなら、いずれかの治療を受けたいと思います。ただ、適応があって、だれでも受けられる薬ではないと聞きました。どのような条件を満たせば受けられるのでしょう...

詳細はこちら

ゼヴァリンについて知りたい

2008年4月

63歳の父が悪性リンパ腫と診断されました。B細胞性非ホジキンリンパ腫の濾胞性リンパ腫3期とのことです。発熱などの症状も出ています。リツキサン(一般名リツキシマブ)という薬を加えた化学療法を受ける予定です。インターネットなどで調べてみたところ、悪性リンパ腫にはゼヴァリン(一般名イブリツモマブ)という新薬が発売されることを知りました。父の治療にも使えるのでしょうか。また、どの程度の治療効果があって、ど...

詳細はこちら

末梢血幹細胞移植を併用した化学療法のリスクは?

2008年4月

2年ほど前に、B細胞性非ホジキンリンパ腫のびまん性リンパ腫と診断されました。病期は2期とのことで、リツキサンを加えたR-CHOP療法という化学療法を受けました。この化学療法は、よく効きました。しかし、最近、再発の可能性があると言われました。末梢血幹細胞移植を併用した化学療法を受ける必要があるようです。移植医療は向上しているようですが、いろいろなリスクも伴うとのことです。リスクの1つとして、2次発が...

詳細はこちら

ホジキンリンパ腫の4期。再発した場合の治療は?

2008年4月

5年前、腹部と脇腹、背中に痛みを感じて、病院で検査を受けました。ホジキンリンパ腫の4期と診断されて、抗がん剤治療を9カ月ほど受けました。放射線治療は受けていません。 現在は、身体に負担のかからない仕事をしながら、家族に支えてもらって、何とか生活を維持しています。再発した場合、どんな治療が有効なのでしょうか。(大分県 男性 54歳)A 救援療法後、自家造血幹細胞移植+大量化学療法を行うホジキンリンパ...

詳細はこちら

非ホジキンリンパ腫の治療法と副作用対策は?

2007年12月

71歳の父のことでご相談です。非ホジキンリンパ腫のびまん性大細胞型リンパ腫とのことです。リンパ腫とはどのような病気なのでしょうか。また、よい化学療法があると聞いています。ただ、父は糖尿病と軽い肺気腫を患っているため、化学療法による副作用が気になります。ベストな治療法と副作用対策を教えてください。(秋田県 女性 43歳)A びまん性大細胞型B細胞リンパ腫ならR-CHOP療法悪性リンパ腫は、白血球の1...

詳細はこちら

濾胞性リンパ腫の再発の治療法は?

2007年12月

3年ほど前、病院に入院して組織を調べる検査を受けて、非ホジキンリンパ腫とわかりました。濾胞性リンパ腫とのことで、複数の抗がん剤を併用する治療法を受けました。この化学療法でいったんはよくなりました。しかし、治療後2年ほどで再発しました。再発治療は、どんな治療が効果的なのでしょうか。(福井県 男性 55歳)A 救援化学療法にリツキサンを加えた治療が一般的濾胞性リンパ腫は、年単位でゆっくりと進行する低悪...

詳細はこちら

非ホジキンリンパ腫。他施設で診断したところ、診断名が変わった

2007年12月

2006年1月に、近くの病院で検査を受けた結果、非ホジキンリンパ腫の濾胞性B細胞性リンパ腫と診断されました。化学療法を続けましたが、完全寛解は得られませんでした。化学療法を終えて半年後、他の病院で再度検査をしたところ、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫と診断されました。最初の病院の診断は間違っていたのでしょうか。また、どんな治療が適切なのでしょうか。(大分県 男性 52歳)A 途中で形質転換は珍しく...

詳細はこちら

ミニ移植を受けたい。55歳でも大丈夫?

2007年5月

首にグリグリが見つかり、診察を受けると、悪性リンパ腫にかかっていることがわかりました。以来、抗がん剤治療と放射線治療を受けてきました。いったんは病状がよくなったのですが、再発が起こってしまい、治癒には至りませんでした。ミニ移植という治療法があると知り、ぜひ私も受けたいと思っています。この治療法は、体への負担がかなり軽いそうですが、55歳の私でも受けることができるのでしょうか。また、ミニ移植は、従来...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート4月 掲載記事更新!