各種がん

再発・転移がん

がん伝聞・風説を検証する 転移がんは、「局所治療をするとがんが怒って急増する」は本当か

2006年11月

一定の条件が揃えばという説からチンピラ・極悪人細胞説まで「再発・転移がんは、手術や放射線治療をすると、かえってがんが急激に増大する」と医療界ではまことしやかに言われている。もし本当だとすれば、それは避けなければならない。編集部にも、患者さんから「そんな説明を受けた」とする相談が寄せられている。果たしてそんなことが実際にあるのだろうか?重要なポイントは患者の健康状態東京医科大学第1外科講師の坪井正博...

詳細はこちら

ゆっくり時間をかけた治療で延命を図る 論理的に組み立てられた隔日FP・タキソール療法

2005年7月

札幌月寒病院院長の山光進さん再発・進行がん患者の治療で良好な成績を上げている札幌月寒病院。病院長の山光進さんは、長年抗がん剤治療に携わり“効果は大きく副作用の少ない”治療法を模索してきた。そしてたどり着いたのが隔日FP療法と呼ばれる治療法だ。この療法は、2つの抗がん剤の相乗効果をねらったものだ。さらに山光さんらは02年より、より高い効果を求めて隔日FP・ウイークリータキソール療法を開始した。札幌ド...

詳細はこちら

「より多く」から「より適量」へ発想の転換をして、延命をはかった療法の最新成果 がん休眠療法10年の軌跡

2005年3月

金沢大学医学部付属病院腫瘍外科助教授高橋豊さんたかはし ゆたか 1955年生まれ。金沢大学医学部卒。85年に金沢大学がん研究所外科助手、87年に国立がん研究センター研修医(肺がん)となる。90年に金沢大学がん研究所外科講師、93年に同、助教授となる。94年にテキサス大学M.D.アンダーソンがんセンターにて転移の研究を行う。96年にがん休眠療法を提唱、02年にテキサス大学M.D.アンダーソンがん研究...

詳細はこちら

癌研病院院長・武藤徹一郎さんが言明する 日本の再発がん医療への提言

2004年11月

癌研究会付属病院院長武藤徹一郎さんむとう てついちろう1938年生まれ。東京大学医学部卒業。70年よりWHO奨学生として2年間ロンドンのセント・マークス病院に留学。帰国後、東京大学医学部第1外科教授、東京大学医学部付属病院院長などを経て、現在癌研究会付属病院院長。著書に『大腸がん』(ちくま新書)など多数「医者からもう打つ手がなくなったと言われ、見捨てられた」最近このような声をよく耳にします。医師や...

詳細はこちら

  • 会員ログイン
  • 新規会員登録

全記事サーチ   

キーワード
記事カテゴリー
  

注目の記事一覧

がんサポート4月 掲載記事更新!